<   2012年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

赤く熟れない「赤ぶどう」、紅伊豆、これも異常高温現象?

 
   2012.9.12、今年の失敗作 ぶどう、3年目「紅伊豆」、赤く染まらない

d0122497_16495351.jpg
d0122497_1650734.jpg
3年目「紅伊豆」、今年は大粒で沢山房を付けたので喜んでいたが、画像の如く、何時まで経っても赤くならず、糖度も低い。今年は完全な失敗作。
早生種なので、遅くても8月中旬には全粒色付いて、収穫期、本来大変美味いぶどう。失敗は、何が原因?、樹勢の割に沢山房を付過ぎた?

それ以上に、不可抗力と思うことは、今年の過去に無い、昼夜を問わない暑さが、早生種故に赤色を付けなかった?、早生の赤ぶどうは難しい?
これ以上、房を樹上に置いても、赤く染まらず、腐り始めるので、生熟れは不味いし、今年は残念だが、全房廃棄処分せざるを得ないと思ってます。



       2012.8.27、雨降らず高気温は続く、今日も最高気温35℃


赤く熟れないぶどう、「紅伊豆」 3年目、日々の最低気温が高い?

d0122497_17434247.jpg
d0122497_1743573.jpg
今年3年目の巨峰系赤ぶどう、「紅伊豆」、8月も最終週だと云うのに、赤く熟れない。粒や房は、平均的に大きく、申し分の無い3年目ぶどうだが。
これは一体どういう現象?、考えられるのは、高気温が続き、夜間、早朝気温も23~25℃、最低気温が20℃以下にならないからだろうか?

赤ぶどうが、赤くならないと、何とも変な感じ、美味いぶどうなんですがね~。9月中には、赤く熟れるだろうか?

ちなみに、昨年初生りの「紅伊豆」は?

d0122497_17571464.jpgd0122497_21222014.jpg2年目初生りなので、房は頼りないが、7月中旬から色付き始め、
8月26日には、総て収穫。

昨年は、1日の最低気温が低かったのだろう?































2年目初生りぶどう、「昭平紅」(欧州種)、やや遅れ気味のようだが、色付きは?

d0122497_18541816.jpg
d0122497_18543348.jpg
2年目の珍しいぶどう、「昭平紅」、初生りでも大きな粒を付けて。苗購入は、山形のイシドウだったので、当地の熟期は、8月下旬~9月上旬らしい。
今年は、特別暑い夏なので、山形でも遅れ気味かな?、平年なら、当方は、8月下旬に完全に色付き、完熟、収穫できても良さそうだが・・。

まだ半熟れ状態で色付きもムラムラ、しかし、赤ぶどうらしい色が出てきているので、9月中旬には真紅の完熟になるかな?
早生の「紅伊豆」が色付かづ、やや中生の「昭平紅」の色付きが早い、この差は一体何だろう?、欧州種だから?、兎に角、赤ぶどうは難しい
[PR]
by gardenshimada | 2012-08-27 19:15 |  紅 伊 豆

昨年末植えた「桃」(玉うさぎ)、1個だけの初生りを採ってみた


         2012.8.25、雨の無い暑さは続く、今日の最高気温35℃超え


昨年末植えた中生新苗「」、玉うさぎ、1個だけ残した初生りを採る

d0122497_1453947.jpg
d0122497_14532144.jpg
桃新苗「玉うさぎ」、植えて初年度に1個だけだが、そこそこの果実が実る、桃の成長の早さ、結果の出る早さに驚くと共に嬉しくなって来る。
早くから除袋していたので、激暑続きの影響か?、表皮上部は、カタログのような綺麗な赤ではなく、ドス黒い赤になっている。早く除袋し過ぎた?

