<   2012年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ぶどう主体に、「トラサイドA」を散布、桜桃、桃、スモモ、柿にも


        2012.2.29、今日から春陽気?、氷も張らず気温も急上昇


         明日は晴れるが、その後1週間は、雨や曇天続き
d0122497_17365052.jpg
        上図表は、こちら近辺の明日以降6日間の天気予報、春へ向かって季節の変わり目、芽出しの雨が続きそうです。
        気温も0℃以下になることも無く、果樹に野菜、草花も、総ての植物が動き出す、いよいよ春本番到来ですね~。

        気になっていた「トラサイドA」を、ぶどう主体に、桜桃、桃、スモモ等に散布
d0122497_17505752.jpg
d0122497_175861.jpg
        ぶどうには、昨年11月下旬に散布予定だったが、昨年末はぶどうの落葉が遅くて、結局年明けの今になって。
        ぶどうは、「ブドウトラカミキリ」、その他の果樹は、「コスカシバ」の駆除。晩秋に出来ない場合は、今の時期でもOK。

        最近、接木などに興味を持ち、楽な作業に慣れていたので、薬剤散布、面倒で「しんどいなぁ~」と思いながら、
        3月当初は雨が続きそうだし、散布時は、今日しか無いと。こういう作業を小まめにやらないと、駄目なんですね~。

        ぶどうの芽動き、水揚げもまだ感じられないが、薬剤散布しながらジックリ木を眺めてみたが、ほぼ順調な状況に感じる。
        2年目棚の3種は今年初生りするかなぁ~、3年目棚の「マニキュア」や「瀬戸ジャイアンツ」「赤嶺」、今年はどうかなぁ~?

        余談、時期外れの「ぶどう接木」、その後の経過は?
d0122497_18485897.jpg
        台木は、欧州種の挿し木「赤嶺」、試し接ぎ後15日目の今日の画像、ビニール袋を外して穂木の状態を見てみた。
        穂木は、欧州種と欧米雑種、まだ穂木は死なず、穂木の生命力だけで生きてる?、芽が膨らみだしたら奇跡だろうか?

        さぁ、そろそろサッカーが始まる、男女JAPANの試合は、にわかファン、楽しみだなぁ~。
[PR]
by gardenshimada | 2012-02-29 19:00 | ぶどう 作業メモ

「ポポー」と云う不可思議な果樹、頂いた実生苗の植樹と、また早目の接木も


    2012.2.28、昨日も、今朝は-3.5℃今日で冬は終わり春へ


         我が家の「実生ポポー」は、ほぼ10年経過、昨年やっと初花
d0122497_1371850.jpg
        10年程前、当時のガーデニング仲間から小さな実生ポポー苗木を頂き、5年で1m、今では最上部3mに育っている。
        昨年初花が咲いたが、総て落花、まだポポーの実を見たことも食べたことも無い。何とも不可思議な果樹らしい。

        ポポーは、1本のみでは、受粉しにくい果樹らしく、その辺りに詳しいブログ友、尾張方面の奇特な方がアドバイスと共に、
        貴重な実生(ウエールズ)苗木と、穂木を送って下さった。私の実生ポポーは、品種名も分からず、提供者も不明と言う。

        苗木の生長、花が咲くには数年掛かると思うが、2本あれば、かの不可思議なポポー果実を何れ初賞味できそう。
        お送り下さった苗木は、既に1m程度に成長しており、今後の成長は早く、花の咲きも意外と早いかも、と、大変楽しみ。

        同時に、ポポーの異品種穂木も頂き、早速初回の接木を試みた
d0122497_13471100.jpg
        時期的に、ポポーの接木はまだ早過ぎるかなぁ~?、と思いつつ、明日から春の陽気になると云うし・・・。
        ポポーの接木は、かなり活着率が悪いと聞いているので、今回は試し、時期をずらし、2回3回と分けてやってみようと。

        何でも初物は楽しいもので、私の疑問や要望に快く応えて下さった尾張の御仁(名人)に、厚くお礼申し上げ候。
        さぁ、明日以降、春一直線?、果樹に夏野菜他、趣味とは云え、あれもこれもと、追われるような日々になりそう。
[PR]
by gardenshimada | 2012-02-28 14:17 |  ポポー

なかなか膨らまない「枇杷の実」と、初めての枇杷接木

         2012.2.26、明日明後日は寒波?、過ぎれば春の到来?


