<   2011年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ぶどう、今年の新苗棚3種(昭平紅、シャイン、ビアンコ)、成長の記録


              8月31日、昭平紅 (欧州種)、新短梢栽培の実践

d0122497_15155163.jpg
d0122497_15163540.jpg
           元気の良さでは、ロザリオビアンコ以上。幹の太さ(発芽部)は、21mmと、ほぼ同程度。副梢の伸びも活発。
           これも新短梢栽培の初実践なので、主枝副枝共、2m程度で摘心することにより、副梢を充実させる、という栽培。


            7月31日、今年の ぶどう新苗3種新短梢栽培の初実践


            その1、昭平紅 (欧州種)
d0122497_14375615.jpg
d0122497_14385680.jpg
d0122497_14391369.jpg
           約10mの棚に3種植える過密栽培、左から「昭平紅」、「シャインマスカット」、「ロザリオビアンコ」と云う配置。
           従って、この「昭平紅」は、L字形一文字仕立てに。各主枝共、2mで摘心、副梢を伸ばす段階に入っている。

           「昭平紅」は、欧州種、流石に樹勢は強く、副梢の伸び方(充実)も旺盛、これが新短梢栽培の特徴なのだろう?
           主枝誘導線を低く(150cm)しているので、副梢は、約45°の角度で伸ばし、1m程度で摘心する。

            その2、シャイン マスカット (欧米雑種)
d0122497_1572960.jpg
d0122497_15869.jpg
d0122497_1582481.jpg
           「シャインマスカット」は、現在の人気品種なので、棚の中央に植え、水平一文字仕立て、2つの主枝は2mで摘心。
           買い苗(HC)の経過が悪いので、1年遅れの新苗だが、現状勢い良く生育中だが、実は、不安も大きい。

           樹勢は、両サイドの欧州種に比べ落ち着きがあり、育て易い感触は受けるが、副梢の伸びにムラが多い。
           葉がチジレたり、美しさが無いのは、この品種の特徴だろうか?、欧州種の葉が美しいので、余計に目立つ。

            その3、ロザリオ ビアンコ (欧州種)
d0122497_15321124.jpg
d0122497_15322623.jpg
d0122497_15324198.jpg
           当初、生育が遅く、この品種の萌芽の遅さは定評らしい。しかし今では、「昭平紅」に劣らぬ樹勢の強さがある。
           敢えて難しい品種を選んだような気がするが、名門血統(ロザキ×アレキ)のぶどうは、育ててみたいもの。

           「ロザリオビアンコ」も、スペースの関係で、L字形一文字仕立てにし、両主枝は、2mで摘心、副梢伸ばしの段階。

           新短梢の狙いは、短く摘心することにより、樹冠の早い拡大と副梢の充実を図るように理解しているが・・。
           果たして、来年どのような結果が出るのか?、低い位置で摘粒作業などが出来るのは、確かに楽だと思う。

           
[PR]
by gardenshimada | 2011-07-31 16:04 |  昭 平 紅

涼秋~冬仕事で、「雨避け、桜桃専用鉢置き場」を作る気になっている


    7月30日、桜桃(サクランボ)の鉢植え栽培に、かなり興味を持っている


           当初は、このぶどう棚の間に、雨避け鉢置き場を作る予定だったが
d0122497_13271951.jpg
           今年から、私の新しい果樹として、桜桃3種(紅秀峰、佐藤錦、高砂)+暖地桜桃の鉢植え栽培を始めた。
           その切っ掛けは、山形の桜桃プロ、S.F.TaKaさんのアドバイス。放置10年物露天桜桃3本、再生へのチャレンジ。

           それが呼び水となり、限られたスペースで、桜桃を鉢植えで育てる、果たして鉢栽培でどの程度できるのか?
           それを試したくて、鉢置き場を検討していたが、このぶどう棚の間では無理、このスペースは、ぶどうの為に今後必要。

