<   2012年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ご難続きの初植え「キウイ」、孫悟空が枯れたが、その後、嘘のような本当の話


  2012.5.31、「ぶどう」は今、ジべ処理に追われつつ、今日は「キウイ」話


気になる初植え「キウイ」、その新棚へ続く、外庭小路

d0122497_16505346.jpg
冬場は殺風景だったナチュラル外庭、雑木の新葉、種々の宿根草等が咲き始め、大分いい感じに。この緑の小路の先に新設キウイ棚がある。
キウイ初植え、この度は、何かと不可思議(ご難)なことが続き、まともなキウイができるのは何時の事やら?、これもまた思い出として楽しいかも。

問題の「ジャンボイエロー」苗も、1芽だけ順調に育っているが・・

d0122497_1753793.jpg
大遅れ、思わぬところから発芽した「ジャンボイエロー」、1芽。日々順調に生育しているが、暑さと共に、今年中に棚まで届く位成長するだろうか?

突然枯れ始めた雄木「孫悟空」、やはり根も駄目だった

d0122497_17171719.jpg
d0122497_17173742.jpg
ご厚意、頂き物の「孫悟空」、2芽伸ばしていたが、突然両芽ともしんなり枯れ始め、一応摘芯してみたが、それも駄目な状況。根元が枯れている。
引き抜いて根を見たら、根がボサボサ、殆ど死に根、何が原因か?、白根も無く、何か病気に掛かったのかもかも知れない。再生不能。

急ぎ、「孫悟空」苗を求めHCを4軒、嘘のようなほんとの話、100円の「孫悟空」苗

d0122497_17315671.jpg
やや時期外れ、何処のHCもキウイ苗は少量あるが、「トムリ」は何処にでもあるが、「孫悟空」は、なかなか。唯一あるHCに半枯れ苗が3本。
葉は丸まって、今にも枯れそうな根巻き苗、水気も何もない、至って管理の悪いHC。値札は、1980円、これが商品?、半額なら買うと担当者に。

驚いたことにその担当者、「このキウイ苗3本は、もう枯れてますので売れません、廃棄します」と、商品を片付け始め、お客さんに迷惑が掛かるので、「半額でも500円でも売れない」と言う。「枯れても文句は言わない」と言ってもらちあかず。真面目過ぎる店員、結局、私から「店長呼んで!」

店長出てきて、馴染みのHCでもあったので、折衝理由を言い、「どうせ廃棄するなら、ただとは言わない、100円でどうだ?何なら誓約書書くぞ」。
その店長、話の分かる人物で、「そこまで仰るなら100円で結構です、誓約書などいりません」、と云う訳で、半枯れ苗を100円で購入。

帰宅後、根巻きを開いてみると、根も枯れかけ、しかし、白根が生きている。1晩水揚げしたら、少し葉に元気が。これならいけるのでは?
ベンレート1000倍液に根を浸し消毒、元の「孫悟空」植え場の土も総て入れ替え、ここもベンレートで充分消毒し、定植した次第。

この「孫悟空」100円苗、店員が言うように枯れるでしょうか?、それとも、生き返り、新芽が伸びるでしょうか?、ベテラン先輩方どう思います?

国華園の不明雄苗、これが「孫悟空」だったら、お笑いだ

d0122497_18214248.jpg
ジャンボ緑肉雌苗「香翆」を注文したのに、「香翆」のラベルが付いていたのに、咲いた花は、総て雄花だった。この不祥事は、渋々解決済だが・・。
一体、この雄キウイは、何者でしょうか?、もしこれが「孫悟空」だったら、これはお笑いだなぁ~。まぁ、このまま育てることにしよう。

今回のキウイ初植えは、次々と異変が起こり、今一番元気なのは、雄の「トムリ」だけ。雄苗ばかり植えてる状態、これもお笑い。
「トムリ」とて分からんぞ、雌木かも知れない。いやはや、我がキウイ初トライは、異変の連続で、今や、逆に楽しくなって来たのであります。
[PR]
by gardenshimada | 2012-05-31 18:40 |  キウイ

