<   2012年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

「桜桃」の接木、素人の疑問、ポリ袋は何時外すべきか?


      2012.3.30、これぞ春の陽気、今日の気温 5.1℃19.2℃


         接木初心者の疑問、ポリ袋は、何時外せば良いか?、「桜桃」の場合
d0122497_18115746.jpg
        我が家の新設「桜桃鉢栽培置き場」、合計28鉢の内、昨秋から今年3月にかけて接木した数は、計18鉢。
        今年始めた接木初心者、接木当初のポリ袋は、接木後1ヶ月経過すれば外しても良い?、自己判断で殆ど外した。

        特に、「桜桃」は、最も接木し易い果樹と聞いていたので、早くポリ袋を外してみたが、どうもこれは、問題がありそう
        早いのは、3月中旬にポリ袋を外したものも数種。この時期は、最低気温も低いし、乾燥度も。芽が萎縮しているものも。

         そんなに早くポリ袋外したら駄目よ! 」、と、ホワイトモグタン氏
d0122497_1912673.jpg
        接いだ穂木は、死んではいないが、芽に新鮮味が無いので、果樹の総合ドクター「ホワイトモグタン先生」に尋ねたら、
        「穂木が活着し、新芽が伸びてポリ袋を突き破る寸前位までポリ袋は外さない。また除袋は、快晴日も避けること、など」

        そこで、今日は、芽に元気の無い6種について、接木のやり直しを行った。素人接木、お陰で第一の疑問は何とか解消。

         この接木、穂木の芽はどうだろうか?
d0122497_19252646.jpg
        まだ寒い頃、早い時期に接木して、ポリ袋も3月中頃外してしまった。芽の膨らみがやや遅れているようだが・・。
        あちこち接いで、もう穂木が無くなってしまったので、これはこのまま置いておこう、気温上昇で芽が膨らむだろう。
d0122497_19371161.jpg
        接木以外の10種10鉢(2年目4種4鉢(暖地桜桃含む)、今年の新苗6種6鉢)、これ等も少し芽が膨らんで来た状態。
        この桜桃鉢場は、この状態で、春を迎えることにしよう。不調の接木苗(鉢)が出ても、これは初年度の接木の学習。

         昨秋の接木、ナポレオン、他の品種に接ぎ変えた挿し木は、芽が膨らみ
d0122497_19533934.jpg
        台木が青葉桜だったので、昨秋接いだ切除後のナポレオン接木、テストも兼ねて、「温室もどき」内に挿し木。
        温度、湿度等の条件が揃えば、除袋でも育つことが分かった。接木の問題点は、寒さと乾燥だなぁ~、がよく分かる。

         この多品種接ぎも、早くからポリ袋を外して
d0122497_2062359.jpg
        地植えの青葉桜台木、早い時期から接木練習に大いに利用、やはり地植えの方が、やや早く芽の動きがあるようだ。
        鉢植えより地力に勝ると云うことか?、「高砂」がやや危ない感じがするが、これはお遊びテストなので、このままで。

        「桜桃」だけは、早くポリ袋を外してみたが、他の果樹は、まだ除袋していない。新芽が充分展葉するまで放っておこう。
[PR]
by gardenshimada | 2012-03-30 20:20 |  サクランボ(桜桃)

主要「夏野菜」の育苗と、直播きの発芽状態

  2012.3.28、何たる春の異変照ったり曇ったり降ったり、強風も


         我が家の夏野菜オンパレード、先ずは育苗苗から、メインは、トマト
d0122497_15405552.jpg
        HCでは、昨日あたりから新苗トマトが店頭に並び始めたが、流石にプロの技はたいしたものです、立派な新苗。
        それに引き換え、私の発芽育苗トマト苗は、画像の如く、頼り無い苗、昨日から外部に出して、自然気温と太陽に。

        こんな「ヘナチョコ苗」でも、来月中には立派な苗に育てて、4月下旬頃には定植できると思う。確かに寒さが堪えた。
        タキイの「ホーム桃太郎」75本、初作りサカタの「瑞栄」18本、総て大玉種。100本に少し足りないが、まぁいいだろう。