           そこで新たに決めたのが、この場所、4~5年前までは、バラが咲き乱れていたが
d0122497_1411396.jpg
d0122497_1432999.jpg
           この程度のスペースで、今は殆どバラが残らないパーゴラを一部利用して、新たな雨避けパーゴラを計画中。
           桜桃も、後3種程新苗を増やし、6鉢は置けるだろうか?、前面は桜桃、奥の既パーゴラはブドウを這わせる。

           新パーゴラは、専門の2×4材で作り、ガーデニングに充分溶け込む鉢植え桜桃と、ぶどうをこの場でも試みたい
           作業は、涼しくなってから始めて、冬仕事で完成させる。屋根は、取り外しアーチにするか?、固定にするか?

           ちなみに、バラ最盛期は、こんな状態だった
d0122497_143016.jpg
           この画像は、5月前半のもので、まだバラが殆ど咲いていない時のもの。この過去画像しか見当たらなくて。
           バラ変じて果樹となる也。(結局・・、バラの世話より、棘のない果樹の方が楽なんです)
[PR]
by gardenshimada | 2011-07-30 14:51 |  サクランボ(桜桃)

「スイカ」、採り時到来、「ネットメロン」は、後10日?

         7月29日、スイカは、嬉しい大豊作、随分高騰しているようで・・


            やっと採り時到来のスイカ畑、葉は峠を越え衰え始めた
d0122497_1423364.jpg
d0122497_144169.jpg
           一時のジャングル状の茂りから見れば、葉も黄色さが目立ち、隙間も増え、スイカの姿が分かり易くなって来た。
           平均的受粉日から計算すると、そろそろ採り時到来、今年はスイカの大豊作、この畑に20数個、ゴロゴロと。

           どのスイカが早かったのか分からない放任栽培、黒より縦縞が早かった筈、と、この2個を今日採ることにした。
           既に、3個早採りをして試食済み、その結果から、もう大丈夫だろうと。巻き髭も充分枯れているし。

            どうかなぁ~?、と、思いながら、今朝採った2個のスイカ
d0122497_14272023.jpg
d0122497_14275431.jpg
           いざ採る段になると、こっちの方が早そう?、とか、迷いながら。こんなに沢山スイカが生ったこと無いので、素人は迷う。
           そして恒例の計量、10キロ超えの大玉では無いが、まぁまぁの玉、これでも市価では、2~3000円するんじゃないの?

              さてさて、問題の中味は?、まず大きい方を切ってみた
d0122497_14393393.jpg
d0122497_14403427.jpg
           種無しスイカ苗を植えた筈無いのに、えらい種が少ないなぁ~。この切る時が、チョッピリ不安で楽しい瞬間。
           そして糖度測定、当然12度以上と思いきや、チョット残念の11.9、まぁ似たようなもんか・・、摘んだら結構甘い。

           ラップで表面を覆い、冷蔵庫に入れて置くと、追熟されるのか?、糖度が0.2~0.3上がるが、皆さんはどう思う? 

            ついでに、ネットメロン(パンナTF) 、初収穫は、10日後か?
d0122497_1514371.jpg
d0122497_1521976.jpg
           メロンも放任栽培故、定かな受粉日は分からないが、この品種は、受粉後60日が収穫日、とすると、後10日位。
           メロンも、大予想外の豊作(着果数だけ)で、僅か3本の苗で、10数個程ゴロゴロ。試し採りにはまだ早い。

            遅く着果した方が、枯れ始めている
d0122497_15134578.jpg
           葉が黄色くなり、後10日、持ちますかねぇ~?、放任は最後まで貫き、このままの状態で後10日程置く積り。

            最大玉は、健在、これが美味いメロンで食せたら
d0122497_1795661.jpg
           チョット蔓の状態が、ヤバそうだが、後10日位は何とか持ち応えるだろう、と、楽観しているが・・・。
           メロンも収穫して食味する、が、目的だが、今となっては育てる過程が興味あり、不味くても落胆は無いと思う。

           ネットメロンを素人が半ば放任で作り、収穫追熟して美味く食せたら、これこそフロックだと思っている私です。
[PR]
by gardenshimada | 2011-07-29 15:39 | スイカ

「巨峰」が、色付きから熟れ始めへ、後1週間?