その後の初生り「ポポー」、ドンドン減っていく幼果


          2012.5.29、変な天気、暫しの雷雨3回、かなり良いお湿り


初生り実生ポポーその後、ドンドン減る幼果

d0122497_15344477.jpg
d0122497_1535177.jpg
我が家の「実生ポポー」、10年生以上、暫しの間に新葉も茂り、鬱蒼感が出てきた。頂いた実生ポポー苗「ウェールズ」も完全に根付き、良い感じに。
今年は、尾張の方から送って頂いた花粉のお蔭で、初受粉、当初、幼果が7~8房付いていたが、自然落果?、生理落果?、今残るはこの5つ。

現在、幼果の長さは、1㎝位、1房に6果付いていたものは、3果に摘果、最終的には、2果にしようと、しかし、最後まで残るのは幾つ?
初めて見る珍しい果実なので、何とか完熟まで残って欲しいものです。どんな味がするのかねぇ~?興味津々。

余談、今実る、忘れられたベリー3種

d0122497_1624177.jpg
忘れるどころか、今春、大事に別の場所へ地植え移植。その甲斐あって?、今年は沢山実を付けている。たいした数では無いですが・・・。
ブルーベリーは、何時ごろ買ったか?思い出しも出来ず、多分、名前も付いていたと思うが、それも尚思い出せず、チョット気掛かりなBB。
[PR]
by gardenshimada | 2012-05-29 16:29 |  ポポー

今年の「トマト」は、計98本、早植えトマトは、1段果がゴルフボール大


       2012.5.27、今日の暑さは、今年最高、28.5℃、地面カラカラ


ぶどう棚に続く、上段の野菜畑

d0122497_16385985.jpg
画像手前(左側)と後方に続くイチゴ畑は、終焉を迎えつつ、その間の夏野菜畑、トマト、キュウリ、ナス、ピーマン、キャベツ、夏大根を植えています。
野菜類は、基本的に種購入の自家芽出し、しかし今年は、芽だし不調と思った、トマト10本とピーマン4本だけは、@58円のHC苗を購入。

トマト、購入苗は、初果がゴルフボール大に、芽だし苗は、花が咲き始めた

d0122497_1654276.jpg
d0122497_16544380.jpg
今年の冬は寒くて、野菜の芽出しも遅れ、「こりゃぁ~、数が足りんぞ」と、HCの一番苗、ホーム桃太郎10本購入、やはり成長も早く、初果が。
拘りトマトの育て方は、人それぞれ、私は、1段目は必ず3個に制限しています。2段目以降に力を蓄えさせようと云う、我が独特?のやり方。

今年のトマト、その後の芽だし貧弱苗が13本育ち追加定植、結局、ホーム桃太郎71本、サカタの瑞栄17本、買い苗10本、計98本。
予定に2本足りないが、まぁいいだろう。今年初作りの「瑞栄」、育ちは順調、ホーム桃太郎との見分けは、やや華奢かな?、桃太郎はずんぐり。

こんなに沢山トマトを作って、どうするの?、出荷でも?、と良く聞かれるが、完熟生食の残りは、総て冷凍保存、我が家の1年分のトマトです。

ようやく根付いた「岩津ネギ」、このネギは美味いですぞ!

d0122497_17293982.jpg
一昨年までは、買い苗で作っていた「岩津ネギ」、今年は、偶然知人から余り苗を150本程頂き、1週間前に定植、何とか根付いた模様。
「岩津ネギ」、全国的にはご存じでない方も多い?、それが、日本3大ネギの1つなんです、主産地は、兵庫県の北部、雪深い但馬地方。

