<   2011年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今年のブドウ新苗4種 (ビアンコ、シャイン、昭平紅、ゴルビー)、成長の記録

            8月31日、台風の影響?、蒸し暑過ぎる、高温警報発令中


            今年のブドウ新苗4種、生長の現況

            その1、ロザリオ ビアンコ (欧州種)、新短梢栽培の実践
d0122497_1454252.jpg
d0122497_14554299.jpg
           定植時、最も細かった苗も、今では、幹の太さ(発芽部)が、22mmと、最も成長した。この品種も大器晩成型?
           主枝、副枝共、約2mで摘心、伸びる副梢は、約1mで摘心する、と云う新短梢栽培、現状経過は順調と思える。

            その2、昭平紅 (欧州種)、新短梢栽培の実践
d0122497_15155163.jpg
d0122497_15163540.jpg
           元気の良さでは、ロザリオビアンコ以上。幹の太さ(発芽部)は、21mmと、ほぼ同程度。副梢の伸びも活発。
           これも新短梢栽培の初実践なので、主枝副枝共、2m程度で摘心することにより、副梢を充実させる、という栽培。

            その3、シャイン マスカット (欧米雑種)、新短梢栽培の実践
d0122497_15281016.jpg
d0122497_15282273.jpg
           これが問題の苗(HCの半枯れ)。主枝副枝とも、良く伸びているが、幹の太さ(発芽部)では、20mmに至らず。
           副梢の伸びにムラがあり、主枝副枝の両先端部は、良く伸びるが、中間部の力強さに難あり。

            棚の上部から見てみると
d0122497_15415395.jpg
           手前から、「昭平紅」、「シャインマスカット」、「ロザリオビアンコ」と続く、超過密な品種配置棚。
           主枝誘導線を、地上高165cmと、低くし、副梢をV字形に伸ばしている状態。来年、どんな結果が出るか?

            その4、育たない ゴルビー (欧米雑種)、普通棚栽培
d0122497_15524210.jpg
d0122497_15525675.jpg
           両サイドの鉢の真ん中に地植えしているのが、ゴルビー。葉が白いのは、先日、ボルドー液を散布したため。
           苗は、HCの半枯れ接木苗、苗も虚弱だったが、植え場所も、やや湿り気が多く、不適切だった?、案の定、育ちが悪い。

           幹の太さ(発芽部)も、10mm程度で、本来の半分以下。蔓も2m程度の伸びしかない。
           これを今後、どのように強く育てるか?、来春、植え場所の変更も含めて、何とか、ゴルビーの再生を目指したい。
[PR]
by gardenshimada | 2011-08-31 16:11 |  ロザリオ ビアンコ

いちじく 「バナーネ 秋果」 が、熟れ始めた

             8月30日、続く猛暑、昼間は暑くて、外仕事何も出来ず


            いちじく(バナーネ) 、3年目になると、生り数がグッと増えた
d0122497_16205663.jpg
d0122497_1621991.jpg
           我が家の「いちじく」は、「バナーネ」1品種のみ。見よう見真似の一文字仕立てで、今年3年目、秋果が熟れ始めた。
           露天「巨峰」の下に植えているが、元気の良い「バナーネ」新梢が、多数の実を付け、巨峰を追い越してしまった。

           「いちじく」は、女房の大好物で、収穫もお任せ。一応、鳥避けらしきキラキラテープを張っているが、余り効果なし。

            秋果が熟れ始めたが、少し色付くと鳥の攻撃
d0122497_16412097.jpg
d0122497_16413349.jpg
           防鳥網で完全防備すれば良いのだが、私が積極的に食べないので、今年は、沢山生っているのに無防備状態。
           当初、カラスかな?、と思っていたが、野生鳩が周りをヒョコヒョコ歩いている、どうやら犯人はツガイの鳩のようである。

           「いちじく」の生長の早いこと、3年目ともなると、木も一段と大きくなり、今年の秋果は、鈴生り状態。
           来年は、何とか、あの超デッカイ夏果を生らせてみたいと思っているが、冬越しする余力が木にできたかどうか?

            挿し木2年目もグングン伸びる、バナーネ
d0122497_1772132.jpg
           昨年、増やす気も無く挿しておいたら、簡単に活着して、今春、捨てるのも不憫なので、休耕田の端に定植、放任。
           驚く程、良く育ちますね~。樹高は既に2mをかなり超え、初果も多数、これもまた、鳥の餌になってしまうのか?
[PR]
by gardenshimada | 2011-08-30 17:20 |  いちじく

暑い日の「冷凍ぶどう」は、最高に美味い!

