<   2010年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今日は、珍しく「雪」、何cm積もる?

           12月30日、今年の冬は寒い!、今朝は、珍しく雪が降る


            我が家の 楽しみ ぶどうエリア
d0122497_9442656.jpg
           今年もいよいよ押し迫り、ブログねたに事欠く昨今、寒い寒いの慌しさの中、今朝は珍しく雪が降る。
           今年は、興味と楽しみの「ぶどう」に始まり、「ぶどう」に終わろうとしている。
           長さ16mの「アーケイド風、第1第2ぶどう棚」、ここの新苗(赤嶺、翠峰、紅伊豆)は来年実を付けるだろうか?

            第3ぶどう棚、ここは難問 欧州種など
d0122497_9594978.jpg
           来年2年目の新苗3種、中でも、「マニキュアフィンガー」と「瀬戸ジャイアンツ」は、初めて作る欧州種。
           屋根は、来春3月ごろ、雨避けビニールを張る予定だが、最初から固定屋根にしておけばよかったかなぁ~?
           まぁ、これも素人の楽しみと興味の栽培実験。

            今年作った、第4ぶどう棚、ここも難しい?品種2つ
d0122497_10123710.jpg
           先月末、初植え新苗の欧州種(昭平紅、ロザリオビアンコ)と、1年遅れの「シャインマスカット」。
           厳しい寒さを乗り切って、来春元気な発芽で初対面したい、と願う一心也。

           我が方は、兵庫県南部(姫路の近辺)、雪は年に1~2度、降るか降らないかの地域、雪は珍しい。
           我が拙いブログにご訪問頂いた方々、今年はどうも有難う、来年もどうぞよろしく。


             12月31日、追記  スバム(迷惑)コメントについて

           卑猥系や詐欺商売系のスバムコメントが遠慮なく入ってくる、ほんとに迷惑で困ったことです。
           私の利用しているこのブログ(excite)が、12月27日より、スバムコメントのセキュリティを強化した、とのこと、
           早速、試してみたが、間髪を入れず1件入ってきた、これは即座に削除したが、効果はそれ程期待できない模様。
           そこで、従来同様、コメント頂く方にはご面倒で恐縮ですが、コメントの承認制を再度続けさせて頂きます。
[PR]
by gardenshimada | 2010-12-30 10:34 | ぶどう 全般

鳥に穴を開けられた ポンカン


      12月24日、3年目初生りのポンカン、鳥にやられる前に、総て収穫


            犯人は、ヒヨドリ?
d0122497_1615919.jpg
           10日前に1個試し採り、残り4個は、来年までもっと熟成させようと樹上に置いていたが・・。
           今年僅か5個の初生り、私には、まだ珍しい自家栽培果樹、鳥にやられる前に総て収穫。

            糖度は意外と上がってない
d0122497_1613228.jpg
           鳥がつつく位だから糖度が相当上がってる?、と思いきや、そうでもない。
           10日前が、11.8度、今回は11.3。同じ樹でも果実毎に糖度など個体差があるんだなぁ~。
           3個は、暫く追熟して賞味してみよう。来年は、30個位生ってくれんかなぁ~、お気に入りのポンカン。
[PR]
by gardenshimada | 2010-12-24 16:24 |  その他 柑橘類

バラの剪定や手入れが大変で・・・

          12月22日、バラは、やはり棘があるから、手入れが大変だ


            剪定に追われるが、まだ終わらない
d0122497_19325426.jpg
d0122497_19333525.jpg
           趣味のバラ最盛期、2006~2007年頃からみれば、今は数が半減したとは云え、まだ150本位残っている。
           冬は、剪定施肥の時期、これがまた大変で、年々そのお守りに手抜きが目立ち、棘も嫌に気になる。
           何とか年内に剪定は済ませようと、日々少しづつ。

            このバラ畑は、モグラの攻撃に遭い
d0122497_1950478.jpg
           ここは剪定済み。この場所にも、バラを50本ほど植えているが、モグラの総攻撃で、根が浮きガタガタ。
           ペットボトルは、その予防のため、風が吹くとカタカタ鳴って、モグラが少しは警戒する?
           両サイドは、ぶどう棚、確かに、こちらの趣味の方が、楽だね~、バラも10年経過すると処置が大変だ。
[PR]
by gardenshimada | 2010-12-22 20:01 | 2010年の畑や庭

柑橘類に寒肥は必要か?


        12月20日、我が家の小さな柑橘畑寒肥は入れた方が良い?