このネギの育て方は、白ネギと同様、育つ毎に根元に土を入れ、白い茎の部分を増やす、この白い部分も柔らかくて大変美味く、
更に、「岩津ネギ」の特徴は、青ネギの部分も総て柔らかく食せる、根以外は総て食える逸材、冬の鍋料理には欠かせない素材です。

夏野菜は、これ以外に、スイカ、カボチャ、オクラ、里芋、モロヘイヤ、ニンジン、ゴボウ、インゲン、ホウレンソウ(年中)、今年の今は、これくらいかな。
[PR]
by gardenshimada | 2012-05-27 17:56 | トマト、種蒔きから収穫まで

「ぶどう」の開花も始まり、いよいよ作業シーズン到来

  
     2012.7.22、3年目ぶどう高妻」、巨峰系で最高の黒ぶどう?

d0122497_1654978.jpg
d0122497_16544599.jpg
私の最も好きな巨峰系黒ブドウ「高妻」、昨年初生りで調子が良かったのに乗じて、今年3年目の幼木なのに、大房を狙い、しかも房を付け過ぎた。
反省事項は、もっと摘粒するべきだった、が・・、今年は、やや小粒だが、このままの状態で熟期、8月下旬を迎えてみよう。巨峰系では、晩生種。


      2012.6.14、3年目、「高妻」(欧米雑種)、2回目のジべ処理実施

d0122497_2032348.jpg
今年は、マニキュア同様、随分粒を付け過ぎて、大房狙い?、いや、そうでは無いのですが、もう少し花穂を短くしておくべきだったかな?
2回目ジべ時にしては、やや小粒。このぶどうは、巨峰系では最高に美味い大粒黒ぶどう、これまた相当摘粒をして、本来の大粒にしなければ!。



     2012.5.26、今日の最高気温26.1℃、暑い、「ぶどう」も急進


3年目ぶどう、「高妻」、今年の花穂は、デカイぞ!

d0122497_173088.jpg
d0122497_1731896.jpg
巨峰系黒ぶどうの中では、総てが優れていると思っている優秀品種「高妻」。今年3年目は昨年比3倍位の花穂が付き、それもまた一段とデカイ。
こちらでは、やや晩生と思っているので、まだ花穂整形もしてないが、もうそろそろ済ませないと間に合わなくなる。(ピオーネ×センテニアル)。

ぶどうは、気温が上がると日々急成長、新梢や巻きヒゲの伸びも激しいが、開花も急速に進む。いよいよ作業シーズン佳境に入るか。
巨峰を始め、他の巨峰系品種(紅伊豆、翆峰、藤稔)は、総て房作りも終え、後は、開花、ジべ処理を待つばかり。好天なら来週が山場か?

今日現在、開花し始めた「ぶどう」品種、その1

d0122497_17282431.jpg
開花の順に並べてみたが、完熟期は遅いのに既に満開の「ナイヤガラ」、昨年テストでジべ処理、結果は今一。今年はジべを行わず本来の果実を。
当然早生種は、開花も早く、中粒の「キングデラ」は少々生らせて、「紅伊豆」は、気に入り品種なので、今年は多い、来週早々初回ジべ予定。

今日現在、開花し始めた「ぶどう」品種、その2

d0122497_17394219.jpg
5年目に入った「巨峰」、できるだけセーブ、今年は50房程度。私をぶどうに魅入らせた記念すべき「巨峰」なので、もう少し丁寧に扱わないと!
「翆峰」「藤稔」共に、3年目で花穂の状態も大きく変化したように思える、大きく力強くなった。まだ花穂は、咲き初め状態、ジべは6月上旬?