            8月29日、果樹類の防除で大汗、この残暑、猛暑は一体?


            この暑さ冷凍ぶどうは、最高に美味い!

             我が家の 新 「ぶどう専用冷凍庫
d0122497_152721.jpg
           ぶどうを収穫し、冷蔵庫で保存、生食で食べれる量は、ほんの僅か。余ったぶどうは、このように冷凍庫で長期保存。
           ぶどうは、粒を外し、簡単に水洗い、品種別に適量パック詰めにし冷凍庫へ。ぶどうは生食も美味いが、冷凍も格別。

            冷凍ぶどう、暑い日は、アイスクリーム代わりに
d0122497_1547280.jpg
           「巨峰」も「紅伊豆」も、生食では、本来皮を食べる品種ではないが、冷凍して1粒口に入れると、抵抗無く皮も食せる。
           凍った硬いぶどうもよし、少し融かしてシャーベット状になったのもまたよし。夫々好みで是非ご賞味オススメします。

            冷凍ぶどうの丸カジリは、種無しが不可欠
d0122497_1622387.jpg
           今迄収穫した、「巨峰」と「紅伊豆」は、ジベレリン処理が上手く効き、殆どの粒が種無しになっている。
           丸カジリで種があると、ガリッと噛み砕いてしまい、折角の冷凍ぶどうの食感が台無し、種無しは不可欠と云える。

           冷凍ぶどうは、季節外れ、真冬のデザートにも良いのでは?、何時まで味が変わらず長期冷凍保存できるか?
[PR]
by gardenshimada | 2011-08-29 16:22 |  巨 峰

初生りは、お粗末ぶどう 「マニキュアフィンガー」、1粒初味見


     8月28日、早朝の涼しい内に、冬野菜の畝作りを終えてぶどうを撮る


            2年目「マニキュアフィンガー」、初生りは、お粗末な房だが、熟れてきた
d0122497_11193958.jpg
d0122497_11195337.jpg
           このブドウは、神経質で難しいのでしょう?、初生りで7房生らせて、しかもジベ処理、生理障害が発生した模様。
           不都合な粒を、ドンドン摘粒したら、結果、こんな房になってしまった。しかし、何とか熟れてきたので、良とすべし?

            1粒初採り、糖度や食味は?、まだ早過ぎた
d0122497_11311070.jpg
           このぶどうも、大器晩成型なんですね、基本の樹が成長しないと満足な粒や房ができない。欧州種に共通の現象?
           1粒採って、糖度を計ってみたが、やはり低い、17.1度。ジベ処理もしたが、この粒は、種が1個残っていた。

           「マニキュアフィンガー」は、植原葡萄研究所で交配作出されたぶどう、熟期は、9月中旬から10月のやや晩生種。
           最大果粒は、13g、糖度は、18~19度少々が成木で、若木期の大房は難しいようだ。最短でも4~5年の辛抱。

           食味食感は、1粒だけなので、何とも云えないが、皮ごと食べれるあっさり味?、かなり好みが分かれるブドウかな?
[PR]
by gardenshimada | 2011-08-28 12:00 |  マニキュアフィンガー

2年目初生りぶどう、「高妻」、1房試し採り


            8月27日、暑さは続く、各地で豪雨、こちらは一滴も降らず


            2年目初生り「高妻」、予想以上に早く進む熟度
d0122497_15584985.jpg
d0122497_1622976.jpg
           「高妻」は、晩生種と思い込んでいたが、熟成が意外に早いので、再度調べたら、山梨では、9月上旬の熟期らしい。
           2年目で、これだけの大粒大房ができる巨峰系黒ぶどう、何度見ても驚く。そこで、最南端の1房を試し採り。

             最もよく熟れていると思う1房、恒例、重さや糖度を計ってみた
d0122497_1616442.jpg
d0122497_16162212.jpg
           初生りにしては、粒も房も形良く揃っており、ジベ処理も適時適合したと思える。樹勢も適当に強く、育て易い品種。
           粒も大きく、最大は22g程度に達するらしい。30粒程度に摘粒すると、600g強の房となり、この程度が理想形のようだ。