収穫期は、山形で9月上中旬とか、こちらでは、そろそろよかろう、と、初採りすることに、しかし、果実は、「夢あさま」と全く違い、触るとまだ硬い。
カタログ説明では、果肉は硬く白色で核の周りに紅を生じる、と。硬い桃のようだ。川中島白桃×ゆうぞら交配、イシドウが開発した新品種。

初生り「玉うさぎ」、果重と糖度を計ってみた

d0122497_15235680.jpg
初年度初生りなので、果重278gは、期待以上。糖度も、採って即、計測したら16.3、(カタログでは、果重300g、15°)、採り時も早くなく遅くなく?
早速初賞味、甘さは充分、食感は、歯応えのある硬さ、「夢あさま」の溶解性のある極甘とは全く違う。この両極端の2品種、これもまた良かなぁ~。
[PR]
by gardenshimada | 2012-08-25 15:50 |  桃

そろそろ採り頃?、「ぶどう3種」(藤稔、高妻、巨峰)、1粒 糖度を計ってみた


   2012.8.22、今朝、久々お湿り程度の雨、少し涼しい?、が、最高33℃


そろそろ採り頃?、ぶどう、その1、3年目「藤稔」、今年は、大粒大房

d0122497_16523074.jpg
d0122497_16524693.jpg
昨年初生りでは、散々な出来だった「藤稔」、今年3年目で、かなり「藤稔」らしい房や粒になったような気がする。我が家の黒ぶどうでは、最大粒。
今年は、激暑続きで早く熟れる?、と思ったが、あっさり大味「藤稔」、この糖度では今一?、もう数日初採りは待つことにしよう。

そろそろ採り頃?、ぶどう、その2、3年目「高妻」、コクの深さでは、No.1の黒ぶどう

d0122497_178378.jpg
d0122497_1781639.jpg
昨年初生りでも予期以上の出来だった「高妻」、作り易いぶどうなのかも知れない。今年は、大房を狙ったが、結果は、この程度。
今年は、カラスに早々4~5房やられ、それが悔やまれる位、巨峰系では美味いと思える黒ぶどう。この糖度でも結構甘いが、20度超えまで待とう。

そろそろ採り頃?、ぶどう、その3、5年目「巨峰」、出来は悪くないが、房により糖度がマチマチ

d0122497_17242754.jpg
d0122497_17244070.jpg
今年は、カラスに10房程度やられ、防鳥網で厳重に囲ったら、人間(私)が中へ入るのも億劫になり、味見するのは、今回が初めて。
「巨峰」も、5年目でやっと成木段階でしょうか?、房、粒も安定しているが、この巨峰棚の難点、西日の良く当たる房は糖度高く、反対側は低い。

毎年、初採りぶどうは、「巨峰」から、我が家のぶどうシーズンの幕開けです。
[PR]
by gardenshimada | 2012-08-22 17:55 |  藤 稔

熟れ始めたイチジク「バナーネ」、早々カラスの餌食に、鳥避け網で覆う


        2012.8.20、全く雨降らず猛暑が続く、今日も35℃超え?


無防備、4年目イチジクバナーネ」、秋果が熟れ始め、カラスの餌食に

d0122497_14342464.jpg
d0122497_14343845.jpg
4年目「バナーネ」、イチジクの成長は早い。今年は、夏果を採るため、冬の剪定で数本枝を切らず残したため、伸びた枝は、3mを超える。
この場所は、上部に露天の「巨峰」等、4種のぶどうを植えているが、早々とカラスの襲撃に遭い食い散らされ、次は、バナーネの秋果が食害に。

カラス被害は、当初から分かっていて、何の対策もしていなかったのが問題だが、バナーネの枝が高く伸び過ぎて、防鳥網を張ることすら億劫で。
このバナーネは、低い位置での一文字仕立て、夏果さへ諦めれば・・、(夏果は結局、満足果は2~3個)、今冬のバナーネ剪定は、どうしたものか?

今年の「バナーネ」秋果は、生り過ぎ?、大汗かいて防鳥網で覆う

d0122497_1575338.jpg
d0122497_15885.jpg
木の成長と共に、イチジクも4年目ともなると、凄い量の秋果、2本のバナーネで、数は数えたこと無いが、300個位?、大実には、摘果が必要?
次々熟れ始めた秋果、カラスに総て食われるのも空しいので、弾力性のある長く伸びた枝は横に倒し、安物の防鳥網で、バナーネ全体を覆うことに。

もう1本の挿し木「バナーネ」3年目、これも多数の秋果が

d0122497_1525452.jpg
昨冬、かなり低めに剪定した積りが、良く伸びる新梢、高い枝は、3m。このままでは、防鳥網を掛けるのも、採るのも大変なので・・・。
高い枝を左右横に倒し、樹高を150㎝程度に。これで、このバナーネもカラス被害から守れる?、まだ秋果は小さいので、後日網掛け予定。