巨峰以外は、まだ幼木段階、結果の期待はそこそこにしよう。巨峰系各品種は、ジべ処理も大変効果的で、大粒種無しが大変容易、お勧め品種。
後は、2年目初生り3種(昭平紅、シャインマスカット、ロザリオビアンコ)、3年目の欧州種4種(赤嶺、マニキュア、瀬戸、しまね)、次々と続く。
[PR]
by gardenshimada | 2012-05-26 18:05 |  高 妻 (Takatsuma)

雄花しか咲かないキウイ、「香翆」の顛末

          2012.5.25、大曇り、久々の小雨、果樹や野菜は生気溌剌


雄花が咲いたキウイ、雌木「香翆?」の顛末

d0122497_1547838.jpg
d0122497_15483243.jpg
この画像は、今朝撮ったもの。まだキウイ初植え知識の薄い私は、早速、キウイセミプロ、WMさんにこの花画像を見て貰ったら、総て雄花だとか。
苗木販売業者を信用し、雌木の「香翆」と信じて、このまま栽培を続けていたら、何時まで経っても実は付かず、無知とは恐ろしいことです。

今年2月上旬に苗を植え付け、まず順調に生育、それにしても早く花が咲いたものです、開花4つ、未開花1つ、蕾2つの今朝の現況。
早く花が咲き間違い判明、結果良かったのだが、今回の「香翆」は、苗購入先の国華園と、これで2度目のクレーム、普通なら許せぬ話。

当初、「香翆」と「トムリ」の雌雄苗をセットで購入、トムリは問題の無い良苗、「香翆」は、殆ど根の無い丸坊主のような不良苗。
即、代替え苗を要求、それはすぐ送られてきたが、それがまた簡単に「代品送る」と言うんだね~、それがこの品種不明の雄キウイ苗。

今回も、この画像をメールで送り強く抗議、「プロたる業者、どうしてくれるんだ!」、ここの責任者殿、「また新たに代品送ります」。
「同じように育った香翆、鉢苗でも送れるのか?」、「いや、香翆は、今、苗養成中で、11月過ぎでないと送れません、鉢苗もありません」

「プロ業者が、何故こんなミスを再度犯すのか?」、「専用農場が宮崎で、そこの担当者が間違えた・・・」、冗談じゃないよ!怒り心頭。
簡単に非を認める男、社長を出せと言っても出てこない、私が総責任者です、と若声男T。「この1年の遅れをどのように補償する積りだ!」

国華園と云う、もう1つ信用ならぬ種苗業者、こういう不良苗や不明苗を売ることに慣れているのか?、対応パターンが決まっているようだ。
簡単なクレームには、代品をすぐ送る。私のように不明苗でしかも半年以上待たせる強硬抗議は、何でも果樹苗をサービスすると言う。

そんな程度で、スッキリ収まると思ったら大間違い、時間は取り戻せないよ、何とも商道徳に反する、悪徳業者と云われても仕方あるまい。
「香翆」と思い育ててきた不明キウイ雄苗、引っこ抜くのも面倒なので、1年育ててみるか・・、雌花が咲くかも知れない?(笑)
[PR]
by gardenshimada | 2012-05-25 17:07 |  キウイ

発芽大遅れの「キウイ」(ジャンボイエロー)、やっと5㎝程度に


         2012.5.24、巨峰系のぶどう、摘蕾(房作り)に追われつつ


ぶどう話題ばかりでは、私も面白くなく、今日は、キウイ、問題ジャンボイエローの新芽

d0122497_18423640.jpg
なかなか発芽しなかったキウイ、ジャンボイエロー、10日前は、7~8mmだった新芽が、今日計ったら5㎝弱、遅まきながら成長してる。
まだまだ安心はできないが、この1芽で問題なく、棚まで届くほど成長するでしょうか?、ほんとに気を揉ませるジャンボイエローです。

反面、緑肉系の♂ 「トムリ」、これは幹(蔓)は細いが、成長度No.1、そろそろ2m高の棚に届きそうな勢い、こういうのは、安心しますがね。

香翆」に初花、「孫悟空」は、成長遅い

d0122497_190132.jpg
緑肉ジャンボ種の「香翆」、蔓の成長はまだ発芽部から1m少々だが、初花が咲いた。こんな新苗未熟キウイに花を咲かせてもよいのでしょうか?
頂き物の黄肉系♂ 「孫悟空」、確か挿し木苗だと聞いていたので、成長がやや遅い?、これも夏にグングン伸びてくれること、大期待。

