カテゴリ: サクランボ(桜桃)( 59 )

サクランボ、「ナポレオンは早く咲く」、って、今頃知る

           4月23日、10年放置のサクランボ、強剪定後も、先端部に小粋な花が咲く

d0122497_1041588.jpg
d0122497_10424986.jpg
d0122497_1043371.jpg
           桜桃の大家、S.F.TaKaさんの親切なアドバイスで、再生目指して剪定した、2本のサクランボ、大雨の中写真を撮る。
           早く咲き出した「ナポレオン」は、まだ花を付けている。数日遅れで咲き始めた「佐藤錦」は、今が花の盛りか?

           今年は幾つか実を付けるかも知れないが、今年は樹の再生強化年間、実よりも大いに葉よ茂ってくれ!
           このように手を加えると、何と花が小粋で可憐で、美しく見えることよ。雨に濡れそぼる花もまたよし

           4月24日追記、S.F.TaKa師匠のアドバイスにより、現在開花中の花や蕾を総て除去、
          これは、葉数を増やし樹勢を高めることがまず優先で、余分な消耗を防ぐことにある


            

             4月12日、今朝は寒かったが昼ごろには、春の陽気に


            桜桃、先日の強剪定で、少し残した先端部の花芽に花が
d0122497_1156661.jpg
           S.F.TaKaさんの指導で、強剪定したサクランボの花が咲き出した。画像では、先端部がフレームアウトで見えないが。
           私が、佐藤錦と思い込んでいた樹は、先日の剪定段階で、TaKa師匠から、「これはナポレオン」と指摘されて。
           どちらが早く花が咲くか?、これも過去の記憶が私には無く(実は、桜桃に無関心だった)、注目していた。

            TaKa師匠の目には狂い無く、早く咲いた方が、ナポレオン
d0122497_1239498.jpg
           やはり、「この樹は、ナポレオン、開花も早い」と、指摘された通り、早く咲き始めたのが、ナポレオンと特定できた。
           樹の状態を見ただけで品種が分かるTaKa師匠、流石にプロの目は凄い、と、再驚き。改めてTaKa師匠に感謝。
           佐藤錦も、ややほころび出した花芽もあるが、ナポレオンとは、明らかに花芽の硬さが違う。
[PR]
by gardenshimada | 2011-04-12 12:56 |  サクランボ(桜桃)

夢のサクランボ、「紅秀峰」は、これを叶えてくれるか?


       4月8日、剪定でお世話になった桜桃プロ、TaKaさん推挙の紅秀峰


            私のような素人でも作り易い「紅秀峰」(PVP)、しかも多産で美味いらしい
d0122497_11253017.jpg
          私のような桜桃初心者には、何がオススメ?、と、S.F.TaKaさんに尋ねたら、即座に「紅秀峰」、それですぐ買う気になり。

          イシドウさんから来た苗は、これまたデカイ。その辺りのHC苗の2倍以上?、値段は、3倍位ですが、値打ちありそう。
          昨夜一晩水に浸し、これは鉢植え、ぶどう棚下の雨避け栽培と決めていたので、さて、どんな鉢に?
          苗の根鉢が大きいので、10号鉢では小さ過ぎる、手持ちで探したのが、この43cmの鉢。これで丁度良い位。

          幹下部に新梢が3本出ていて、これは残し、最上部小枝の上、2芽残してカット。用土を入れ植え込み、水タップリ。
          そのまぁ・・、重いこと、簡単に移動できんぞ、こりゃ~、ギックリ腰の素になりそう、しかし今は何とか10m位は。

            桜桃鉢植え3兄弟
d0122497_11554214.jpg
          今年から始めたサクランボ鉢植え。両サイドの「高砂」と「佐藤錦」が貧弱に見えるぞ、それは仕方ない値段が違うHC苗。
          今年願わくば、精一杯葉を付け成長して、3兄弟、負けず劣らずの桜桃になって欲しいな!、遅いスタートも挽回して。

            一応、切った穂木(紅秀峰)は、挿し木に
d0122497_1264233.jpg
          サクランボ(桜桃)の挿し木は、ほぼ100%活着しないと聞くので、捨てるくらいなら挿し木で、と。
          もし発根、展葉でもしたら、これは面白い話だろうと!、枯れて元々だから試してみよう。
[PR]
by gardenshimada | 2011-04-08 12:14 |  サクランボ(桜桃)