挿し木、「ビオレソリエス」、順調に生育中

d0122497_15461581.jpg
昨年末、頂き物の「ビオレソリエス」挿し穂、定植後も順調に生育中で、現在約1m。来年初生りは無理かなぁ~?
果実は、100g以下の小果らしいが、我が家では珍しいイチジク2品種目、かなり評価の高い品種らしく、大事に育成、毎日の水遣りも怠らず。

今日の画像は、総て昨日(19日)撮影のもの。 この暑さは、何時まで続くのだろう?、こう暑くては、外作業等、早々に切り上げて、戦意喪失気味。
[PR]
by gardenshimada | 2012-08-20 16:05 |  いちじく

2年目「和梨」幸水、小さな果実が1個、初採りしてみた


     2012.8.17、昨日からぶり返した猛暑、今日は、最高36.2℃、暑い


2年目「和梨」初生り幸水、1個だけ残した小さな果実、初採りしてみた

d0122497_1614966.jpg
d0122497_162538.jpg
一昨日までは、雨も降り、秋の気配を感じたが、昨日から猛暑復活、今日は最高気温36℃超え、早朝から暑く、恒例、犬の散歩でも汗をかく始末。
今日は、朝の作業も水遣り程度で早く切り上げ、2年目和梨「幸水」、1個だけ楽しみで残した小さな初生り果を、そろそろ採り頃と思い・・。

例え1個の実でも、2年目では木が未熟過ぎるのでしょう?、小さな果実、大きさ重さは、通常果実の半分にも満たない。採るには少し早過ぎた?
早速、糖度も計り試食してみた。実は硬く、極小果実だが、ほんのり甘く、ジューシー、間違いなく和梨・幸水の味がする。糖度はこんなもの?

ちなみに、同じ2年目「和梨」、豊水と、新高、各唯一の果実は?

d0122497_16353640.jpg
d0122497_16354982.jpg
やはり品種特徴に比例して、2年目初生り果は、小さいが、一応それなりの形になっている。採り時期は、9月~10月と遅いので、まだ大きく育つのだろうか?、思い起こせば、あの国〇園の、1本400円の超安棒苗、品種通りの果実が実っただけでも良しとしますか・・・。
[PR]
by gardenshimada | 2012-08-17 16:49 |  梨

粒の良く似た「ぶどう」、「しまねスイート」と、「ロザリオビアンコ」


    2012.8.15、一昨日と昨日雷雨、久々の雨で一息、気温やや涼しく


粒の良く似たぶどう、その1、3年目、「しまねスイート」(欧州種)

d0122497_1634298.jpg
d0122497_1635826.jpg
果樹話題の少ない昨今、またブドウ、毎年早熟の「巨峰」、試採り味見をしてみるが、激暑が続いたわりに糖度が今一、20度を超えるまで保留中。
今日のブドウ話題は、3年目の「しまねスイート」と、2年目初生り、「ロザリオビアンコ」の粒が、大変良く似ていることに今頃気付く。

「しまねスイート」も、3年目で昨年比、粒も大分大きくなってきた。表皮は大変薄く、雨が危ない、裂果している粒も時折、皮のまま食べれる品種。
「ロザリオビアンコ」との極端な違いは、皮の薄さ。交配片親が「アレキ」で共通、×「リザマート」これも名門貴公子らしい。熟期は、「しまねスイート」がやや早くて8月末頃。食感、食味、香りが、どれだけ違うか?、初生りの「ロザリオビアンコ」との比較が楽しみ。

粒の良く似たぶどう、その2、2年目初生り、「ロザリオビアンコ」(欧州種)

d0122497_16472210.jpg
d0122497_16473534.jpg
当初、2年目初生りなので、小さな粒と思っていたが、日々、粒がムクムクと大きくなり、今日、中袋から大袋に。これが欧州種の特徴だろうか?
交配親は、「アレキ」×「ロザキ」、これもまたブドウの名門貴公子だ、とか。外観形状は、「ロザリオビアンコ」の楕円に比べ、卵形のようだ。

「ロザリオビアンコ」の熟期は、9月上旬?、まだ味見ができてないので、分からないが、皮はやや厚そう。「しまねスイート」との食べ比べ楽しみ。
2種とも、高級品種とのカタログ評であるが、敢えて似たようなブドウ品種を作るべきだったか?、反省点であるが、どちらに軍配が?、これに興味。
[PR]
by gardenshimada | 2012-08-15 17:17 |  しまねスイート

今年のブドウ新苗「サニードルチェ」の成長と、来年度ブドウ新カタログの到着


   2012.8.10、地面はカラカラ、明日から3日間、雨降り予報、降るかな?