         カボチャキュウリナス、まだ未発芽もあるが、まぁ順当かな?
d0122497_1624753.jpg
d0122497_1632282.jpg
        3種とも、種蒔きしたのが、3月12日、自家製の保温発芽器、寒さで、なかなか発芽適温にならず、ゆっくり発芽。
        今回は、ナスの発芽率が大変良くて、昨年の残り種のキュウリが悪い。保存状態にもよるが、種は新鮮なものに限る?
d0122497_1613129.jpg
        植え場所は、既に黒マルチも掛けて準備済み。総て、来月末~5月当初に定植。ピーマンは、買い苗を4~5苗程。

         ついでに、キャベツ苗も育苗中
d0122497_16205728.jpg
        これも育ちが遅くて、総て今年の寒さのせいにしておいて、これも昨日から外気に当てて、自然温に慣らし中。

         直播き、発芽中のもの、ホウレンソウゴボウ人参
d0122497_16282260.jpg
d0122497_16285125.jpg
d0122497_16292622.jpg
        種蒔き自体が遅かったので、ベテランの野菜作りの皆さんから見ると、「何と遅い!」と言われそうだが、まぁまぁ・・。
        過って、ゴボウと人参作りは、下手くそで、袋利用作りをしたことあるが、畝を高くして直播きは今回初めて、素人同然。

         チョット育ちの良い「玉葱」なども
d0122497_16415950.jpg
        今年の玉葱は、早生の「泉州中高黄」を初めて作ってみた。毎年種から育てているが毎年品種を変えてみる。
        もうすぐ初収穫できそうな気配。採れ立て新鮮玉葱も美味いですなぁ~。両サイドの「イチゴ」は女房の力作、さて?

         今日、植え付けした「里芋
d0122497_16515192.jpg
        昨年の里芋、4株保温して種芋にするべく畝に残していたが、掘り上げてみたら、2/3腐ってる。仕方なく1Kg購入。
        里芋も、いろんな種類を今迄作ってみたが、やはり「赤芽大吉」が一番旨い。里芋の煮物が大好物で、外せない芋。
d0122497_1712578.jpg
d0122497_1714136.jpg
        里芋の植え付けは、我が家の畑で最も水はけの悪い、雨降れば長くドロドロの大湿地、夏の乾燥に弱いので適地?
        種芋植え付け後、黒マルチを掛けて保温、5月下旬頃かな?、芽が突き上げてきたらマルチの穴を開ける。

         今後植える、スイカカボチャの用地
d0122497_17142370.jpg
        休耕田で、最も水はけの良い場所を選んで、早くから、その用地作りをしておいた。より水平にしたり多少の肥料も。
        昨日、苗を植える盛り土の底に、元肥を入れ、準備完了、植え付けは4月中旬。一雨後に黒マルチを張る予定。

        長々と画像を貼り、今一時、果樹も一段落、夏野菜もまだトウモロコシ、オクラ、モロヘイヤ、来月から忙しくなる。
[PR]
by gardenshimada | 2012-03-28 17:35 | 趣味の 野菜

2年目「暖地桜桃」に、「ジャボレー穂木」を接ぐ


    2012.3.26、照ったり曇ったり、まだ風が冷たいが、春はもうすぐ


               2年目の「暖地桜桃」、蕾房は1つだけ
d0122497_1637513.jpg
               2年目の「暖地(中国)桜桃」、剪定はしない方が良いと聞いていたので、一切剪定無し。
               今年は蕾が1ヶ所だけ、そろそろ開花?、樹高は良く伸びて、根元から最先端150cm強。
               この暖地桜桃に、何時ぞや「ジャボレー」を接いでみたいと、S.F.TaKaさんと会話したことがあった