         なかなか膨らまない枇杷の実、受粉してる?
d0122497_10342741.jpg
d0122497_10352198.jpg
        今年は、「実生9年枇杷」、「2年目の田中枇杷」、双方とも沢山の花房が付いたが、一向に幼果として膨らむ気配が?
        それでも少しは膨らんでる?、この1ヶ月間は、例年にない寒さだったので、相当遅れているのだろうか?

        昨年も、幼果らしい膨らみを感じたのは、4月以降だったので、ゆっくりジックリ待ってみよう。朽ちるか?、実るか?

         初の「枇杷接木」をやってみた
d0122497_1056670.jpg
d0122497_10561961.jpg
        枇杷の接木適期は、もう少し先?、と思っていたが、ベテランの方々が始められたので、私も初めての接木を2本。
        「居接ぎ」と「高接ぎ」、共に育てた実生枇杷に、何方かに頂いた「クイーン長崎」の穂木を接いでみた。

        勿論、接木後はビニール袋を被せて。初接木だが、育ち易い枇杷なので上手く繋がる予感はするが、接木は別か?

         2月28日、追記実生9年枇杷に、計9ヶ所の接木
d0122497_12485317.jpg
        枇杷の接木は、難しいとも聞くので、下手な接木も数やりゃ当たる?、合計9ヶ所接いでみた、結果は4~5月?
[PR]
by gardenshimada | 2012-02-26 11:13 |  枇杷

桜桃(サクランボ)、新しいダーレン台木苗を買ってしまった


    2012.2.24、もう春なの?、暖かい、今日の気温、5.9℃~12℃


         新しい、ダーレン台木の桜桃苗(紅秀峰)を追加で購入
d0122497_1552614.jpg
        今迄、「青葉桜台木」の桜桃苗しか購入していなかったが、何時ぞや桜桃ベテラン「しおさん」のブログに影響されて。
        新しい「ダーレン(大連)台木」が良さそうだ、の一言に、すぐ試したくなるのが私の野次馬的?おっちょこちょい気質。

        それで先日、山形のイシドウさんに、最初は一番安い佐藤錦(大泉系)と思っていたが、結局、紅秀峰を発注した。
        これなら、昨年購入した青葉桜台木の紅秀峰と、何処がどう違うか?、ジックリ観察できる、と思ったからだ。

        3日前に、イシドウさんに電話で発注、そしたら、山形は今、大雪、とても苗が掘り出せない、そうだね~今年は大雪だ。
        「暫く時間を下さい」とのことで、まぁ着くのは3月初旬?と思っていたら、何と、昨夕(23日)、例のデカ箱が到着。

        早速開梱、2mのデッカイ苗にまず驚き、ダーレンの特徴、根数と細根の多さ、根鉢の大きさに、再度、成程!、と。
        まず一晩水揚げして、明日植えようと。ところが、こんなに早く着くと思わないので、定植鉢も準備してない。

         参考までに、昨年購入の、「青葉桜台木紅秀峰」と比較
d0122497_16385361.jpg
        購入したのが、4月、かなり遅くて、苗もよく育っている、根鉢も、それ程見劣りがするものではないなぁ(昨年の画像)。

         早速、何時ものHCへ鉢を買いに走り、結局、65ℓ鉢を
d0122497_16523883.jpg
        一瞬、地植えにしようか、とも思ったが、やはり桜桃は鉢植えに統一しよう、しかし35ℓでは小さ過ぎる、45ℓ位?
        ところがそのHC、45が無くて、65ℓしか在庫が無い。値段もそう変わらないし、ここは一つ、65で頑張ってみるか。

        まずトップジンM粉剤500倍液で、10分ほど根を消毒、これは何でも新苗を植える時、何時もやる作業ですが。
        65ℓ鉢は、今迄使ったことが無く、まぁ、用土も半端な量では間に合いませんなぁ、少し足らないが、後日買い足そう。

        接木部から、40cm程度の芽の良さそうな所で切り戻し、随分立派な太い主幹で、良い穂木が沢山できましたぞ。
        この新鮮穂木は、露天地植え桜桃の、一番頼り無い木に、2箇所接木をしておいた。

         台木が長い、と云うことは、ヒコバエも出易い?
d0122497_17165556.jpg
        私は、それ程多くの桜桃新苗を買ってないが、こんなに長い台木(接木部の位置が高い)は、今迄見たことが無い。
        ダーレン台木の特徴?、ヒコバエが出易そうな予感はしますね、それと特徴の、台木負けの傾向は出てますね。

        さぁ、これは、どんな仕立て方をしますか?、桜桃鉢植えは、総て1本仕立てと決めてますが・・・。 
[PR]
by gardenshimada | 2012-02-24 17:35 |  サクランボ(桜桃)

