小さな果実の初生り「はるみ」と、1個だけの「デコポン」


           2012.10.24、お~寒むっ!、今朝6時の最低気温7.7℃



小さな果実の初生り「はるみ」と、1個だけの「デコポン

d0122497_1543192.jpg
d0122497_15433482.jpg
4年目にしてやっと初生り「はるみオレンジ」、当初10果生らせていたが、多過ぎると2果減らし8果に。それでもこの頼りない木では、多過ぎますね。
今更再摘果も遅過ぎる?、初生りにしても小さ過ぎる果実、5㎝前後、これでは「ポンカン」より小さい。育てるのが簡単でない柑橘種のようだ。

「デコポン」も、今冬の寒波直撃で半枯れから蘇り・・、しかし、その影響?、花は、そこそこ咲いたが、着果したのは、たった1個。
「はるみ」も「デコポン」も、地植え場所を間違えたか?、それとももう数年、木が育ったら?、共に寒さに大変弱い柑橘種、まともな果実は当分無理?

ポンカン」と、「伊予柑」は、元気旺盛、これも生らせ過ぎ?

d0122497_1665617.jpg
d0122497_167944.jpg
「はるみ」の片親の「ポンカン」、昨年沢山生らせ、今年は駄目?、と思っていたが、今年も昨年同様、沢山の実を付けた。育て易い品種なのだろう。
今年は、果実も比較的揃って、昨年より大きな果実が多い。「はるみ」は、もっと美味いだろうが、「ポンカン」も捨て難い味、私には大好物の柑橘。

「伊予柑」、昨年は1果も生らず、今年は豊作、30数個。この小木で、これだけ生らせると、隔年結果が確実に出るのかも知れない。
後ろの「温州みかん」は、総て豊作、採り頃を探り中、早生種でも11月早々?。「伊予柑」は、追熟も必要だし、食べるのも難点があり、
できれば、樹種変更したいが・・、接木下手な私には、それも容易なことではない。

ネーブル」に接いだ「せとか」1本、少~し育ってきた

d0122497_16335545.jpg
「ネーブル」は、当初数果着果したが、総て落果、原因不明。今冬、接木する為に、無造作に剪定したことが影響?、このネーブルは植えて10数年。
今春、1本だけ接木が成功した「せとか」、当初なかなか芽が育たなかったが、晩夏以降、ムクムクと、しかし、果実が付くには数年掛かりそう。

ついでに、この夏、HCのディスカウント苗2種、「麗紅」と「レモン」、これは鉢植え

d0122497_16502471.jpg
「麗紅」は、苗購入以来そう育ちもせず、相変わらず虚弱な感じ。その点、「レモン」は、新芽、新梢に勢いがあり、来年初生りするかも?
2種とも、寒さに弱いと思うので、簡単に移動できる鉢植えにしたが、45ℓ鉢、それがそう軽々と移動できない、要注意、ギックリ腰、年ですなぁ~。
[PR]
# by gardenshimada | 2012-10-24 16:58 |  その他 柑橘類

今年の「実生枇杷10年生」と、「田中枇杷3年生」、多数の花芽は付いたが・・

  
    2012.11.9、大粒枇杷苗大五星」、新苗到着、今朝植え付け完了

d0122497_17164249.jpg
d0122497_17165547.jpg
今春接木に完全失敗して、「これは買うしかない」と。私の接木腕では、まず無理でしょう。今、自宅にある枇杷は、実生9年生と田中枇杷だけ。
双方とも、まだ小さな果実。「大五星」の最大果重200gは、これまたデカい果実、これを一度見てみたく、しかし、平均的な果重は、80g程度らしい。


       2012.10.22、朝は濃霧、暖かな日、23.7℃明日は雨か?


今年の「実生枇杷10年生」と、「田中枇杷3年生」、多数の花芽は付いたが・・

d0122497_1650424.jpg
d0122497_16505569.jpg
このところ果樹話題に少々事欠き、後数日で収穫できそうな「次郎柿」、「早生温州みかん」、今年の冬野菜類は、やや手抜き、グッと数を減らした。
今は、暫しの休息期間と云うところでしょうか・・、今日は、久しく観察していなかった枇杷、今年は多数の花芽が!、果たしてまともな果実が?