            寒肥よりも、春肥?、3年目の柑橘畑
d0122497_922159.jpg
           吸収しない冬場の肥は不要との説もあるが、入れた方が・・・、と思い。
           樹の周囲に浅溝を掘り、遅効性の発酵鶏糞を。これなら ゆっくり春頃効く?
           この、そう広くも無い場所に、10本の柑橘類、入れた鶏糞は、15キロ袋を4袋。

            今、果実が残る品種は、みかん1種と、ポンカン、伊予柑
d0122497_9382086.jpg
           この2種は、来年収穫しよう。
[PR]
by gardenshimada | 2010-12-20 09:40 |  その他 柑橘類

熟れの遅い みかん、「南柑20号」を初採り


               12月18日、今年は、温州みかん 、熟れが遅い?


            中生種温州みかん、南柑20号 3年目、総て収穫
d0122497_10122034.jpg
           収穫と云ったって、僅か9個。3年目でまだ小さな木なので、こんなもんだろうか?
           昨年、3個初生り、採ったのが12月3日頃だったので、今年は熟れ時期が遅いように思える。

            味見したら、結構甘かった
d0122497_10195336.jpg
           まず1個、試し採りで味見、糖度も計ったら、11.8度、これならOKと、まだ蔕部分は青いが、総て採ることにした。
           このままでも美味しく食べれるが、数日室温で追熟すれば、更に甘くなる?

            残る温州みかん1本、これは・・、興津早生?
d0122497_10285587.jpg
           今年3年目で初生りの温州みかん、品種は、早生種の「興津早生」と、思い込んでいるが、熟れ方が遅過ぎる。
           やっと色が付いてきて、まだ実も硬い。これは、ひょっとして、晩生種の「青島温州」?
           私の記憶違い?、HCの苗だし、ラベル違いと云うことも?、まぁ、実ったのだから、どちらでもいいか。
[PR]
by gardenshimada | 2010-12-18 10:40 |  温州みかん

「ブドウの新短梢栽培」、図書館で借りてきた

       12月16日、作業の暇な冬場は、「ぶどうの勉強」を少しするか・・・


            図書館で借りてきた、ぶどう教本2冊
d0122497_15231773.jpg
           ぶどう作り8年 経験者「まーちさん」のご親切なコメントアドバイスに刺激を受け、
           お勧めの教本「ブドウの新短梢栽培」など、図書館で早速借りてきた。短梢栽培の真髄は、私が最も知りたいこと。
           元来私は、少しの情報を礎に、独自の試行錯誤で進みたい性質(たち)であるが、不確かな遠回は時間のロス。

           本の内容を理解しながら総て読むのは、時間が掛かるが、とりあえずの問題点。
           著者 小川孝郎氏の「新短梢栽培」では、単に冬場短く剪定することだけでは無いのだねぇ~。
           新苗を植えて、初年度、春~初夏に伸びる新梢の処置(主枝、副枝の出し方)から始まっている。

            今年の新苗では、小川先生説とは違っていた
d0122497_1559998.jpg
           代表例、今年育っている新苗3つの欧州種、画像(今日撮影)を出してみたが、教本と異なる点。
           1つ、当初、伸びる新梢を誘導線の下 5cm以下辺りで摘心していない
           強く伸びる新梢を第1主枝にして、そのまま伸ばし続けた。強そうな副芽を第2主枝にして伸ばした。
           但し、枝の分岐部は、棚下20cm位のところにあり、分岐位置としては、著書の意味することに合致しそう?

           第1、第2主枝とも、棚面(分岐部)から約4m伸び、これは先日の剪定時に半分、約2mに摘心(カット)した。
           2つ、夏の伸び盛り頃に、2つの主枝をカットしていない
           また両主枝とも、大変太く、カットした2m先端でも、鉛筆大どころか、その2倍位の太さがある。
           主枝も副芽も強く、葉の量も大変多かった。

           以上が当初の疑問点(著書と異なる点)であるが、これが来年、どのような形で現れるか?
           私の手持ちのブドウ教本には、こういう仕立て方は、書いてなかった、からですねぇ~。どちらも正しい?
           幸い、先日植えた新苗(昭平紅、ロザリオビアンコ)があるので、来年、著書説通りに育ててみよう。           
[PR]
by gardenshimada | 2010-12-16 16:38 | ぶどう 作業メモ

初生り「ポンカン」、1個 試し採り

            12月14日、3年目で初生りの「ポンカン」、1個 試し採り


            初生りは、5個、採るには まだ早いと思ったが
d0122497_9204230.jpg
           品種は分からなかったが、これは多分「太田ポンカン」だろう。3年目で初生りの5個。
           採るにはまだ早いと思いつつ、随分オレンジ色が濃く、少し柔らかくなってきたので、1個試し採り。