新ぶどう棚、アーチ屋根にビニールを張る

        2012.2.22、今日は久々プラス気温、+1.9℃~10.8℃


         暖かさに作業も弾む、新ぶどう棚のアーチに、ビニールを張る
d0122497_1729449.jpg
        今日は暖かくて、屋外作業がかなり捗る。先日、トラクターで耕した畑の畝整地や、更に、夏野菜用の新畝を1本耕耘。
        更に気分が乗り、まだ早過ぎる「新ぶどう棚桜桃鉢置き場兼用」のアーチ屋根に雨避けビニールを張り付けた。

        張り終えてから、やっぱりこの「ぶどう棚」は、長さが足りなかった?、バラのパーゴラ転用なので。また継ぎ足せば。

         今は、過密な桜桃鉢置き場、新ぶどう棚の下へ「桜桃鉢」を幾つか移動予定
d0122497_17474810.jpg
d0122497_17492614.jpg
        夕方から、ポツポツ雨も降り始め、明日は1日雨予報、気温も今日同様暖かそうで、そろそろ屋根下本格活動も。
        雨降りの本格活動と云えば、「桜桃の居接ぎ」を早くやりたくて仕方ない。また誰かさんに、焦るな!、と笑われそう。

        今年の「ぶどう新苗サニードルチェ」、当然まだ発芽の兆候も無いが、今回は、高い棚位置で仕立てる予定。
        棚下に、桜桃鉢を幾つか置くので、2m40~50cmの棚上に蔓を這わせようと思っているが、予定通り育つかどうか?
[PR]
by gardenshimada | 2012-02-22 18:13 | ぶどう 作業メモ

今年の野菜芽出しは、廃物の電気食器乾燥器、再登場


   2012.2.20、朝は-3.8℃、その後寒気が緩み、やや春の気配?


        1ヶ月前に蒔いた「スナックエンドウ」の芽が出ない
d0122497_1775574.jpg
        別名「スナップエンドウ」とも言うらしいが、今年の寒さ、簡易温室内でも1ヶ月経過後も発芽の兆候が無い。
        本来は、昨晩秋に種蒔きし、厳しい冬を越し、育てる人が多いが、昨年冬に枯らしてしまったので、今年は春蒔きに。

        我が家の温室とは、こんなもの、勿論自作
d0122497_17194429.jpg
        まぁ、「温室もどき」とでも云いますか、屋根(天井)は板張り、南面と両サイドを透明ポリカ波板で囲う簡易なもの。
        昼間、太陽が照っていると厳冬期でも室内は、20℃位にはなるが、朝夕夜間は、寒さをモロに受け、温室とは云えず。

        そこで再登場、廃物の「電気食器乾燥器
d0122497_17374122.jpg
        今年は余程「電気発芽育苗器」の購入を検討したが、これも値段が高い割りに機能が不完全、一定温度の設定不可。
        「電気食器乾燥器」は、そのまま通電すると、高温になり過ぎて大変なことになるので、そこは工夫が必要。

        一昨年、「トマト」の発芽用に一度試用したことがあるが、これが大失敗、水管理と小まめな温度管理を怠った。
        市販の育苗器も同じだが、外気温(室温)にモロに影響され、発芽適温(20℃)の常時設定が大変難しい。
d0122497_175814100.jpg
        たいしたアイデァでは無いが、「電気ミニマット(50W)」を苗ポットの下に敷き、室温の状態で、スイッチをON・OFF。
        温度が上がり過ぎるようだと、苗ポット下の板の厚さで調整すると云う、スイッチ入切同様、大変面倒なもの。

        「電気ミニマット」は、HCや電気量販店で、1000円位の安い物。一晩中通電させるので電気代は掛かるが、僅か?
        50Wの為、発熱量はたいして高くなく、昨今の夜間早朝-4~-6℃の低気温では、器内の温度は10℃程度が難点。
        しかし、苗ポットの底から温度が伝わるので、それなりの効果はあると思う。

        一昨日から、この廃物利用で、「エンドウ」が、発芽して来た
d0122497_18281685.jpg
        「エンドウ」は、この状態で後10日程成長させれば、外へ出して畑へ定植するよう外気に慣らさなければ。
        次は、本命の「トマト」の芽出し、これも発芽適温20℃なので、今年は失敗しないよう、3月以降、発芽トレーで。
[PR]
by gardenshimada | 2012-02-20 18:45 | 趣味の 野菜