           糖度も想像以上に進んでいて、棚持ちの良い品種らしく、21度程度は期待できるようである。
           問題の食味、食感、これがまた何とも云えないコクのある味、まろやかでジューシー、最高の巨峰系品種と思う

            番外画像、「瀬戸ジャイアンツ」、1粒初味見、驚きの糖度、美味い!
d0122497_16435248.jpg
d0122497_1644449.jpg
           熟期は、9月中旬以降と、のんびり構えているが、そろそろ気になり始め、1粒初味見、糖度も計ってみた。
           初生りなので、粒も房も小さいが・・、(これが欧州種の特徴ですね)、まだ未熟と思えるが、糖度の高さに驚き。

           初回ジベ処理、2回目+フルメットも処理済、種無しは成功するも、粒の大きさは、初生りではこの程度が限度か?
           20g程度の大粒大房、特徴の桃のような溝のある粒、これは、4~5年経過、樹の生長と共に現れる現象だろう、と。
[PR]
by gardenshimada | 2011-08-27 17:15 |  高 妻 (Takatsuma)

2年目初生りぶどう、早生種 「紅伊豆」、総て収穫

       8月26日、今日は真夏日? 、朝の草刈で大汗、最高気温35℃?


            2年目初生り「紅伊豆」、早生種なので、もう収穫しなければ
d0122497_14461081.jpg
d0122497_14462663.jpg
           10日前に2房試し採り、その後、少し紅色が強くなったかな?、糖度も幾らか上がっただろう?
           本来は、7月下旬~8月上旬が熟期の早生種、幼木初生りなので、まだ色の薄い粒もあるが、総て収穫しよう。

            残り房は、僅か10房、デカ粒もあり、糖度も、こんなもんだろう
d0122497_1563470.jpg
d0122497_1564938.jpg
           初生りなので、各房とも20粒か、それ以下に摘粒、10房でも2キロ少々しかないが、平均的に大粒が多い。
           ジベ処理も完全に成功、糖度は、もう少し上がっている?、と思ったが、18.5度。初生りは、こんなもんだろう? 

           赤粒巨峰系「紅伊豆」、総て期待通りのぶどうで、来年3年目が大いに楽しみ。どんな粒や房に充実、変化するか?

            番外画像、初生り「赤嶺」が、なかなか色付かない
d0122497_15335237.jpg
           「甲斐路」の枝代わり「赤嶺」、山梨方面では、9月上旬~の熟期らしいが、当方では色付く気配が全く無い。
           初生りだから?、それとも気温の関係?、鹿児島のぶどう園では、10月頃から色付くこともあるらしい。

           急ぐ気持ちは全く無いが、今、苗購入先「植原葡萄研究所」へ、画像添付で問い合わせ中。どんな返事が来るか?

             ブログUP後、植原社長からメール返事が来ていました

         皆さんの参考になると思いますので、全文紹介します


いつもありがとうございます。赤嶺についてお返事いたします。立派なブログモ拝見いたしました。この品種は純粋欧州種です。欧米雑種と異なり大器晩成型でして最初は房も粒も小さく、着色も遅く、年齢を経るに従いだんだんよくなってくるタイプです。4~6年目にはかなりいい木になるはずです。成木は10年くらいです。写真の粒の肩の辺りがほのかに薄いピンクに変わっているように見受けます。9月から10月まで観察してください。なお、ジベレリン処理には不適な品種です。果実の軸が硬化しすぎて商品価値が下がり、ブルームが落ちてテカテカに光り、これも商品価値を落とします。しかも着色が遅れ不揃いになります。誰も成功しておりませんから今では誰も処理しなくなりました。次年度は無処理になさるようおすすめいたします。サニー・ドルチェならジベ処理で種なしになり着色もまあまあいいですからこちらの方がおすすめです。甲斐路もジベ処理がうまくいきません。残念ながらだんだん消えていくことになりそうです。皮ごと食べられ種なしの品種が主流の世の中になりそうです。私の園の赤嶺は老木になり成木時代のいい色にはなりません。10年~25年の頃が最高でした。50年生の甲斐路はもう限界で生きているだけです。ブドウと人間は寿命がほぼ同じようで70歳を超えた私と似たり寄ったりでいい実を付けてくれません。写真をお送りします。老木の赤嶺です。まだ紙袋の中ですが先端の塩化ビニール傘の房は着色し始めました。木本の房はまだ青いです。35年生ぐらいだと思います。ご参照下さい。また今後ともよろしくお願いいたします。植原宣紘
[PR]
by gardenshimada | 2011-08-26 15:51 |  紅 伊 豆

