<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

この実生枇杷は、今年初実を付けるか?

         1月25日、実生の枇杷、花も咲き終わり、今年初生りする?


            実生8年、今年初めて花が咲き
d0122497_1321086.jpg
           今迄全く手入れせず、野生のように育って来た実生の枇杷、品種名も分からない。
           今年初花が咲いたので、慌てて寒肥など入れてみた。

            もう花は終わり?、受粉したのか?
d0122497_13104644.jpg
           11月下旬より花が咲き始め、年末年始頃からの寒波で、花は咲き終わった?、それとも、まだ咲くのか?
           花房数は、25個。このような花後の状態で、実を付けるのだろうか?、膨らんできたら嬉しいが・・。
           その時は、1つの房で3~4個に摘果、と思うが、何せ初枇杷、分からないことが多い。

             1月26日、追記、早速、誘引摘蕾
d0122497_1134626.jpg
           ホワイトモグタンさんのアドバイスで、側枝の誘引(極力水平に近く)を行った。
           主枝は、今年秋以降、どのようにするか?、切り戻す?、状況を見て考えることに。

            花房の摘蕾は、先端を切り詰めた
d0122497_11242676.jpg
           「枇杷の育て方」サイトを参考に、摘蕾を行ったが、これはもっと早い時期にやるべきだったようだ。
           花房の先端と下部をカットして、蕾は、3~4段にすると良いらしい。この辺りは、ぶどうの房作りと同じだなぁ~。
           更に、長い蕾も短くカットした方が良さそう、これは後日やろう。
[PR]
by gardenshimada | 2011-01-25 13:27 |  枇杷

ぶどう(赤嶺)の蔓(主枝)、配置変更

     1月22日、ぶどう赤嶺)2年目、今ならどうにでも蔓の配置変更できる


            どう見ても狭い棚
d0122497_15293341.jpg
           このアーケイド風棚(棚幅1.8m強、屋根幅2m)に、今年2年目 「赤嶺」の主枝2本を這わせていたが、
           今後の成長を考えると、どう見ても狭過ぎる、と思い、主枝1本を90°横に逸らし配置変更した。
           今なら蔓も小さいし、かなり曲げても(メリメリ音はするが)折れず方向は変更できる。

            その為に、屋根(塩ビ)を作った
d0122497_15505567.jpg
d0122497_15521690.jpg
           隣のフェンスに直結させる簡易屋根(屋根幅1.6m、長さ2m強)を新たに作ってみた。
           右のフェンスは、つるバラを這わせる為に4~5年前作ったものだが、ぶどうにも大いに役立って・・。

           同じような屋根を、次は、ぶどう「翠峰」の為に作ろうと、今日材料を仕込んできたところ。
[PR]
by gardenshimada | 2011-01-22 16:08 |  赤 嶺 (Sekirei)

新ぶどう棚、屋根も張り終え、ひとまず完成


           1月19日、新ぶどう棚、急ぐ必要全く無かったが、一応完成


            ポリカ波板屋根も張り終えて
d0122497_1431383.jpg
d0122497_1433881.jpg
           画像で見ると、ものものしい様相だね~。
           先週の土日で寒波も収まり、週明けより昼間はやや暖かい平穏な日が続き、ボツボツの作業が捗る。
           棚の長さ約10mに、ポリカ波板屋根(幅 約2.3m)をひとまず張り終えた。
           実際、屋根が必要なのは来年以降、こんなに早く屋根を作って、果たしてどんなメリットが?、遅いより早い方が・・?

            この新棚の新苗は?
d0122497_142672.jpg
           今年発芽予定の新苗3種、(昨年の新苗は、発芽の強弱はあれ、総て順調に育ったので)、
           今春、気温の上昇と共に、円満な発芽を迎えると思っているが・・・、折角、屋根も早く作ったことだし。
           このように厚く植えているので、新梢の誘引配置、どの方向にするか?、また悩むところ。
[PR]
by gardenshimada | 2011-01-19 14:46 | ぶどう棚 作製

雪の中、鉢植え「デコポン」初採り 3個


         1月16日、年末以来2度目の雪日、「デコポン」3年目で初採り


             初生り、初採りの鉢植え「デコポン」
d0122497_9424177.jpg
           今日は、珍しい大寒の雪日、凍結しそうな「デコポン」を、採るには早い?、と思いながら初収穫することに。
           3年目の鉢植え「デコポン」、今年初めて3個実を付けた。
           本来「デコポン」は、2月頃~の収穫らしいが、鉢植えなので、少し早く採っても良いかと思い。

            初生りだから小振り?
d0122497_9563796.jpg
           雪の中、重さを計る私も好きだね~。
           「デコポン」の特徴、蔕部の突起が顕著なのは、1個。平均的に小さめの実かなぁ~?