         S.F.TaKaさんから、「ジャボレー」の穂木が届いた
d0122497_173518.jpg
d0122497_16493013.jpg
        宅急便で届いた新鮮な「ジャボレー」の穂木2本、よく覚えていて下さった。その写真を撮るのも忘れて、即、接木を。
        2本の穂木は、余す事無く、4本に小分けして、さて何処に接ぐ?、そう思案する事無く画像の箇所に接いでしまった。

        暖地桜桃も、まだ実った姿を見てないので、当面、双方を生かしたい気分。4の接木は不要に思えたが、おまけ。
        総て満足に接木が成功するとは思えないが、接いでいる時は、100%成功のことしか考えないド素人です。
d0122497_1795648.jpg
        一応ポリ袋を掛け、接木は総て完了。活着を待つだけですが、この位置での接木、大間違いでしょうか?
        穂木の先端部を切らない方が良かったのかな?、とも思ったのですが、これでも問題無いですね?

        「ジャボレー」と云うサクランボ、本場山形では、鳥も食わない代物と仰るが、私なんぞ、黒く熟れた実は、生食に充分。
        チョット酸っぱくて、如何にも健康果実と云う感じ。何よりも、これで作ったジャムが、これまた美味くて、色よし味よし

        何とか上手く接木が成功してくれて、何時の日にか「ジャボレー」鈴生りに期待。S.F.TaKaさん、有難うございました。
[PR]
by gardenshimada | 2012-03-26 17:40 |  サクランボ(桜桃)

「ニホンミツバチ」、今年も期待は薄いが、「待ち受け巣箱」を設置


       2012.3.25、陽は照るが、肌寒い日、風強く、弱い春一番?


         今年も期待は薄いが、「ニホンミツバチ」の飛来を待つ、待受け巣箱の設置
d0122497_16385166.jpg
        「ニホンミツバチ」の分蜂群、今年も飛来の気配は少なく感じるが、やはり来てくれると嬉しいので、待受け巣箱の設置。
        今年は今迄放置しっぱなし、今日、綺麗に巣箱を清掃、バーナーで焼き消毒して、蜜蝋も塗り直し、同じ場所に。
        桜の咲く頃から、偵察蜂も動き出すだろうし・・。

        巣箱の残骸も、2年間置きっぱなし、こういう粗雑で自然な方が、ニホンミツバチも安心して飛来するか?、と (笑)。
        相変わらず、ニホンミツバチの減少を漏れ聞いているので、それ程期待はしないが、果樹や野菜の為に有益な昆虫。

         今年、開花が期待できそうな、ミス・ムフェット
d0122497_1658281.jpg
        昨年は、全く花芽が付かなかった「ミス・ムフェット」、今年は、それらしきものが幾つか付いているので、開花するかも?
        私の個人的な見解では、金陵辺より、ニホンミツバチを誘引する力が優れているように思う。キンにも少し花芽あり。

         これは、ミス・ムフェットの花芽か?、葉芽か?
d0122497_177459.jpg
d0122497_177152.jpg
        私はまだベテランでは無いので、この花芽と葉芽の見分け区分が難しくて、花芽と思ったら葉芽だったり。
        「ニホンミツバチ」の分蜂群の飛来は、当方では、GW前後から、4月下旬位から咲き始めてくれれば丁度良い。

        沢山咲かなくても、2鉢咲いてくれればそれで充分、花は咲けども蜂の姿なし、これも予想される昨今、寂しくなる自然界。
[PR]
by gardenshimada | 2012-03-25 17:27 | 日本ミツバチ

初接木、「柿」を当面最後に、今年は各種果樹の接木、計130ヶ所試行した

        2012.3.23、今日は1日、土砂降り模様、しかし、暖かい


          昨日で、最後の「」接木を総て終えた、各種果樹の初接木、130ヶ所
d0122497_11442188.jpg
        昨年は、大豊作だった「富有柿」、しかし、味は今一で、今年はドッサリ寒肥も入れたが、接木で少し樹種変更も。
        柿の接木は大変難しい、と聞いているが、今回はこの「富有」に、5種、10箇所の接木を試みた。さて何本成功する?