我が家の小さな柑橘畑、「温州みかん」の育ち具合を見る

            8月25日、雨が降ったり止んだり蒸し暑く鬱陶しい一日


            4年目の我が家の小さな柑橘畑
d0122497_16713.jpg
           この場所に、10本の柑橘類を植えているが、温州みかんを主に、内6本は、今年で4年目を迎える。
           柑橘類の木の成長の遅いこと、なかなか大きく育たない。樹高は高いもので、1.5m位、こんなもんかな?

            昨秋植えた極早生の「日南1号」、初年度で小さな実が付いた
d0122497_1621242.jpg
           ヒョロヒョロの木に、当初5個の実が付いたが、余りにも頼りない木なので、先日2果摘果、初生りは、3果とした。

             4年目の「温州みかん 4種」、今年の生り数は、過去最高だが・・・
d0122497_16304536.jpg
d0122497_16305978.jpg
d0122497_16311560.jpg
d0122497_16313165.jpg
           今年は、摘果を極力少なく、4本で、現在、60~70個の実が付いている。最も元気に育っているのは、上野早生。
           熟期は、それぞれ違うが、健在の実の大きさは、4本ともほぼ同じ大きさ。順調な生育状態?

             3年目でも、全く実らない晩生種「大津4号
d0122497_1647361.jpg
           木の育ち方が、どうもおかしい。上へ伸びずに横へ拡がる、本来なら2年目で花も咲き、少し実も生るのだが・・。

              ポンカン」は、今年沢山実っている
d0122497_1654746.jpg
           4年目のポンカン、今年は生理落果に任せて、殆ど摘果せず、長く落果するので、丁度良い果数になったような?
           ポンカンは、私の好きな柑橘で、このまま完熟まで残ってくれれば、結構な収穫量になると思うのだが。

           以上の他、伊予柑、レモンは、全く実が付かず、これは昨冬の異常な寒さ(-6℃)が影響したのだろうか?
           後、グレープフルーツらしき木が枯れ、今、台木のカラタチが育っており、それに今春、何かみかんを接ぐ予定。
           
[PR]
by gardenshimada | 2011-08-25 17:11 |  温州みかん

今年の「柿」は、豊作?、防除も摘果も抜かりなく


             8月24日、結局、雨は降らず暑い一日、真夏に逆戻り?


            今年の「富有柿」と「次郎柿」は、豊作?
d0122497_1665053.jpg
d0122497_167426.jpg
d0122497_1672051.jpg
d0122497_1673120.jpg
           双方とも植えて8~10年経過?、毎年、剪定はおろか、薬剤散布や摘果などしたことなく、昨年は1個も生らず。
           今年は、剪定、施肥こそしていないが、薬剤散布は数回、初めて摘果も行った。そのお陰?、沢山実が付いた。

           ほんのチョットした心掛けで、こうも違うものか?、ここ数日は、天候が不安定なので、数日後は、再防除しよう。

             2年目の「花御所」と、「興津20号
d0122497_16291679.jpg
           期待の「花御所」、2年目で初果を3個付け、その後落果もせず、順調に育っている模様。何とか熟すまで持って欲しい。
           「興津20号」も、やや頼りないが、木は元気に育っているので、初果は、来年に期待しよう。

            大伐採の「古柿」、その後
d0122497_1643683.jpg
           ホワイトモグタンさんのアドバイスで、再生目指し伐採した古柿、その後多数の新梢が発芽、現状残るのは、この数。
           と云うのは、新梢が40~50cm伸び、少し強い風が吹くと、根元からポロッと落ちることが多かった。
           これは古柿(皮が厚い)故?、それとも根元を齧る害虫でもいたのか?、何度か薬剤散布もして現状に至っている。

           何とか現状を保ち、来春は、難しいと云われている柿の接木にチャレンジし、3品種程、接いでみたいと考えている。
[PR]
by gardenshimada | 2011-08-24 17:09 |  柿