             糖度は、驚きの 17.1
d0122497_1051562.jpg
           寒い雪の中採った「デコポン」は、中身も凍結していて完全にシャーベット化。それを口に含んだら、何と甘~い。
           これは最高の柑橘、スイートフルーツだ!、こんなのが自宅で採れるとは、感激の一言。
           これも本来、追熟を要する柑橘らしいが、このままでも充分以上に美味しい。袋のまま食べれるのがまた嬉しい。
           以降、大事な果樹の1つとして、大切に育ててみよう、鉢植えでは限界があるので、良い地植え場所を探して。
[PR]
by gardenshimada | 2011-01-16 10:24 |  その他 柑橘類

巨峰の皮剥ぎ

             1月14日、今年で4年目の「巨峰」、皮剥ぎをボツボツと


            皮剥ぎは、結構面倒で辛気臭い作業
d0122497_12483586.jpg
           この巨峰は、2008年の春頃、近所のHCで、やや売れ残りの安接木苗(@980円)を2本購入、この場所に初植え。
           この頃、ぶどうは素人に難しい、と思い込んでいた時期で、そう期待もせず、まぁ一度試しに植えてみるか~、と。
           そしたら、初年度の夏、予期以上に良く育ち、これなら実を付けるかも知れない、と、図書館でぶどう本を読み漁り、
           まず、雨避けの大事さを知り、翌年棚作りを始めた。
           2年目は、更に育ち、初花穂が7つ8つ、房作りや摘粒、袋掛け、勿論施肥や消毒も学び実践したところ、
           驚きの初生り。初めてにしては立派な粒や房に、私のようなド素人にもセオリー通りやれば、夢のブドウは作れる!、
           この巨峰作りが私のブドウ、思い入れの始まり、そして今年で4年目を迎える、いよいよ肝心要の入り口でしょうか?
[PR]
by gardenshimada | 2011-01-14 13:44 | ぶどう 作業メモ

新ぶどう棚は、固定屋根にすることにした

      1月11日、新ぶどう棚の屋根は、結局、ポリカ透明波板を使うことに


            只今、屋根の骨組み製作中
d0122497_14371531.jpg
           12月当初以来、屋根をアーチ(ビニールor ポリ張り)にするか?、固定屋根にするか?、迷い、放置していたが、
           結局、後々手間の掛からない固定屋根、ポリカ波板、片側4尺の切妻屋根にすることにした。

           このところ、夜はマイナス気温で寒いが、昼間はポカポカとした陽気に誘われ、作業意欲が出てきたところ。
           屋根骨組みは、当初アーチ予定の桟木材をそのまま使い、
           屋根は、NETで安価なポリカ波板4尺を探し、明日当たり到着予定。

            新ぶどう棚では、新短梢栽培を実践してみる予定
d0122497_1522511.jpg
           まだ新苗が発芽もしていない、のであるが・・・。(この棚は、「昭平紅」、「シャインマスカット」、「ロザリオビアンコ」)
           先日読んだ「ぶどう 新短梢栽培」を、まだよく分からないまま実践してみようと。 
           本来、棚面で誘引予定を、その高さから25cm下げて、主枝誘引線を新たに張ってみた。
           いずれにしても、新苗が春以降、順調に発芽生育してからの作業なので、まずは発芽を待つのみ。

            1月13日 追記、ポリカ波板試し張り
d0122497_12534010.jpg
           とりあえず10枚通販で試し購入、兎に角安いポリカ波板4尺@400円(送料込み)、販売元は、アイリスオーヤマ。
           ポリカは、普通で買えば2倍以上の価格なので、何が違う?、厚さが0.5ミリと、薄い。通常は、0.7ミリだった?
           少々薄くても、この程度のぶどう棚なら問題なかろう?、と、まず10枚張ってみた。これで3分の1弱。

            1月17日 追記、積雪 5cm
d0122497_8511864.jpg
           15~16日は、多くは無いが断続的な雪が降り、最低気温も-4℃と、この冬では最も寒い日が続いた。
           今、屋根張り中の新ぶどう棚、薄い安価なポリカ波板を使い、庇の部分を長くしたので、積雪の重みに耐えられる?
           この程度の積雪(5~6cm)では、全く問題無さそう。  今日は雲1つ無い快晴、雪も午後には消えるだろう。                  
[PR]
by gardenshimada | 2011-01-11 15:22 | ぶどう棚 作製