キウイの挿し木、何と成長の遅いこと

d0122497_19121740.jpg
キウイの挿し木、発芽展葉は早かったが、それ以降なかなか成長しない、私の育て方に問題が?、それともキウイの挿し木はこんなもの?
枯れそうなものも出てきて、まだ発根してないのかな?、挿し木は、成長が遅いと聞いていたので、そう心配はしてないが・・・。
[PR]
by gardenshimada | 2012-05-24 19:19 |  キウイ

今年の「桜桃」は?、鉢植え~露地ものまで、惨敗だった接木の結果


          2012.5.23、雨降らず暑い、今日は、全果樹薬剤散布ディ


桜桃」オンパレード、その1、昨年から始めた鉢栽培の現況

d0122497_16445780.jpg
d0122497_16455685.jpg
d0122497_16461027.jpg
昨年、HC苗の「佐藤錦」「高砂」、イシドウさんから初買いの「紅秀峰」の3本で鉢栽培を開始、画像の雨避け屋根付き桜桃鉢置場を新たに作った。
この3本については、1年経過後、どのような仕立てがベターか?、種々初心悩みで、多品種の鉢栽培は、樹海1本仕立てがベストと決心したり。

この栽培法(1本仕立て)を上手にやられている方もいるが、比較的小さな鉢で枝を水平(自然樹形?)に伸ばし成果を出されている愛好家も多い。
先日、近隣の姫路市街で、桜桃趣味栽培(地植え)をやられている方を見学、栽培歴は10年だそうだが、その「佐藤錦」の成果に驚嘆した。

10年の「佐藤錦」3本、樹間2m程度の密植と云う感じであるが、樹冠部は、1m少々の低樹高栽培、枝は水平、隣の枝と交差入れ込んでいる。
驚いたのは、その多数の枝総てに、佐藤錦が鈴生りで実っている。この暖かい暖地で!。まだ時期的に真っ赤ではない実を賞味、美味い。

10年間で、いろいろ試行錯誤された結果の成果と思うが、できるところ(人)は、できるんだ、大いなる刺激を貰い、私も考えを変えないと!
樹冠が低いので、各枝も総て手の届く範囲にあり、作業性も大変良い、まさにこれを鉢栽培でも応用できないものだろうか?

幸か不幸か?、今年の桜桃居接ぎは大惨敗、これを機会に、鉢数を半減して、鉢間を広げて、長梢は無理だが中梢栽培を目指してみるか!
現在、桜桃買い苗は、14品種、これで充分ではないか!、これを3列に並べれば、鉢間は、150㎝程度に広がる、枝もある程度横に伸ばせる。

暖地桜桃も軽視できない
d0122497_1743222.jpg
暖地桜桃は、「ゆすらうめ」のようなもの、と軽々に見ていたが、前述の佐藤錦鈴生りの方は、10年物の暖地桜桃の花粉を佐藤錦の受粉に使われている。こういう利用方法もあるんだ。真っ赤に完熟し、落果寸前の暖地桜桃を数粒賞味したら、これが予想以上に甘い。当方は2年目暖地桜桃。

桜桃初接木は、惨敗だったが・・・
d0122497_17595648.jpg
d0122497_1801727.jpg
多数の桜桃穂木を提供頂いた方には、ほんとに申し訳ないことだった。私の接木未熟さで、大多数の穂木を無駄にしてしまった。
頂いた穂木で、接木成功は、僅か過ぎる、画像の3種(おりひめの季節、正光錦、さおり)だけ。接ぎたい残念な品種も多かったが、仕方なし。