今年のぶどう新苗、「サニードルチェ」の成長

d0122497_1763427.jpg
殆ど雨の降らない暑い日が連日続いて、暑さと乾燥に強い「ブドウ」各種は、ほぼ順調に成熟しつつあるが、早熟れの「巨峰」も、まだ完熟に至らず。
昨晩秋に植えた、ブドウ新苗「サニードルチェ」、これも順調に蔓を伸ばしているが、欧州種にしては、過去の同系品種に比べ、おとなしい伸び方。

ブドウの下は、「桜桃」鉢植え、この暑い時期、水遣りの欠かせない「桜桃」、如何にも暑さに弱い「桜桃」、ブドウとは、対照的な果樹と感じる。
「サニードルチェ」、来年2年目で幾つか初生りすると思うが、赤粒品種なので、熟期はやや遅い、8月下旬ごろ?、来年は、上下のコラボが楽しみ。

            早々と、来年度の「ブドウカタログ」(植原葡萄研究所)が届く

d0122497_17364899.jpg
          カタログの表紙画像は、「シャインマスカット」、私的には新種でなく意外に感じたが、売上人気は、No.1 らしい。
          来年度の新品種は、「サンヴェルデ」と「秋鈴」の2種、これも昨年同様で、ブドウ苗名門として今一魅力に欠ける。

          ブドウ新苗も、当面、ほぼ出尽くしたのだろうか?、私は、これ以上新苗を買う気が無いので、迷わなくて有難い。
          他のブドウ苗販売業者が、どんな品種を来年の看板に出すか?、私は、「シャインマスカット」をシッカリ育てよう!
[PR]
by gardenshimada | 2012-08-10 18:03 |  サニー ドルチェ

甘く見ていた「カラス」の「ぶどう」攻撃被害と防御

         2012.8.7、やっと降った、お湿り程度の雨、しかし、蒸し暑い


今年は、ぶどうへのカラス攻撃が強烈、防御が迂闊(うかつ)だった

d0122497_18525180.jpg
トマトを始め、「ぶどう」もカラスが狙っているのは分かっていたが、露天の「巨峰」や「キングデラ」は、この部分まで手が回らず放置していた。
露天のぶどうは、やられても仕方ない・・、この甘い考えが「カラス」を増長させ、僅か1日でまだ半熟の「巨峰」や「キングデラ」を総て食い荒らされ。

味を占めた「カラス」は、本命棚の「ぶどう」を次々と

d0122497_1942989.jpg
最も被害が多かったのは、5年目「巨峰」棚、この画像は、被害の一部で、10房程度、早朝にカラスにやられている。まだ熟れてもいないのに。
d0122497_1993357.jpg
期待の大房、「高妻」も、7~8房、「藤稔」も、4房。簡単にテグスを張っていたが、全く役に立っていない。カラスを甘く見過ぎた。
d0122497_19142854.jpg
今年初生りの「シャインマスカット」まで、これは熟れが遅いので被害は少ないが、総ての「ぶどう」が、カラスの被害を受けている。
問題は、露天ぶどうをカラスに自由に食わせた為、完全にカラスに舐められ、そろそろ防御、と思う前に来襲を受けてしまった。昨年は無かったこと。

そこで、まず「巨峰」棚に、漁網(刺し網)を張り巡らせてみた

d0122497_19275653.jpg
この刺し網は、明石(兵庫県)のぶどう好き、親切な方が、不要刺し網を防鳥用に使っては?、と、わざわざ持って来て下さったもの。
最も被害の多い「巨峰」棚全体を、テストも兼ねて、この漁網を、早朝、張り巡らせてみた。これならカラスも、口も足も出ないだろう、と。

そして、昼過ぎ、外出から帰ってみると、カラスが1羽、刺し網に掛かり、ギャアギャア騒いでいる

d0122497_19401517.jpg
この時の画像は撮り忘れたが、流石、刺し網の威力は凄い、カラスがバタバタ暴れると、ドンドン網が絡みつく、カラスは身動きもできず。
憎っくき「カラス」、残酷とは思ったが、こん棒で一撃、お陀仏。これは、他のカラスへの、晒し物にしておくべき、と、良く見える場所に吊るし下げた。