            7月28日、不安定な天気が続くが、雨降らず蒸し暑い


            4年目の「巨峰」、初採りは1週間~10日後?
d0122497_15512975.jpg
d0122497_15514271.jpg
           今年は天候不順日が多かった為?、屋根あり「巨峰」が最も熟度が進んでいる。が、昨年比1週間は遅れる見込み。
           4年目ともなると、樹の成長により、粒房がかなり揃って来た。色付き(熟度)が揃わないのは、天候不順のせい?

            デカ房は、600gを幾ら超えられるか?
d0122497_1675291.jpg
           今年の「巨峰」は、平均的に大粒房が多く、2回のジベ処理も上手くいった模様。この2房などは、600g超の見込み。
           1房平均30粒程度に摘粒しているので、大きいのは、1粒、20gを超えるものも?、嬉しい成果も間近か!

            今年の挿し木3年目「露天の巨峰」は?
d0122497_16204430.jpg
           昨年は、「露天の巨峰」が最も早く熟れ、初採りは、7月31日、そう云えば、激暑の連続の去年だった。
           今年の「露天巨峰」は、初回の台風でポリ袋で花穂を覆った新梢が10本程折れ、房数の少ない巨峰になった。
[PR]
by gardenshimada | 2011-07-28 16:39 |  巨 峰

温州みかんは、概ね豊作、しかし、その他柑橘類が全く駄目


      7月27日、温州みかん以外は、まるで駄目、何故生らぬその他柑橘


            生らしたいが、生らない柑橘トリオ
d0122497_14565872.jpg
d0122497_14571119.jpg
           「デコポン」は、昨年鉢植えで小果だが3個初収穫、その美味さに大気に入り、昨秋地植えに移植、せめて5果をと。
           ところが、今日現在残るのは、1果のみ。移植のストレスと、今冬の異常な寒さ(-6℃)が影響したのか?

           「はるみ」は、デコポン同様今年で3年目、これも昨秋地植えに変更、未だに花すら咲かない。

           「ネーブル」は、植えて10年程度経過すると思う。その後雑木やバラの陰に隠れ目立たず弱弱しく育っていた。
           今冬、周囲を伐採、日当たりを良くしたら、花が多数咲き、幼果も10数個付いていたが、結局、今残るのは1果のみ。

            幼果すら付かない「レモン」と、枯れたグレープフルーツ?」台木から新芽が育つ
d0122497_15303280.jpg
           今年多数花が咲いた「レモン」、今年は10果はいけるぞ、と思っていたら、幼果も付かず、これは一体?
           レモンの開花は、温州みかんよりやや遅れていたので、みかん類と一緒に消毒、あれが原因?、今の蕾は何?

           枯れた柑橘から、カラタチ台木の新芽が育つ、これは来年の接木台にと、大事に育てている。
           この他、「伊予柑」は、今年全く実が付かず、「シークワーサー」は枯れかけている、「ユズ」は昨秋植えた新苗。

            しかし、温州みかん(5種)と、ポンカンだけは好調
d0122497_15534544.jpg
           摘果もボツボツ、まだ生理落果もあるだろう、と、今年は全く焦りもせず、のんびり様子を見ている。
           温州みかんとポンカンは、今年で4年目の樹が主。まだ樹は小さいが、多数実を付けて、冬の収穫が楽しみなところ。
[PR]
by gardenshimada | 2011-07-27 16:08 |  その他 柑橘類

巨峰系2年目初生り(紅伊豆、翠峰、高妻、藤稔)、今日の粒や房の現況

        
          8月6日、2年目初生り、これも大粒 「紅伊豆」、成長の記録


d0122497_15295796.jpg
           流石早生種、この10日間で急速に色付きが進んだ。袋を開ける度に、赤色が濃くなって、如何にも熟れてるぞ!
           まず最初に味見できるのがこの品種、実付きは良いし、美味いし、大粒で、「紅伊豆」を選んだこと、大満足。