今冬は、過去に無い寒波襲来で、枇杷の開花受粉時-7℃が数日続き、その影響?、不完全受粉、満足な果実は、ほんの数個だった。
「田中枇杷」2年目は、総て落果してしまい、来年3年目で初生りするでしょうか?。枇杷接木苗の成長は早いと思っていたが、まだ1m少々。

今春は、この実生枇杷に、多数の休眠枝接ぎを初試行、見事総て失敗、1樹で多品種を生らせることなど、夢に終わりそう、我に接木は無理?
枇杷は、もう1種、大玉が欲しいと、新苗「大五星」を注文中。到着は、キウイ(香翆)と同梱(国〇園)なので、来月11月になる見込み。

枇杷の良さは、真冬に花が咲くこと、花の少ない時期の蜜源花は、ニホンミツバチにも大変貴重、花の香りもなかなか、良いですしね~。
[PR]
# by gardenshimada | 2012-10-22 17:40 |  枇杷

昨秋植えた「リンゴ」3本、まだ枝の誘引もせず、育つに任せているが・・


   2012.10.19、心配の台風は、かすめただけで被害なし今日は秋晴れ


昨秋植えたリンゴ3本、まだ枝の誘引もせず、育つに任せているが・・

d0122497_16123544.jpg
d0122497_16144051.jpg
私のような比較的暖地でも、夢の「リンゴ」を実らせてみたいと、国〇園の超安棒苗を昨秋初植え、現状まで、かなり良い状態で育っている。
春は、発芽するの?、と、心配したが、新梢は、勢いよく伸び、「つがる」「ふじ」は、樹高、優に2mを超え、「アルプスの乙女」は、やや低い程度。

早い時期に、伸びた新梢を、やや水平に誘引した方が良い、とも聞いていたが、その時期を逸し、近々、或いは冬場にでも、誘引しようと思っている。
リンゴの新梢は、かなり弾力性があるので、落葉後でも問題なしでしょうか?

これが、リンゴの花芽?

d0122497_16341671.jpg
「つがる」と「ふじ」には、このような芽が全く見当たらないが、「アルプスの乙女」には、数か所、これが来年の花芽だろうか?
初めて植えたリンゴ、まだ何の参考書も見てなくて、リンゴ栽培の知識はゼロ。まだ実れば幸いの気持ちが強く、そろそろ興味を持って育てたい、と。
[PR]
# by gardenshimada | 2012-10-19 16:44 |  リンゴ (林檎)

「スモモ」の接木初年度、失敗も多かったが、この程度なら、どうでしょう?


        2012.10.17、台風の影響?、昼前から雨薄ら寒くなってきた


スモモ接木初年度、失敗も多かったが、この程度で、まぁいいか?

d0122497_1516950.jpg
d0122497_1517389.jpg
接木入門1年生、今春、スモモの休眠枝接ぎを多数やったが、成功したのは、僅か2本、「バイオチェリー」と「いくみ」だけ。お粗末君ですね。
「いくみ」の接木は、調子よく育ったが、薬剤散布を怠ったのか?、早くから葉が落ちた。これはやはり問題?、来春には、元気を盛り返すだろうか?

一方、緑枝接ぎは、比較的好調、3種元気に育っている

d0122497_15303078.jpg
スモモ1の胴吹きした新梢に、6種程緑枝接ぎをしたが、何とか接げたのが、この画像の3種。「貴陽」は100%、この品種は接ぎ易いのだろうか?
受粉樹の「ヴィーナス」や「ジュピター」も接いだが、これは見事失敗。スモモ1の品種が何だったのか?、この新梢も数本あるので、受粉に役立つ?

来年は無理でも、再来年辺りに成果が得られれば・・。今回の接木については、ブログ友、北関東の果樹達人に大変お世話になりました。

スモモ2は、接木総て失敗、新梢も早々葉が落ちる

d0122497_15505717.jpg
果樹類は、何でもそうかな?、軽るんじる(甘く見る)と、結果が如実に出てきますなぁ。スモモ2は、どうでもいいや、「スモモ1」1本で充分
スモモ2は、スペースの関係もあり、枯れても仕方なし、と思っていたら、そんな感じになってきた。しかし、来年息を吹き返すかも?
[PR]
# by gardenshimada | 2012-10-17 16:03 |  スモモ

続、秋入居の「ニホンミツバチ」、初内検、予想以上の中群?、大群?だった

     2012.10.16、今日は暖かい⇒暑い、絶好の秋晴れ、15°25℃


続、秋入居のニホンミツバチ、初内検、予想以上の蜂数になっていた

d0122497_11182149.jpg
d0122497_1119988.jpg
秋入居の「ニホンミツバチ」、昨日巣箱を少し持ち上げたら、思いの外、重く、これはひょっとして大群?、初内検をしたら、蜂数の多さにまず驚く。
巣板も、想像以上に大きくなっていて、これは、1ヶ月程前に入居したものか?、昨日まで全く気付かなかったのが不思議、早速1段追加しなくちゃ。