我が家の殺風景な、冬の果樹などの配置画像

     2012.2.18、雪予報も降らず、今日の気温 -3.2℃~4.6℃


         明日は更に寒い?、殺風景な庭を2階のベランダから眺める
d0122497_16552871.jpg
        今朝は雪?と、起床一番外を眺めたが形跡無し、確かに寒いが、太陽が照ったり曇ったり、意外とその感が少ない。
        話題に事欠き、今日は久々2階から我が雑然たる冬の外庭方面を眺めてみた。まだ緑の少ない春を待つ冷たい風景。

        1年前と変わったものは、昨秋から作り始めた「桜桃鉢置き場の屋根」、「新ぶどう棚」、今年の「キウイ棚」位か。
        5~6月になると、この辺りは、一面、緑一色に変化し、草花類も咲き乱れると思う。

         これまた、味も素っ気も無い、「ぶどう屋根や棚」
d0122497_17182650.jpg
        ぶどうも、まだ休眠から覚めず何の変化も無い、チラチラ見える菜園もまだ冬の装い、夏野菜の定植までは土のみ。
        昨年と今年の「桃」2本も、まだ小さくて、ぶどう棚に隠れて見えない。唯一の緑葉果樹「枇杷」も遠くてよく見えない。

         手入れの悪い休耕田も、今は殺風景の一語
d0122497_1733788.jpg
        休耕田の手前一部を菜園にしようとするが、何せ水はけが悪く、夏野菜も作る物が限られる。葉物野菜とか里芋など。
        早咲き菜の花は、早くから咲き、3月下旬になると晩生の菜花(油菜)が、左側(画像外も)一面咲く予定。

        この休耕田、奥(上部)へ行く程乾燥度が良く、最西端に今年の「スイカ」植え場所を既に準備、また定植前の手入れを。
        柑橘畑の奥、リンゴと柿を植えている、その右側もかなり広い空き地、整備すれば新果樹の植樹も可能だが・・。

        これ以上、果樹類を植えても、充分な手入れや世話をする自信が無く、また夏の雑草処理に悩むことになるだろう。
         
[PR]
by gardenshimada | 2012-02-18 18:01 | 趣味の 果樹

「スモモ」 再生計画、2本の10年物の接木に夢を馳せる

   2012.2.16、雨後、また寒さがぶり返し、この1週間、最後の冬か?


         伐採した10数年物のスモモ、接木に再生の夢を馳せる
d0122497_17321039.jpg
d0122497_1733137.jpg
        過って荒れ放題の名も知れぬ「スモモ」2本、一昨年冬、ホワイトモグタンさんのアドバイスを得て思い切りよく伐採。
        昨年、この2本とも元気の良い新梢が出て、それが太く育っている。それに今年は接木をトライし、蘇らせようと。

        スモモ1、2共、各4本(4種)程度接木をして、その時期の到来を待っているが、やはり適期は3月以降でしょうねぇ?
        特に、スモモ1の新梢は、接ぐ4本とも枝が太いので、素人接ぎ人の私には、何となく梃子摺りそうな予感。

         この30年物のスモモは、どうも枯れそう、枯れて悔い無し
d0122497_17535872.jpg
        これも一昨年、思い切り良く伐採したが、いろんな関係で枯れる時期が来ていたのか?、左の2本太枝は新梢も出ず。
        右の1本に、チョロッと新梢が出たが、これも頼り無い枝で、接木するだけの価値があるのかどうか?、迷うところ。

        枯れの原因は、幹や太枝の裏辺り、カイガラムシの巣窟になっており、多分、これが犯人だろうと思う。
        その代わり、ニホンミツバチの空巣箱を置いている辺りに、5ヶ所程、ヒコバエが出ている
d0122497_1895552.jpg
        木は死にかけたが根は生きている、その生存維持の為に芽吹き始めた?、しかし、これが育つには時間が掛かる?
        折角、生えてきたヒコバエなので、1本は育ててみようと思っているが、それなりの木に育つには10年位?

        今年は寒さが続くので、たいした話題の無い昨今、3月まで後2週間足らずだが、それ以降も春になるのだろうか?
[PR]
by gardenshimada | 2012-02-16 18:27 |  スモモ

今年の新苗 「リンゴ 3種」は、発芽するのか?