            この品種も楕円粒、3.8cm程度、まだ大きくなる気がする
d0122497_15415469.jpg
           もう数日で熟期を迎えるのか?、既に初味見を2粒3粒、まだ完熟ではないが、これが上品な甘さで大気に入り。

            唯一の欠点は、熟すと粒がポロリと落ち易い、だから流通しない
d0122497_15494492.jpg
d0122497_1551113.jpg
           粒が予想以上急速に大きくなるので、小さ目の袋を被せていると、除袋時に熟れ粒は、簡単に脱粒してしまう。
           それで、早目早目に味見できる訳だが・・。ぶどうは、房の上部から熟れ始め、完熟は、最下部粒の甘みで判断。

           どの房(12房)も完熟に至って無いが、ポロリと外れた粒と、この画像最上部の1粒を採って計量などしてみた。
           糖度は、18度でも充分甘いが、完熟品は、19~20度らしい、後1週間程度で達成できる数値と思う。


          7月26日、またまた「ぶどう話題」、食傷気味の方、御免なさい

              2年目初生り、巨峰系4倍体4種の粒や房を、袋を外し点検してみた


            その1、紅 伊 豆
d0122497_17354718.jpg
d0122497_17361981.jpg
           7月下旬~8月中旬に熟れると云う、極早生品種、まだ色付き粒は少なく、これも初生りによる遅れなのかも知れない。
           かなり多めに摘粒したためか?、予想以上に大きな粒、初生りで12房も付けて心配していたが、元気に育っている。
           我が家では、数少ない赤大粒種、この特徴ある品種を選んだことに満足し、香り豊かな鮮紅色の初完熟を待ちたいところ。

            その2、翠 峰
d0122497_1750342.jpg
d0122497_1750161.jpg
           初生りでも、如何にもデカ玉の片鱗は充分感じる粒。長楕円形の極大粒(1粒20gに迫る)とか。楽しみな品種。
           大粒種故、2年目初生りで9房は多過ぎる?、と思いつつ、これ以上減らせなかった、熟期は9月上旬~。

            その3、高 妻
d0122497_18343370.jpg
d0122497_18344769.jpg
           巨峰系の中では、晩生種に分類されるようであるが、当地での色付きと粒の良さでは、目を見張るものがある。
           これも極大粒種で、最大では1粒22gに達するという。初生りで12房、比較的作り易い高品質種として定評あり。

            その4、藤 稔
d0122497_185126.jpg
d0122497_18511732.jpg
           この4種の中では、最も樹に勢いの無かった藤稔。その結果は、初生りの粒や房に正直に現れた、それには理由がある。
           苗は決して悪く無かったが、生育途中で移植したこと、またその植え場所の土質が悪い、更に、品種を甘く見ていた。
d0122497_1962898.jpg
           やや、まともと思える房は、2つだけ、後の5房は、果軸も極端に曲がり、何ともお粗末な初生り房となった。
           これも後で考えると原因が思い当たる、開花時期が揃わなかった為、ジベ処理を2~3回やってしまった誤り。
           これでは「藤稔」に申し訳無いので、土質改善に努めること、そしてゴルフボール大の粒に1度チャレンジすること。

           確かに巨峰系品種は、純欧州種と比べ、樹勢に落ち着きがあり、簡単とは言えないが育てる安心感がある。
           云わば、2年目初生りは、フロック(まぐれ当たり)のようなもので、来年に向け、より良いものを、の、気概大。           
[PR]
by gardenshimada | 2011-07-26 19:49 |  紅 伊 豆

その後の「マニキュアフィンガー」、大胆な摘粒で、生理障害は解消されたか?