         枯れそうな古柿にも、一応、4種接木
d0122497_22203882.jpg
        昨冬、大伐採、当初勢いの良い太い新梢が、各伐採枝から育っていたが、少し強めの風が吹くと根元からポロッ。
        この不可解な現象が分からないが、多分、この古柿が相当弱っていた?、カイガラムシの巣窟になっていたのも事実。

        その後、頼り無い新梢が5本出たが、これも勢いのあるものでなく、育つ気配は感じないが、一応4本に接木してみた。
        例え、この古柿が枯れ朽ちても、全く後悔や残念にも思わない。両サイドの柑橘畑や、リンゴ、柿新種が育ってくれれば。

         今年初の接木、7種の果樹に、接木総数130本以上、「例、ネーブルには」
d0122497_1248081.jpg
        今年初めて私が接木にトライする、と云うので、ブログ友のホワイトモグタンさん、日本一の果実さん、釣りキチさん。
        そして、私のブログを見ていると云う未知の方から穂木が届いたり、お陰で多数の接木にトライできました。

        初接木は、桜桃に始まり、ポポー、枇杷、ぶどう、柑橘類、スモモ、柿と、まだ現状では成否は確認できませんが、
        まず穂木を提供頂いた皆さんに感謝いたします、本当に有難いことでした。

        もし接木の成功率が高いとするならば、まず第1に新鮮な良穂木を頂いたこと。
        2番目は、堅牢でシャープな切れ味の手打ち接木刀が、私の稚拙な接木手法を50%助けてくれたと感じます。

        こと接木は、開けてみないと(時期が来ないと)結果は分かりません、まず成功率80%を目指したいですね。
        次の接木は、ぶどうの休眠枝高接ぎ、樹液の流れが止まる5月頃が適期とか。その頃には、今迄の接木の成否が・・。 
[PR]
by gardenshimada | 2012-03-23 13:43 |  柿

3年目ぶどう棚、アーチ屋根にビニール雨避け張り終える


           2012.3.21、穏やかな春到来を思わせる、暖かな1日


         3年目、アーチ屋根の1棚、雨避けのビニールを張り終える
d0122497_16553865.jpg
d0122497_16561868.jpg
        昨年8月だったか?、2回目の台風襲来前に雨避けビニールを外して以来、昨日まで露天にしていたが、再度設置。
        ビニール掛けは、結構な労働、今日は微風好天、昨日消毒も済ませたことだし、新芽も動き出し、今日が最良日と。

         昨年使った、「コートバンド」に問題あり
d0122497_17124742.jpg
        昨年使ったビニール雨避け押さえバンド、紫色のもの、初めて使ったので、安物で良しと思ったが、1年でボロボロ。
        完全に切れはしなかったが、これほど弱い品質のものとは!、そこで今年は、セキスイの黒のコートバンドを購入。

        流石にこれは強そう、往年、TVの屋内配線に使ったフィダー線と同様、両サイドに細い針金が入っている。
        材質は、少し硬めだが、これなら簡単には切れないだろうし、相当長持ちしそうな感じ。最初からこれにしておけば。
d0122497_17301311.jpg
        コートバンドを張り終えて、材質がやや硬めな為か?、バンドのネジレも少なく、張る手間が比較的簡単だったような。
        しかし、ビニール張りは、この10m程度の棚でも結構しんどい作業、できれば今後2年間程度は、このままの状態で。

        問題は、台風来襲時、昨年は、1回目の台風の方が強烈だったが、このビニールアーチは充分耐えてくれた。
        今年、どの程度の台風が来るか?、余程強烈なものでない限り、テストも兼ねてビニールアーチ雨避けは外さず、と。

         今年の「ぶどう新苗サニードルチェ」、新芽が動き出した
d0122497_1750497.jpg
        我が家では、17品種目の新苗、バラディ×ルビーオクヤマの純欧州種、そう大粒種ではないが、美しい鮮紅色らしい。
        ジベ処理可能で、皮のまま食べれる、爽やかな「青リンゴ」の香りがすると云うのが、この品種選択の最大理由。