露地桜桃(10年以上)の現況
d0122497_18144936.jpg
d0122497_181559.jpg
昨年から、本場山形の桜桃プロ、S.F.TaKaさんのアドバイスで、今迄荒れに荒れていた露地桜桃2種(佐藤錦、ナポレオン)を改造再生中。
昨年、まず主幹樹冠部を約半分に切り戻したが、これでもまだ、170~180㎝、枝の最上部は3mを優に超える、これが何をするにも不便。

今年も、不定芽を沢山出して葉を残し、更に樹高を低く、私は、そう急がないので、総てが私の手の届く範囲内に収まれば最良と考えてます。
今日は、新葉が出始めて2回目の薬剤散布、今回は薬剤を変え、スプラサイド1500倍、ビスダイセン800倍、トリフミン2000倍、桜桃総てに。

佐藤錦初生り果実は、総て駄目
d0122497_18355089.jpg
今年、「佐藤錦」に、30個程の初生り果実が付いたが、結実前に薬剤散布しなかった為か?、幼果は茶色に変色したり、実が大きくならず落果。
まだ再生中、果実は、全く期待していないので残念感は無いが、来年は、少数でもまともな実が生るかな?、まだ再来年と思ってますが。

桜桃は、私にはまだ難しい果樹、その特性を会得した方は、「簡単な果樹」と仰るが・・・。
[PR]
by gardenshimada | 2012-05-23 18:54 |  サクランボ(桜桃)

ぶどう、2年目「シャインマスカット」、新短梢栽培、これは有効と思う


    2012.5.21、当地では、完全リングの金環日食は見えなかったが・・


ぶどう、2年目「シャインマスカット」、新短梢栽培は有効で作業性も良い

d0122497_17225118.jpg
d0122497_17232515.jpg
今年、2年目棚で3種(シャインマスカット、昭平紅、ロザリオビアンコ)、新短梢栽培を初試行した。現状、捻枝の必要もなく、結果は良好と思える。
主枝誘導線を、150㎝位に低くして、新梢をV字型に自然伸長、摘心を繰り返すことにより、新梢も強く花穂も良い、何よりも作業性が大変良い。

今、思えば、今迄の棚も、この栽培方式にしておくべきだった、多品種密植の趣味栽培にも充分適応でき、早く収穫できるメリットもありそう。

花穂も、2年目にしては、充実しているように思える

d0122497_1751393.jpg
画像は、副穂だけ切除の未整形初花穂。2年目なので、当然、花穂の蕾は小さいが、充分初生りを狙える花穂の状態と思える。
熟期は、巨峰とほぼ同時期らしい、そろそろ房作りを。ジべ処理で種無し、皮ごと食べれる、マスカット香。初生りでどの程度の粒になるか?

ぶどうのカーテンに、「シャインマスカット」を緑枝接ぎ

d0122497_1881179.jpg
カーテン本体は、巨峰、先端に昨年「紅伊豆」を接ぎ、今年は、画像右側の〇部分に「シャインマスカット」を2本接ぎ、結果はまだまだ未定。
この緑枝接ぎが成功したら、画像右上部分は、総て「シャイマス」に切り替える予定。実が、赤、黒、青(緑)、楽しみのぶどう3色カーテンです。

話は変わり、今日の歴史的自然現象、日食、私も撮影してみたが・・

d0122497_18222281.jpg
300mmの望遠レンズに、黒マルチを2枚重ねて撮影したが、スッキリクッキリ、なかなか写らない、私の場所では、金環にならなかったようです。
[PR]
by gardenshimada | 2012-05-21 18:28 |  シャインマスカット

昨秋、初植え「リンゴ」、3種3本、新梢の様子


          2012.5.20、降りそうで降らない涼しい1日最高気温22℃


昨秋初植え、安苗リンゴ、3種3本、この育ちは、順調か?