         7月25日、朝から雨予報も降らず、そろそろ空が暗くなってきた


           見すぼらしい房になったマニキュアフィンガー、生理障害は解消された模様

           上段、今日の画像。下段、20日前の画像。
d0122497_14113049.jpg
d0122497_14123391.jpg
           本業の桜桃同様、ぶどうにも詳しいS.F.TaKaさんのご指摘で、粒の枯れが生理障害と分かり、大胆に摘粒を行った
           それ以降、粒の付け根付近の腐敗(黒ずみ)や、粒の枯れ込み症状は無くなった。幼木に房の付け過ぎの典型症状。
           2年目初生りでは、如何に樹勢が強いとは云え、精々2~3房に制限して様子を見るべきだった。

           2年目初生りに7房、しかもジベ処理で、こんな異型の房にもなる
d0122497_1434282.jpg
           「マニキュアフィンガー」と云う欧州種ぶどうは、実に神経質?、ナイーブな品種のように思う。(ユニコーン×パラディ)
           初生りから、ジベレリン処理までやったものだから、粒も肥大し、房が落ち着かない。素人のやることは恐ろしい。

           お陰で、品種の特徴も、身を持って体験することで少し理解でき、来年は更に慎重に対応できると思う。
           他の2年目欧州種(瀬戸ジャイアンツ、赤嶺、しまねスイート)では、粒房は小さいが、現状問題は起こっていない。

           欧州種の樹勢の強さは格別、2~3日も放置すると、こんな具合
d0122497_15161336.jpg
           勢い良く太く伸びる副梢(新梢)を、必要と思える葉数だけ残し、今日は総て欠き取り、実に勢力を集中させることに。
d0122497_1521227.jpg
           画像は、「マニキュアフィンガー」と、「瀬戸ジャイアンツ」棚の葉。葉も健康状態を見るバロメーターですね?
[PR]
by gardenshimada | 2011-07-25 15:30 |  マニキュアフィンガー

我が家に1種だけあるイチジク(バナーネ)、夏果は、どうすればできる?

         7月24日、そろそろ新鮮なブログネタも尽きる頃、激暑に再突入


            我が家に1種だけあるイチジク、バナーネ2本、3年目
d0122497_16161573.jpg
d0122497_16162756.jpg
           イチジクの成長は目を見張るものがある。一昨年、小さな挿し木苗を頂き、今年3年目で、こんなに大きく育って来た。
           露天の「巨峰」の下に、低い位置で、一文字仕立てをしているが、今年も小さな秋果が無数に実を付けている。

           イチジクの上の、「露天巨峰」は、前々回の台風で袋掛けした新梢が飛ばされ根元から折損、今年の生り数は少ない。

            秋果は小さくても甘くて、それなりに良いが、ドデカイ夏果を収穫してみたい
d0122497_16374561.jpg
           これは、秋果の今日の一部画像。

            昨年、夏果を収穫したくて、今冬、先端部に残る小実を残してみたが・・
d0122497_16463838.jpg
           この画像は、昨年12月のもの。秋果が終わり、その年伸びた先端部に、まだ硬い果実が幾つか残っている。
           これが冬越しすれば、翌年大きな夏果に育つのだろう、と、残していたが、春には全数腐って落果。

           この落果は、今冬の異常な寒さに耐えられなかった?、または、樹が若木で未成熟、生理落果なのか?
           落果後は、総て2芽残して剪定。そして、今春また勢い良く新芽が伸び、秋果が多数実を付けている。

           新芽が伸びる段階で、摘心することにより、夏果が出来ると云う話を聞き、数本試してみたが、結果、不可能だった。
           これが事実だとすれば、摘心の時期が遅過ぎたのかも知れない。新梢剪定(摘心)で夏果ができるのかどうか?