巣板落下防止棒付きの重箱(升)を1段追加、それと、この時期強敵は、大スズメ蜂

d0122497_1137792.jpg
巣箱の真ん中に、「巣板落下防止棒付き重箱(升)」を、急ぎ1段追加し、3段に。これで蜂の空間も広がり、これでうまくいければ冬越し可か?
内検で、女王蜂を見付けることはできなかったが、短期間でこの程度蜂数が増えていることは、産卵も順調、女王は間違いなくいる筈。

この時期、「ニホンミツバチ」の飼育で、最も強敵なのが大スズメ蜂の襲来。奴らは肉食なので、次々ニホンミツバチを襲い肉団子に。
また奴らは、共食いの性質もあるので、1匹を捕獲して粘着ネズミ捕り紙にくっつけておくと、画像のように簡単に防御できることもある。

3時間後の追加画像、効果抜群?のネズミ捕りに張り付いた「大スズメ蜂
d0122497_15373783.jpg
何処に獰猛大スズメ蜂の巣があるのやら?、まさかこの近辺には無いと思うが、獲物の匂いを嗅ぎつけて?、兎に角、この時期は多いです。
[PR]
# by gardenshimada | 2012-10-16 11:59 | 日本ミツバチ

「ニホンミツバチ」、秋分蜂群?、それとも逃亡群?、珍しく放置巣箱に入居していた


        2012.10.15、何と、朝6時の寒さ 9.5℃昼間は、25℃予報


ニホンミツバチ、珍しや、秋分蜂群?、それとも、逃亡群?、放置巣箱に入居していた

d0122497_11171844.jpg
d0122497_11174970.jpg
滅多にこの外庭を通らないので、昨日初めて気付いた。最多分蜂シーズンの5~6月、咲いたミスムフェットや金陵辺を傍に置き、待ち受け巣箱を3箱用意していたが、全く入居の気配も無く、今年は、まるで駄目と、そのまま巣箱を放置していた。それが、この時期珍しく、ニホンミツバチが入居。

秋分蜂群なのか?、逃亡群?、入居日は不明、多分、この1週間以内。勝手にこの巣箱を選んでの入居群、それなりの定着性はあるかな?
まだ巣箱の中味(内検)を見てないので、この入居群が、虚弱群か中群?、まさか大群では。既に花粉を運んでいるので、女王蜂が産卵を始めた?

来てくれるものは、大歓迎、群れを増やし、無事冬越ししてくれれば、来年の果樹類受粉に大活躍してくれる筈、ここはニホンミツバチの成長に期待。
[PR]
# by gardenshimada | 2012-10-15 12:04 | 日本ミツバチ

ぶどう主体に、落葉前の薬剤散布


     2012.10.13、正に秋本番朝夕寒さを感じるが、最良の季節かな?


やや遅かったが、ぶどう主体に、果樹類への落葉前、薬剤散布

d0122497_15302010.jpg
d0122497_1532324.jpg
ブドウトラカミキリ等、芯喰い虫の防除を主に、ぶどうの収穫も総て終えたので、やや遅いかな?と思いつつ、落葉前の薬剤散布をやっと終えた。
今回の薬剤は、スミチオン 1000倍、マラソン 2000倍、オーソサイド 800倍、これらが適切かどうか?、やらないよりやった方が良いだろう。

噴霧器は、何時ものAC電動、ホースは、100m程引っ張り回し、これが面倒。この噴霧器は、噴射力が強力なのでかなりの距離、高さまでOK。
今日の薬剤散布は、総てのぶどう、桜桃、桃、和梨、スモモまで、リンゴはホースが届かず。画像の薬剤ポリ容器2杯、80ℓの散布を済ませた。

次は、落葉後の、トラサイドAまで当分薬剤散布は無用。今年は、暑さが続いたので、何時落葉するか?、また年末までに強制落葉させるかな?
[PR]
# by gardenshimada | 2012-10-13 16:11 | ぶどう 作業メモ

我が家の最後のぶどう、3年目「赤嶺 Sekirei)」、を、総て収穫

   2012.10.11、夜半の雨の影響?、今日の蒸し暑いこと、軽作業で大汗


が家の最後のぶどう、3年目「赤嶺 Sekirei」、(欧州種)、総て収穫

d0122497_14291654.jpg
d0122497_14301021.jpg
当暖地では、なかなか「赤いマスカット」と云われるような濃紅には色付かない赤ぶどう「赤嶺」、今月末位棚に置いても良かったが、片付かないし、
早く消毒もしたいし、で、今日総て収穫した。「赤嶺」は、「甲斐路」の枝変わり欧州種、3年目ではまだ粒や房も揃わない大器晩成品種らしい。

木の成長と共に、今後、紅の色付きも良くなるかも知れない、ジべ不適合ではあるが、味は大変良い品種なので、今後も大事に気長に育てる積り。
一方、巨峰系の大粒種「翆峰」、棚持ちが良いので、1房だけ残していたが、最近、鳥(鳩)につつかれだしたので、これも今日収穫することにした。
d0122497_15233671.jpg
今年は、総数20房程度、既に味見と称し、半数位は早採りしていたので、今日は、10房少々。これで今年の我が家のぶどうは、総て終了した。