10年放置の「サクランボ」、2本目、3本目、自力剪定やってみた

     4月2日、10年放置のサクランボ、剪定学習応用編、独自剪定、その1


             桜桃 2、「大胆且つ細心に」、などと唱えながら剪定に挑む
d0122497_1535359.jpg
           これは多分、「佐藤錦」だろうと思う。前回のTaKa師匠のアドバイスを思い出しながら、独自で剪定をやってみた。
           この樹は、背丈が伸び過ぎ、主幹が約4mに達していて、まず、何処で切り戻すか?
           とりあえず、半分にしてやろう、と、残す主枝との兼ね合いを見ながら、樹冠の位置を地上高2mで伐採。

           残す「主枝は、5本もあれば充分」との前回のアドバイス通り、ここは考えどころ、結局、右画像の5本にした。
           切り間違えたかな?、もあるが、かなり思い切ってスッキリ伐採、この後の細部修正が分からないところ。

            桜桃 3、日陰で育ったヒョロヒョロの樹
d0122497_1653583.jpg
           これも多分「佐藤錦」。植えた時期は定かではないが、5~6年以上は経過していると思う。
           このすぐ隣で、椎茸栽培を始めたものだから、後ろは垣根を高く伸ばし日陰に、更に、西日避けに簾で囲い。
           その結果、犠牲になったのは、この桜桃。幹も細くヒョロヒョロに育っている。これが元気な桜桃に蘇る?

           一応、剪定らしきことをやってみたが、残したヒョロ枝5本、主枝を減らすか?この先端部は切り戻すべきか?
           この辺りが分からない。それより、樹自体をもっと太らせるのが先決?、剪定以前の問題なのかも知れない。

           3本の桜桃、剪定作業の後、TaKa師匠の勧めもあり、長年桜桃にはやったことのない薬剤散布作業を実施。
           マシン油 100倍(時期が遅く花芽も膨らみ始めているので薄く)+ベンレート 500倍液を散布した。


           桜桃 2と、桜桃 3について、TaKa師匠に恐れ多くも修正アドバイスを求めている。


           追記、TaKa師匠から、一応合格点を貰いましたが・・・、修正点は、3~5箇所
d0122497_21225993.jpg
           今夕、TaKa師匠から、添削指導の画像返却があり、↑ 画像が、その修正部分を剪定した最終的なもの。
           桜桃2では、5箇所、桜桃3は、3箇所、成程なぁ~、こういう枝が余分だったのか・・、という感じ。
           更にスッキリ、まぁ合格点と云っても、この段階のものですから、難しくなるのは、更に3年後かららしいです。
           今年は、精一杯葉を付けて、基本になる主枝を充実させることが主眼、とのコメントでした。
[PR]
by gardenshimada | 2011-04-02 16:31 |  サクランボ(桜桃)

10年放置の「サクランボ」 再生目指し、1本目剪定完了

     4月1日、今日も温暖、10年放置のサクランボ、再生シリーズ、その3


            再生目指し、S.F.TaKaさんの通信指導による、剪定完了
d0122497_17483227.jpg
d0122497_17493095.jpg
           TaKa先生の親切な通信教育で、まず、1本目のサクランボの剪定が完了、品種も、「ナポレオン」と特定頂いた。
           サクランボ(桜桃)について、殆ど(全く)知識ゼロの私には、不明なところが多く、会話の中でも専門用語??
           しかし、分かり易い?解説で、何となく感覚的に剪定の仕方が・・、いや、まだそう簡単には・・、不安一杯。

           この剪定済みの桜桃は、後、数年(早くて2~3年)で、実るような樹に育てないと、師匠の恩義に反すること。
           それなりのプレッシャーは掛かるが、愛情込めて世話(消毒や施肥)を続けたい。

           今回の桜桃は、剪定前、約3m近い樹高があったが、主幹部を約1m切り戻し、樹冠部は地上より2mの高さ。
           残した5本の主枝に、沢山の葉っぱを付けて(付いて欲しい)、樹勢を高めることが当面の目標。

            2本目の10年もの桜桃は、私独力で剪定にチャレンジしてみる

           本当は、2本目もTaKa師匠に総て頼りたかったが、何事も苦慮や思考が伴わないと自分のものにならない。
           どうしても分からないことは、師匠に判断を仰ぐことにして、そう難しく考えずにトライしてみよう。
           明日から早速、2本目剪定(まさに応用編)に取り掛かる、やってみよう!
[PR]
by gardenshimada | 2011-04-01 21:43 |  サクランボ(桜桃)