更に、総てのぶどう棚に、刺し網を張り巡らす

d0122497_19502498.jpg
これなら、ほぼ万全だろう?、それより、あの本物晒しカラスの効果が大だったのか?、全くカラスが寄り付かなく、その姿も見えない。
世間では、カラス如き程度の被害では無く、ハクビシンや野猿など害獣の攻撃に苦慮されている方が多く、それから見れば、私など甘い被害?
[PR]
by gardenshimada | 2012-08-07 19:58 |  巨 峰

HCの売れ残り半額「柑橘」苗、「麗紅」と、「レモン」


      2012.8.4、今日も暑い36℃、益々カラカラ、降りそうな気配全く無し


時期外れ、HCの売れ残り半額柑橘苗、「麗紅」と、「レモン

d0122497_1729596.jpg
時期外れのHC売れ残りディスカウント苗、こういうのを、やや衝動的に買うのが好きでして・・・。しかし、今回は、明確な購入理由があり。
「麗紅」は、以前購入時にUPしたが、地植え「デコポン」の調子が悪く、その再生を待ちたいが、更にその系統の新しい上位種が欲しくて。

「レモン」は、今年地植えを完全に枯らせてしまい、その代替えが欲しいと思っていたところ。品種名は、単なる「レモン」、どんな系統かは不明。
本来値札は、998円だったが、半額の499円、値段が値段なので、たいした「レモン」では無いと思うが、1本は欲しい柑橘種。

2種とも寒さに弱い品種、どうも近年当方も、夏は暑くて冬寒い(今冬-7℃)異常気象。この2種は、冬はバッチリ防寒して、鉢で育てようと。
鉢は、35ℓプラ鉢、桜桃の休眠枝接ぎに失敗したお蔭で、この種の鉢が数個残り、この柑橘2種にも有効利用できれば嬉しい話。手抜き記録用UP。
[PR]
by gardenshimada | 2012-08-04 18:23 |  その他 柑橘類

桜桃鉢栽培と、ぶどう新苗「サニードルチェ」のコラボ

  2012.8.3、雨は全く降らず暑いと思ったら、今日の最高気温36.8℃


桜桃」鉢栽培と、「ぶどう」新苗(サニードルチェ・欧州種)のコラボ

d0122497_1650142.jpg
今年新たに作った、「桜桃」鉢置場と、「ぶどう」新苗(サニードルチェ)棚。共に雨よけ完備、ぶどうは、この暑さにも強く、よく蔓を伸ばしている。
「桜桃」鉢植え14種は、固定雨避け屋根、今年の連日の暑さは格別、水遣りは欠かさないが、激暑時、この屋根が良かったのか悪かった? 
d0122497_17115979.jpg
d0122497_175454.jpg
d0122497_1754868.jpg
d0122497_1784414.jpg
直射日光が強過ぎるのか?、品種により葉っぱが、黄色くなってきたもの、日焼け?、ダニ発生の防除や予防に、薬剤は数度散布。
d0122497_17221022.jpg
この佐藤錦2種は、樹勢も大変強く、葉っぱも充分健在、よく分からないが、佐藤錦系統は、同様に育てても暑さや病害に強いのだろうか?
d0122497_17285166.jpg
特に弱いと思えるのが、「紅秀峰」。青葉台木の紅秀峰は、葉っぱも画像の如く、多く落葉、弱弱しい木に。ダニだけでなく樹脂病の影響?
ダーレン台木の紅秀峰、新梢は良く伸びているが、葉数も少なく、何となく木に勢いが感じられない。これも暑さと育て方の問題だろうか?

一方、露地桜桃、現時点では、葉が良く残っている

d0122497_17402057.jpg
d0122497_17403648.jpg
雨が長期間降ってないので、葉がやや弱く感じるが、今年は、下草(白爪草)を生やしたので、かなり乾燥に強いように思えるが・・。
葉の残り具合も、まずまずと感じるが、如何でしょうか? 暑さにかまけて、画像だけベタベタと、大いに手抜きのUPでした。
[PR]
by gardenshimada | 2012-08-03 17:51 |  サクランボ(桜桃)


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