話は変わり、今日、「天山」の自家製接木苗を定植

d0122497_15324199.jpg
一昨年の挿し木「赤嶺」が良く育ち、今春、それを台木に、「天山」の休眠枝を接木したら、数少ない成功例、「天山」の鉢植えが良く育った。
3m程度に育ったので、さて、何処に定植するか?、迷った挙句、「高妻」棚の端に植え、低い位置での垣根仕立てを試みることにした。
果たして、「赤嶺」の台木で、「天山」がどんな結果を出すか?、双方とも勢いの強い欧州品種、これも興味ありで、今後の推移を見守りたい。
[PR]
# by gardenshimada | 2012-10-11 15:53 |  赤 嶺 (Sekirei)

温州みかん、極早生種2年目「日南1号」の収穫、完熟には少し早過ぎ?


   2012.10.8、今日の最低最高気温、13℃24.4℃最良のシーズン


極早生温州みかん、2年目「日南1号」の収穫、少し早過ぎた?

d0122497_14541317.jpg
d0122497_14544893.jpg
一昨年の秋に初植え、初年度で3個初生り、まだ木は70cm程の超幼木、しかし良く実る温州みかん、2年目の今年は、摘果して10個実らせた。
幼木の為?、まだ平均的に果実は小さい。1週間程前、2個先採り試食してみたら、何とか食えそうな、酸っぱいですがね、今日残り8個総て収穫。
d0122497_15263567.jpg
木が成長すれば、もう少し大きな果実になるのだろうか?、「日南1号」とは、そう大玉にならない品種?。糖度8.9は、思いの外低くて・・。
後、10日程置いておくべきだったか?、酸味の中にも爽やかな甘みが、極早生みかんとは、こんなもの?。「日南の姫」新苗を新たに植える予定。

次に採れる温州みかん2種、11月初旬が採り頃?

d0122497_1541175.jpg
5年目で、この程度の木の成長、みかんを毎年充分生らせながらだと、木は大きくならないものですね~。まだ、150cm程度かな?
生らせ過ぎ(1樹30個以上)は、承知の上、それでも結構大玉が実る。肥料は、寒肥(鶏糞主体+化成肥料)、更に適時、化成肥料8-8-8。
尾張の方のように、肥料(みかん専用肥料)を変えないと樹は育たない?、それとも、このまま育てて、10年目安?
[PR]
# by gardenshimada | 2012-10-08 16:00 |  温州みかん

鉢植え桜桃、1~2年目、18種、枝は良く伸びたが、葉量や葉色に問題?


        2012.10.5、爽やかな秋晴れは続く、相変わらず昼間は暑い


鉢植え桜桃、1~2年目、枝の伸びは良いが、葉量や葉色が今一?

d0122497_16435624.jpg
時期遅れ、HCディスカウント苗の「ステラ」は、目立って育ちが悪い、枝数が少ないのも、これは安苗、仕方がないことか?
d0122497_16443754.jpg
d0122497_16471998.jpg
問題は、2年目「紅秀峰(青葉桜台木)」、今年早々から樹脂病?が幹を蝕み、葉が早くから落ちる。一応手当はしたが、回復の見込みありや?
d0122497_16553260.jpg
d0122497_16564313.jpg
d0122497_16572372.jpg
今日現在の「鉢植え桜桃」我が家の現、オールスター、ずらりと並べてみたが、果たして来年花が咲く桜桃は、何種あるのだろう?
鉢植えで桜桃を上手に栽培されているベテラン氏の秘術が、なかなか盗めなくて、これは、容易に栽培できる果樹では無いこと、痛感中。

難しいのは、暑い夏場の管理、水も小まめに与えた筈だが・・、適切な施肥の種類と回数、防虫防菌の防除、これらのコツがなかなか掴めない。
更に今後、冬場~早春の適切な剪定、枝の配置、できれば中梢栽培を試みたいが、さて、どうやれば?、先輩方のアドバイスを期待してます。

ついでに、露地桜桃3種の現況

d0122497_17161882.jpg
葉は、比較的残っている方かな?、今一元気がないと思える「ナポレオン」、これも樹脂病が激しく、薬剤散布も殆ど効果なし。
落葉後、冬の剪定では、樹高を極力低く、再度樹冠部を切り詰めたいと思っているが、これも、さて?さて?、簡単なようで分からないのが実態。
[PR]
# by gardenshimada | 2012-10-05 17:26 |  サクランボ(桜桃)


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

お気に入りブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

人気ジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31