初生り 晩生系?温州みかん、総て収穫

       1月9日、これはヤッパリ晩生系?、初生り「温州みかん」総て収穫


            こう低温が続くと、色は、これ以上良くならない?
d0122497_10122781.jpg
           3年目で初生り、「興津早生」と思っていたが、こう熟れ時が遅いと晩生種温州みかんだろう?、「青島温州」?
           このところ低温続きで、実が凍る?、外皮の色は悪いが、今日総て収穫することにした。

            初採りは、9個
d0122497_1022385.jpg
           表皮はゴツゴツとして、蔕側はまだ青い部分も多い。 初生りで9個。

            糖度は、そこそこ高くて、11.4
d0122497_1027156.jpg
           皮は、初生りの特徴?分厚い。 採り直後の糖度は、外見に反し、予想以上に高く、このままでも食せるが、
           まずは、1週間から10日程度追熟することにした。
           それにしても、この温州みかん、品名は?、また今年生れば、熟れ時期が変わるかも知れない。

            最後に残る柑橘は、鉢植えデコポン
d0122497_10415069.jpg
           3年目初生りデコポン、これも今月中には、初採りしようと思っている。
           収穫後、植え場所を探して地植えに変更予定。北風がもろに当たらない場所、あるかなぁ~?
[PR]
by gardenshimada | 2011-01-09 10:49 |  温州みかん

ぶどう棚に、作業メモ用カレンダーを貼る


            1月6日、ぶどう棚に、「ぶどう作業メモ カレンダー」を貼る


            作業は、3月まで無いが・・
d0122497_1145375.jpg
           薬剤散布や、ジベレリン処理など、その日の作業内容を簡単にメモしておく。
           今年は品種も増えるので、特に、2回のジベ処理では初回のジベ日の記憶が大事かと・・・。
           今年2年目を迎える9種の新苗、初花穂が付いてくれるかどうか?、カレンダーがメモで汚れるくらい・・・。
[PR]
by gardenshimada | 2011-01-06 12:03 | ぶどう 作業メモ

新春初採り 「伊予柑」


            2011年1月3日、新年初採り「伊予柑」、小さな木に 11個


            3年目の伊予柑、総て収穫
d0122497_1093953.jpg
           まだ1m程度の小木「伊予柑」、今年は大きな実が11個、重そうで、見るに耐えかね総て採ることにした。
           1月中下旬まで樹上熟成とも思ったが、摘んでみると、かなり柔らかくなっている、今、採り頃かも?

            11個で、3.5キロ、大きいのは、350g超
d0122497_10254376.jpg
           平均的に粒が揃って重い、よくぞあの小木で、持ち応えたと思う、「伊予柑」は、強い!
           如何に強靭「伊予柑」とは云え、3年目にしては、多く生らせ過ぎ?、今年の実付は、どうなるだろう? 

            参考までに、採り直後の糖度を計ってみた
d0122497_10394561.jpg
           本来「伊予柑」は、追熟して食べるもの。2週間ほど室温で追熟、と思っていたが・・・。
           糖度計を持つと、何でも計りたくなるんですね~。
           意外や意外、結構な糖度が!、思ったより高い。このままでもサッパリ味で食べれるが、やはり酸味を感じる。
           追熟することにより、この酸味が抜けて、まろやかな甘い「伊予柑」になるのだろう。

            唯一残る 温州みかん
d0122497_10531840.jpg
           これは、「興津早生」と思っていたが、この熟れ方は、晩生温州みかんに違いない、品種名は不明だが・・・。
           採り頃は、1月中旬かなぁ~?
[PR]
by gardenshimada | 2011-01-03 10:58 |  その他 柑橘類

謹賀新年、今年の年賀状

      2011年1月1日、やっぱり、今年の年賀状、メインは、趣味のぶどう


d0122497_736377.jpg
             またまた、今年の賀状は、趣味の果樹で、メインの 「ぶどう」 になってしまった。
             ぶどう入門、今年で4年目、最初に植えた「巨峰」などに加えて、昨年は、13品種も新苗を植え育て、
             この内、今年で2年目の9品種が最良なら何種初生りするか?、これに関心が高まるところ。

             今年も変わらず、よろしくお願いします。
[PR]
by gardenshimada | 2011-01-01 08:06 | Etc.


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

お気に入りブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

人気ジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