        苗は、桜桃などと共に、イシドウさんから買ったが、ことぶどうについては、実に頼り無い苗で、多少心配もあったが、
        苗は細くて根数が少なくても、欧州種特有の旺盛な生育をしてくれるだろうと期待。今年は主枝が10m程度伸びるかな? 
[PR]
by gardenshimada | 2012-03-21 18:12 | ぶどう 作業メモ

「ぶどう」、懸案の薬剤(石灰硫黄合剤+ベンレート)散布を終える


    2012.3.20、今日の気温 -1.413.5℃昼間は、微風温暖


         ぶどう」、芽が膨らみ始めた品種も数種
d0122497_17405845.jpg
        今冬は、例年にない寒さだったので、萌芽も遅いと思っているが、ここ数日の温暖日で芽が膨らみ始めた数種。
        概して早い、巨峰系、欧州種は、まだ芽の動きはそれ程感じられない。

         今日は温暖微風、絶好、懸案の薬剤(石灰硫黄合剤+ベンレート)散布日
d0122497_1756678.jpg
        私には容量の多過ぎる「石灰硫黄合剤」、それでもこの10ℓが市販されている最少単位。5年で使い切れるか?
        10ℓでも重いし少量小分けするのも大変、私は、100均の手動ポンプを利用している。今回の必要量は、750cc。

        今回の散布総量は、15ℓ、石灰硫黄合剤 20倍、ベンレート水和剤 500倍、それに少々の展着剤、恒例の散布液。

         石灰硫黄合剤は、長年使い慣れてる、とは云え、散布は難しい
d0122497_18183746.jpg
d0122497_18194721.jpg
        今日は絶好の薬剤散布日、とは云え、時折風が舞う、その度に硫黄を浴び、すぐ全身が硫黄臭、時に目に入り痛い。
        特に苦労するのは、建物に密着気味の「ぶどう」に散布する時は気を使う。鉄材も錆びるし。直後洗えばすぐ落ちるが。

         これで「ぶどう」の薬剤散布は、萌芽展葉まで、1ヶ月半~2ヶ月弱、安心して生育を観察できるかな?        
[PR]
by gardenshimada | 2012-03-20 18:49 | ぶどう 作業メモ

「桃」2年目、蕾の状態など、ブルーベリーにも蕾が少し


     2012.3.19、太陽照るが、風強し、予定のぶどう消毒は出来ず


         2年目と初年度の2本、まだ蕾は硬い?
d0122497_16513359.jpg
        桃入門2年生、昨年と今年各1本の超初心者、当面はこれで充分と思っているが、また数を増やしたい欲が出るか?
        ↑ の画像では、バックと同化して枝の状況など分からないので、後ろに白バックを立ててみたが・・。
d0122497_17082.jpg
        2年目「夢あさま」の成長具合は、こんなもんでしょうか?、「玉うさぎ」は、昨秋植えたところ。双方とも自家受粉種。

         ホワイトモグタンさんの仕立てに興味を持ち、「Y樹形」に
d0122497_17786.jpg
        左側の溝は先日掘ったところ。この場所は水はけが悪く、桃は加湿を嫌うらしい、この溝でも多雨時は効果あり。

         今日の桃、蕾の状態は?
d0122497_17154253.jpg
        双方とも、1部分しか撮れてないが、2年目の「夢あさま」は、結構な数の蕾が付いている、今年初生りはありや?

         昨秋植えた「玉うさぎ」、反対側へ伸ばす第1種枝は、どの芽から?
d0122497_1721358.jpg
        少~し芽が動き出してきたかな?。できれば下の方の芽を、第1主枝にしたいと思っているが、都合よく伸びる?