d0122497_17335318.jpg
比較的スペースに余裕を持って植えた、リンゴ3本と柿2本、共に、国華園で購入した苗。柿は当時、結構高価で、私には珍しいそこでの買い物。
一方、リンゴは、1本400円の超特価苗、私には、こんな暖地でリンゴができる?、半信半疑で、まず夢のリンゴにチャレンジしてみよう、と。

余談ですが、隣の黒い建物、これは、素人の方が趣味、独力で建て、今は倉庫等に使っているとか、これで2軒目、いろんな趣味があるものです。
d0122497_1754147.jpg
リンゴ3本、春先になっても、棒苗がなかなか発芽しなくて、安苗だから?、とか思ったが、暑さを感じるようになってから、急に新梢が伸び始めた。
リンゴも私には、初物の果樹、今後どんな樹形にするか?、悩むところ。差し当たり、和梨のような、覚えたて開心仕立てが適当なのか?

リンゴ栽培先輩諸氏にお聞きしたいのは、今年は、新梢をこのまま伸ばし続け、今は何も手を加える必要が無い?、それとも何か?
結構、樹間に距離があり、長梢栽培も可と考えます。仕立て上、今年中に何かやるべき処置があれば、ご教示お願いします。
[PR]
by gardenshimada | 2012-05-20 18:17 |  リンゴ (林檎)

ぶどう、3年目「翆峰」、今年は花穂がデカくて、早く開花しそう


         2012.5.19、連日の乾燥、朝冷えて9.6℃昼暑い26.1℃


ぶどう話題、今年の「翆 峰」は、花穂がデカくて、開花が早そう

d0122497_1771130.jpg
3年目、「翆峰」棚の一部しか撮れてないが、今年の花穂は、頭(先端)がデカ(全体が大きい)くて、他の早生種以上に花が早く咲きそう。
木が成長して来たので、当然とも思うが、昨年比、花穂が日々大きく育ち、その大きさでは他を圧倒中、巨峰系でも成熟粒は、最大クラス。

花穂の1次整形(房作り)
d0122497_17294914.jpg
d0122497_17311240.jpg
気温の上昇と共に、蔓も伸びるが、花穂の成長も早い。普通は、6月上旬開花と思っていたが、今月中に咲くかも知れない、急ぎ花穂整形を。
デッカイ頭(先端)はチョン切って、取り敢えず、この程度に留めておきましょうか?、またその後の摘粒も大変で、「翆峰」は、1房25粒程度かな?

本来早い筈の、「キングデラ」や「巨峰」の花穂は?

d0122497_17453295.jpg
我が家の巨峰(5年目)は、早生系で既に房作りを一部終えている、開花の兆候はそう感じない。早生の「キングデラ」、毎年早いのはこれだが。
4年目「キングデラ」は、副穂を切ったくらいで、まだ房作りはやっていない。できれば他種に切り替えたい品種なので、つい後回し。

ぶどう接木の様子、休眠枝高接ぎ、なかなか発芽せず

d0122497_17583120.jpg
接いだのは、5月3日、確かに芽は膨らんでいるが、そこから進展が無くて、この接木は、失敗に終わるのだろうか?、まだ穂木は枯れてない。
休眠枝の接木は初めて、朝夕は涼しいが、昼間のこの暑さ、ポリ袋をまだ掛ける必要があるのだろうか?、今日、2種を試しに外してみた。

ぶどう接木、緑枝接木を始める

d0122497_1810610.jpg
ぶどうの接木は、この緑枝接ぎが高確率で活着するようです、昨年試しに、2種2本やったら、私には珍しく2本とも繋がってました。
既に、この画像以外に、巨峰のカーテンに「シャインマスカット」を数本接いだり、まだ時期的に早いのかな?、袋は掛けたのかな?、
昨年のことは、思い出せない。
[PR]
by gardenshimada | 2012-05-19 18:22 |  翠 峰 (Suiho)


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