続 「巨峰」の収穫、露天全部と、屋根あり4房だけ

                 8月23日、午後から雨予報も降らず蒸し暑い


            露天栽培の「巨峰」2本、今年は台風で枝が折れ、僅か16房
d0122497_14222447.jpg
d0122497_14223571.jpg
           挿し木3年目、完全露天栽培の「巨峰」、花穂だけ雨に当てないようにして、どの程度露天でできるか?、実験中。
           丁度、花穂をポリ袋で覆っていた時、台風来襲、それが仇となり、花穂や枝が折れ、今年は僅か16房のみ。

            総て熟れていると判断、事前に糖度も計らず収穫したが・・
d0122497_14383654.jpg
d0122497_14385310.jpg
           16房で、実質4.4キロ程度、大粒で大きな房もあるが、やはり露天栽培、中にはお粗末な房も数房。
           この露天栽培の場所は、朝日当たらず、西日ガンガンの西面、昨年は、日照日が多く、最も早く熟れ収穫したが、
           今年は、早梅雨の影響など、強い日照日が少なかった為、熟れ時期が遅れたと思える。

           総て収穫し終えて(僅か16房だが)、糖度を計ったら、17度台、え~っ、意外に低い!、昨日が高過ぎただけに・・。
           この糖度でも充分甘い、ほぼ標準?。昨日の巨峰のカーテンが甘過ぎた。ぶどうは日照が最も大事なこと痛感

            屋根あり、4年目本命「巨峰」は?
d0122497_15123833.jpg
d0122497_15125243.jpg
            4年目で、やっと粒や房が揃って来たな、と、感じさせる「巨峰」。これは慎重に糖度など吟味しながら採ろうと。

            そこで1房採って、糖度など計ってみたら、かなり熟れてる
d0122497_1525309.jpg
           この粒に房、更にこの糖度なら申し分無いだろうと、続けて3房採ってみた。

            後の3房の糖度は、17度台
d0122497_15302353.jpg
           そして、3房の糖度を計ったら、何と、17度台、あ~、これはまだ採るには早過ぎた。熟れ房の糖度の見分けは難しい
           結局、屋根あり「巨峰」は、4房収穫しただけで、後数日、熟度が上がるまで、ゆっくり待つことにした。           
[PR]
by gardenshimada | 2011-08-23 15:22 |  巨 峰

2年目 「巨峰のカーテン」、予想以上の熟度進行で、17房全収穫

       8月22日、朝寒いと思ったら太陽激照り、真夏の暑さに逆戻り


            挿し木3年目、「巨峰のカーテン」の熟れ具合を見てみたら
d0122497_16504338.jpg
d0122497_16511828.jpg
d0122497_16531392.jpg
           巨峰は、完熟にはもう少々と、のんびり構えて・・、どれ、熟れ具合は?、と、2~3房開袋したら、どえらく熟れている。
           この10日間の熟れ進行が予想以上に早く、、まず巨峰は、このカーテンから全房収穫することにした。

            17房全部収穫 約4キロ、その糖度に驚いた
d0122497_1773054.jpg
d0122497_1774528.jpg
d0122497_178216.jpg
           そう云えば、この「巨峰のカーテン」、東面で朝日がよく当たり、3ヶ所の巨峰の中では、最も開花が早かった。
           粒の大きさは、今迄巨峰系の「翠峰」「紅伊豆」「藤稔」の大粒を見ていたので、然程大きさは感じないが、

           2~3粒摘んでみて、その極甘に驚き、糖度を計ってまた驚き、巨峰で23度近い極甘なんてあるの?、初経験。

           今日は、時間の都合で、「巨峰のカーテン」しか収穫できなかったが、明日は、露天と棚の巨峰、全部収穫しよう
           全部収穫すると、巨峰だけでも相当な量になる、配るべき所へ配っても、我々だけでは短期間に食べれる量ではない。

            そこで急遽、ぶどう専用冷凍庫、購入
d0122497_1740747.jpg
           完熟ぶどうの冷凍は、昨年賞味済で、ジベ処理で種無しにすると、まるで純生シャーベット、年中美味しく賞味できる。
           完熟房は、サッと軽く洗って、粒を外し、適当量パック詰めにして冷凍する、すると、巨峰でも皮も抵抗無く食せる。
           勿論、皮をむいてもOKだが。

           ぶどうは、一度に沢山食べれない、何せブドウ糖そのものですから、少量長く食べる、是非冷凍を試されては?
[PR]
by gardenshimada | 2011-08-22 18:07 |  巨 峰


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