         話変わって、「ブルーベリー」他を植え直した場所など
d0122497_17302398.jpg
d0122497_17305984.jpg
        この場所は、過去ジャングル状になっていた所、何時ぞや、多少苦労して余分な木やアケヒなど伐採して整備。
        その際、雑木に埋もれていた「ブルーベリー」2本、随分昔女房が植えたらしいが、育ちも悪く名も知れず。
d0122497_1740256.jpg
        えらいもんですねぇ~、植え直したら、ヒョロヒョロの「ブルーベリー」にも少しだけ蕾が付いて。実るかな?
        考えてみれば、この場所は、水はけも良く、果樹類を植えるには1等地。もったいなくも長い間放置していた所。

        スモモの接木が上手くいったら、傍には露地桜桃もあるし、第3の果樹場になる?、いや、そうしたい所でもある。
        そう意欲的に手を広げる積りは無いが、負担が掛かり過ぎない程度に、楽しめる場所にしたいと考えるのであります。
[PR]
by gardenshimada | 2012-03-19 18:02 |  桃

「トマト」、セルトレイの芽出し苗を、ポットに移植


            2012.3.17、朝から暖かい春の雨最高気温13℃


         雨の降る日は、トマトの1次移植でも
d0122497_16134956.jpg
        キャベツもトマト育苗苗も、発芽率は良かったが、その後の自然育苗は天候不順もあり、たいして育たずの大徒長苗。
        これ以上、セルトレイで育苗しても育ちに限度あり、と思い、今日は雨降りだし、ポットへ移植、2次育苗することに。

         トマト、セルトレイからポットへの移植作業
d0122497_1627467.jpg
d0122497_16271745.jpg
        細かい作業、セルトレイの1穴1苗づつ、スプーンで掘り出して、まず小型のポットへ移植、良い苗を作るには不可欠。
        これである程度育て、根の充実を図り、次にまた一回り大きなポットへ移植、2次成長を図り、最後の畑への定植へと。

         今回のトマト移植は、70苗
d0122497_1642965.jpg
        セルトレイの苗の育ちにムラがあり、今日移植できたのは、タキイのホーム桃太郎52苗、サカタの瑞栄18苗、計70苗
        予定の100苗に足らないが、後のセルトレイの育ちに期待して、時期的にもこれで充分かな?、それにキャベツが25苗。

         倉庫兼温室で、苗の生長を待つ
d0122497_16544084.jpg
        この不出来な「温室もどき」でも、太陽さえ照ってくれれば、20℃を下ることは無いので自然育苗、今後の気候次第。
        温度が確保できるよう、透明ポリで苗箱の外側を包み、適当に空気穴を開けている。力強く育ってくれること期待しつつ。
 
        来月(4月)中に定植できれば充分なので、そう急ぎもせず。定植用の畑畝は、昨日黒マルチで覆い、準備は総て完了。
[PR]
by gardenshimada | 2012-03-17 17:10 | トマト、種蒔きから収穫まで

今年初植えの「キウイ 4本」、少~し芽が膨らんできた


   2012.3.16、早朝はマイナス気温昼頃から急に暖かく明日は雨?


         今年初植えの「新設キウイ棚 4種」の育苗状態は?
d0122497_16163234.jpg
d0122497_16174147.jpg
        なかなか芽の膨らみが感じられなかったキウイ新苗4種、やっと3種にその兆候が。寒い今年はこんな程度?
        グリーン系ジャンボ種「香翠」、♂苗の「孫悟空」、「トムリ」に、芽の動き、全く感じられない「ジャンボイエロー」。

        本命のイエロー系ジャンボ種、その名の通り「ジャンボイエロー」、現状は画像の通りで発芽の兆候が無い。
        前回の植え直しで、細根が多く立派な根鉢状態だったので、そう心配はしてないが、問題なく萌芽するでしょうか?

        初物は、何かと気になったり、不要な心配をしたり。「ジャンボイエロー」は短く切り戻し過ぎたのが、気を揉む要因?
[PR]
by gardenshimada | 2012-03-16 16:44 |  キウイ


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

お気に入りブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

人気ジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