            イチジクの挿し木は、ブドウ以上に活着し易い
d0122497_17152424.jpg
           剪定時に、1本だけ、その辺の地面に挿して置いたら、簡単に活着発芽、1年未満で既に1mを超え、初結実数個。
           同じ品種ばかり多数は不要なのだが、折角育っているバナーネ、これはそのまま自然に育ててみよう、と。
[PR]
by gardenshimada | 2011-07-24 17:30 |  いちじく

「巨峰のカーテン」と、成功した「緑枝接ぎ」


            7月23日、久々の快晴、今日は湿気も少なく、風も涼しい


            挿し木3年目の巨峰のカーテン
d0122497_13193568.jpg
           東面の中窓であるが、今年の「巨峰のカーテン」は良く育ち、室内から見るブドウ葉は、結構涼気を誘う。
           先月、この巨峰を中心に、左右に「緑枝接ぎ」を初試行、右側の2本(翠峰)は失敗、左の(紅伊豆)は成功した。

            紅伊豆を緑枝接ぎ
d0122497_13341859.jpg
           赤大玉の「紅伊豆」、来年は初結実するような太い主枝に育つかどうか?
           今年失敗した、青(緑)大玉の「翠峰」、来年再チャレンジして、東壁面全体に、赤、黒、青3色のカーテンを作りたい。

            今年のカーテン巨峰は、そこそこ房が揃っている
d0122497_13485447.jpg
d0122497_13491060.jpg
           昨年とは大違いで、今年3年目の巨峰は、粒も房も出来が良さそう、このカーテンには全部で17の房を付けている。
           熟れ時は、8月10日前後だろうか?、涼気効果と房の収穫も出来る、ぶどうのカーテンは、まさに一挙両得。
[PR]
by gardenshimada | 2011-07-23 14:01 |  巨 峰

ぶどうが異常、難しい欧州種、これは病気か?生理障害?


          7月22日、2年目初生りの欧州種に異常果粒、これは病気か?


            特に顕著な異常は、マニキュアフィンガー(2年目)
d0122497_15592268.jpg
           これはつい先日の画像、2回目のジベ処理以降、袋掛け、7月2日の再摘粒以降、常時中味を見ることは無いが、
           一昨日、台風到来前、開封確認して驚いた、初生り7房中5房の粒に異常が。これは病気なのだろうか?

            粒の1部が萎縮している、これは病気?
d0122497_16182323.jpg
d0122497_16183581.jpg
           1房に3~4粒、この異常現象が・・。粒の上部が変色し乾燥気味に萎縮している。計5房に同様な症状が。
           勿論、この異常粒は、切除廃棄したが。

            更に、粒の付け根が
d0122497_1632068.jpg
           黒褐色に変色、夫々5房に5粒程度同様な現象が発生している。これも即座に切除したが、一体何が原因?
           難しいと云われている欧州種、かなり細心に気を使い防除した積りだが、やはり病菌に侵されているのか?

            そこで、欧州種(瀬戸ジャイアンツ赤嶺しまねスイート)を、全開封、点検
d0122497_1653145.jpg
d0122497_16532821.jpg
           2年目初生りの3種、「瀬戸ジャイアンツ」と「赤嶺」に、1房のみ、それに似た兆候?、症状が出ていた。
           「しまねスイート」には、全くそれらしい症状は出ていない。欧州種初作りの未経験者には、この現象が分からない。

           2年目初生りで、夫々7~9房と多く房を付け過ぎた生理障害的な現象?、それは考え難いように思う。
           1つ思い当たることは、2回目のジベ処理の翌日袋掛けをしたため、その後の防菌防除が、果粒に充分でなかった。
           早過ぎた袋掛けに問題あり?、2回目のジベ処理数日後、果粒に防菌殺菌剤の散布が必要であった?

           病気として、1つ疑ったのは「ベト病」、しかし、葉には、それらしき症状は全く無く、一体これは何が原因でしょうか?
           ぶどうに詳しい方、是非教えて下さい!

           2年目初生りなので、生ったこと自体ラッキー。1房でも完熟に至ればそれで充分。ショックは無いが、何故?、を知りたく。
           その点、同じ2年目でも巨峰系の「紅伊豆」「高妻」「翠峰」「藤稔」は、全くその兆候は無く、粒の肥大化が進んでいる。
[PR]
by gardenshimada | 2011-07-22 17:48 |  マニキュアフィンガー


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

お気に入りブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

人気ジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