            恒例の計測
d0122497_9302168.jpg
           生って初めて分かったこと、ポンカンって、思いの外、小さな果実。ほぼこれが標準の大きさのようだ。

            そして、糖度はどうだ?
d0122497_935581.jpg
           試食すると、結構甘い、酸味も少ない。しかし、袋のまま食べると、少し苦い。やはり、採り時が早過ぎた?
           しかし、ジューシーで芳香、初めて食べたが、ポンカンは、実にグッドな柑橘ですな~。
           ポンカンは、本来、袋のまま食べる柑橘種、ということも、今回初めて知る。残り4個は、来年採ろう。
           
           温州みかんを始め、柑橘類は、採ってすぐ食べるより、採り置き、追熟させて食べるのが本来とか。
           余分な水分や酸味が抜け、味がまろやかになるようだ。
[PR]
by gardenshimada | 2010-12-14 09:58 |  その他 柑橘類

いちじく (バナーネ)の剪定

              12月12日、唯一 いちじく (バナーネ) 2本、剪定


            1本は、新梢を総てカット
d0122497_1003030.jpg
           無花果の生長は早い。挿し木苗2年目で、これだけ大きく育ったが、これは小さい木の方。
           1m以上に伸びた新梢は、2芽残して総てカット。今年の初生り秋果は、小さかった。

            こちらは、大きく育った2年目バナーネ
d0122497_10115623.jpg
           見難い画像、上は、露天の巨峰、下に、バナーネを水平に誘引している。
           こちらのバナーネは、半数の新梢先端に、まだ果実が数個付いている。このような新梢はカットせず残した。
           今、残っている果実が寒さで枯れなければ、来年、大きな夏果として熟れるのだろう?
[PR]
by gardenshimada | 2010-12-12 10:22 |  いちじく

ぶどうの挿し木、新苗剪定の後は、保険のために

       12月11日、昨日、ぶどうの剪定を終え、新苗の剪定屑は挿し木


            今年育った新苗の保険挿し木
d0122497_11311719.jpg
           今年の新苗(実質植えたのは、昨冬)、注目品種は8種(赤嶺、翠峰、紅伊豆、マニキュアフィンガー、
           瀬戸ジャイアンツ、高妻、藤稔、しまねスイート)、幸い、今年の育ちは、大変順調、と思う。
           が、しかし、来年、本来の接木苗が不調のこともあるだろう、と、保険のために挿し木を多目に。

            殆どは、剪定屑で捨てたが
d0122497_11461845.jpg
          来春まで冷蔵庫に挿し穂を保管するのも面倒なので、この時期に挿し木にしてしまった。
          この内、幾つ来年順調に発根するだろうか?、ぶどうの挿し穂は、その生命力の強さに驚くことが多い。
          挿し木が沢山育つと、捨てるのがもったいなくて、また、その植え場所や処置に悩むのだが・・・。
[PR]
by gardenshimada | 2010-12-11 11:59 | ぶどう挿し木

ぶどうの剪定、3年目の「巨峰」や、新苗など、12種総て終了

             12月10日、ぶどうの剪定、新苗を含め12種総て終了


            巨峰、3年目、剪定前
d0122497_1132396.jpg
d0122497_11333319.jpg
           今年は、約40房ほど収穫、房、粒とも、まずまずの出来栄えだったと思う。

            巨峰、3年目、剪定後
d0122497_11401544.jpg
           今年も昨年同様、切り戻し過ぎ?、と思うくらい、スッキリと短梢剪定にした。
           来年の収穫は、多くを望まず、大粒が、50房程度実ればいいなぁ~、と云う気持ちで剪定。

            今年の新苗の剪定は
d0122497_1147421.jpg
d0122497_11475672.jpg
           今年の春夏育った新苗。↑ の画像以外に、「藤稔」、「しまねスイート」、「ネオマスカット」、新苗の剪定は大変簡単。
           長く伸びたシュート(蔓)は、約半分に切り戻した。強く太い脇目も総て切り落とし、スッキリした形に。
           新苗初年度なので、この程度の剪定で良いのかどうか?、蔓は、3分の1程度に切り詰めるという説もあるが?
           蔓が太いので、今回は、この程度で様子を見ることにした。

            巨峰(2年目挿し木)、緑のカーテンの剪定
d0122497_10455786.jpg
           昨冬、この場所に移植した2年目の巨峰、
           今年、カーテンは、まだ半分しかできてないが、来年は、窓全体に緑のカーテンが広がるか?
[PR]
by gardenshimada | 2010-12-10 12:05 | ぶどう 作業メモ


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

お気に入りブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

人気ジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