         2012.2.14、今日は1日雨、気温は+4~7℃で寒くも無し


         今年のリンゴ新苗3種(つがる、アルプスの乙女、ふじ)、無事発芽するか?
d0122497_13375472.jpg
        今日は1日中雨がシトシト、心なしか?、春の息吹を感じる。このまま気温が上がってくれれば良いが、また寒波到来?
        このリンゴ3苗は、昨秋11月に定植、この暖地で夢の真っ赤なリンゴができるのか?、と、半信半疑で植えてみた。

        苗は、ご存知国華園の特等苗、特等と云えば聞こえは良いが、3本1200円の超激安棒苗、試すには手頃な価格。
        この空き地、何時の頃からか、ノビルが一面に密生し出して、これはどう云う関係か?、つい先日、トラクターを転がしたり。

         新苗「リンゴ」は、発芽の兆し無し、これは寒さの関係か?
d0122497_141413.jpg
        まだ苗が冬眠中でしょうね?、まさか死に苗ではなかろう、何時かの和梨苗同様、気温の上昇と共に、一気に発芽?
        初めての果樹は、その様子も分からないし、気になるものです。ぶどう新苗も未発芽、それは経験で全く気にならず。

         隣の「」2種、今年で3年目、その様子も少し
d0122497_1419329.jpg
        「花御所」は、昨年2年目で3個初生り、期待通りの美味い柿だった。樹高も2mを超え、順調に育っていると思う。
        「興津20号」は、今年は初生りしてくれる?、と期待。樹高は160cm程度。双方とも、この樹形で当面OKなりや?

         余談、またこの時期に、ぶどうの居接ぎテスト、台木は、挿し木の「赤嶺」
d0122497_14312775.jpg
        昨年挿し木した欧州種の「赤嶺」がよく育って、捨てるのも、もったいないので、この際鉢増しし、居接ぎをやってみた。
        この時期に休眠枝の接木をやるのは、どの教科書や諸先輩の教えに無いことだが、どんな結果が出るか?興味本位で。

        台木は根が充実した欧州種の「赤嶺」、穂木は12月以来冷蔵庫保存していた「欧米雑種」と「欧州種」の3種3本。
        まず、この時期にぶどうの接木が成功するのか?、台木と穂木の親和性は?、もし接げれば早い成長が見込める。
        と、まぁ、セオリーに無いことをやってみるのも、雨の日の楽しみの1つかも。   
[PR]
by gardenshimada | 2012-02-14 15:09 |  リンゴ (林檎)

今年も「トマト」作りには、気合が入る、種購入と畝作り

       2012.2.12、少し寒さが緩んだが・・、明日明後日と雨予報


          夏野菜、「トマト」だけは、毎年気合が入る、今年の種の購入
d0122497_1523381.jpg
        今年は余程、「電気保温発芽育苗器」を買おうかと思ったが、結局止めて、種蒔きには早過ぎるが、種をHCで購入。
        やはり私の味の好みは、タキイの「ホーム桃太郎」、それに今回初めて、サカタの「瑞栄(すいえい)」を買ってみた。

        トマトは、毎年100本定植を目標に苗を育てるが、昨年は苗の出来が悪く、一昨年は水害で駄目、今年こそは何とか。
        問題は、如何に苗を上手に発芽させ育てるか?、今年は、夜間早朝低気温が続いているので、どう工夫するか?

        昨今、「トマト」の効用、中性脂肪を減らし肥満を抑えるなど、多大な薬効のある野菜、夏野菜では不可欠なものである。
        完熟「トマト」は、生食でも美味いし、冷凍保存すれば1年中使える、我が家では極めて重宝な夏野菜、力が入る。

          トマトの定植は、4月下旬~5月上旬であるが、早目に畝作り
d0122497_1681179.jpg
d0122497_1684574.jpg
        昨夏は、スイカで大豊作だった場所(今冬野菜は、大根、キャベツ、白菜の後畝)に、今年は、トマトを植える。
        まず、苦土石灰を軽く撒き最初の耕耘、次に、バーク堆肥と発酵鶏糞を適量撒き、2回目の耕耘、更にもう1回耕す。

        今年の元肥は有機主体、前作の残肥もあるし。定植後、結実し出したら、追肥として化成肥料を入れることになる。
        この状態で、暫く畝(土壌)を熟成させ、黒マルチを被せようと。トマトは雨避けがあれば良いらしいが、私は常に露天栽培。

          後、夏野菜、不足分の種も買ってきた
d0122497_16351781.jpg
        昨年の残り種が多数残っているので、補充したのはこの程度。トマト程気合が入らないので、少数作るだけ。
        スイカは、苗を買う予定。マスクメロンをどうしようか?迷ったが、今年は植え場所の確保が難しく見送りの予定。

        いずれにしても、夏野菜の種蒔きは、3月以降から、果樹もあるし、こりゃ~ぁ、忙しくなりそう。久々の野菜話題でした。
[PR]
by gardenshimada | 2012-02-12 16:49 | トマト、種蒔きから収穫まで


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