10年放置の「サクランボ」再生、初回剪定を終える

     3月31日、今日は暖かい、10年放置サクランボ再生シリーズ、その2


            S.F.TaKaさんの教え通りに初回剪定
d0122497_11424929.jpg
           左画像(剪定前)を原寸でデーター送信し、剪定箇所に印を付けて、送り返して貰うと云う、ご親切な通信教育。
           ほぼ指示通りに切った積りだが、私のミスで残す枝を切断したかも知れない。
           こういう指導を繰り返し受けていると、剪定とは?、何となく分かってくるような気がして、最高の学習の場。

           随分スッキリして、樹が蘇るような感じさえ受けるが、再度、右画像を送り、修正箇所の指導を受ける。
           サクランボプロの目は、凄い、この樹は、「佐藤錦」ではなく「ナポレオン」、と言われている。
           植えた本人が、10年も過ぎると、どの樹が何品種か分からない、買った品種は覚えているが、全く情けない話。


            追記、早速、とりあえずの修正連絡が入る
d0122497_15291936.jpg
           樹冠部の天に伸びる太枝を伐採したが、これが中途半端で駄目、枯れ込みの原因になるらしい。
           左画像の白線のように、右枝に沿って切断するよう修正依頼あり、即、右画像のように切断し直した。
           この辺りも、サクランボ剪定の難しさ?、ノウハウのようでもある。


            4月1日、追記、2回目の剪定を終える
d0122497_14184278.jpg
           今回、5箇所の修正剪定を一応終了。見難い角度の画像で、TaKa先生にはご苦労を掛けてしまった。
           後は、最先端長枝をどうするか?、画外で見えなかったその部分の拡大画像を送り、ご判断をお願いしている状況。
[PR]
by gardenshimada | 2011-03-31 12:13 |  サクランボ(桜桃)

10年放置「サクランボ」の再生、事始、今日画像を送信

    3月30日、10年放置のサクランボ3本、まず1本、再生に向けて、その1


            S.F.TaKaさんのご好意に甘えて、4方向の画像を送信
d0122497_13183054.jpg
d0122497_13201090.jpg
d0122497_1321939.jpg
d0122497_13213217.jpg
          なかなか上手く撮れなくて、原寸画像でデーター送信したが、受信者の方には、分かり辛く迷惑掛けそうに思うが・・。
          受信者のS.F.TaKaさんは、サクランボの本場山形で出荷もされているプロの方。「しお」さんのご仲介でご縁ができた。

          10年も放置していたサクランボ(多分 佐藤錦)、2~3年で再生できるだろう、とのお言葉、嬉しい限り。
          S.F.TaKaさんの診断とアドバイスを得て、まずこの1本から適正剪定、樹形を作り直す、私も心してチャレンジ。

          順次、通信教育を受けながら、その状況をこのブログで随時UPしていきます。皆さんの参考にもなれば幸いです。
[PR]
by gardenshimada | 2011-03-30 14:00 |  サクランボ(桜桃)

10年もの放棄「サクランボ」、手入れを始める

       3月28日、植えて10年、無手入れの、外庭の片隅サクランボ 3本


            まず、完全な枯れ枝を伐採した
d0122497_2012099.jpg
           サクランボに詳しいプロの方から、この木なら剪定の仕方で、2年後には、再生可能と言われて、気持ち復活。
           植えて10年、その間、手入れは全くせず、毎年20~30個生る実は、少し色付くと総て鳥に献上していた。
           品種は、佐藤錦(大、小)、ナポレオンの3本で、HC購入安苗だった。木(枝)は高く伸び放題。
           実が沢山と云っても少々生るのは、サクランボ2(多分、ナポレオン)の方。

           そこで今日は、完全に枯れている枝(これくらいは私のような素人でもよく分かる)を伐採。
           ヒョロヒョロの枝でも、生きている新芽の枝は総て残したが、これ以上、どうやれば良いのか?それが分からない。

            サクランボ1の幹の痛み(傷?、虫食い?)は、激しい
d0122497_20202756.jpg
           サクランボ1(多分、佐藤錦)の幹は太いが、このように傷が多く、枯れ枝も多数あった。
           こういうのは、このまま放置?自然治癒を待つ?、それとも何か薬剤を塗り付けた方が良いのでしょうか?
           このままでは、木が枯れてしまいますね?
[PR]
by gardenshimada | 2011-03-28 20:43 |  サクランボ(桜桃)

サクランボの台木を、鉢に植え込む

         3月10日、寒い日が続き本命の葡萄は、まだ大きな動きなし


            先日掘り上げたサクランボの芽付き台木
d0122497_12521210.jpg
           ホワイトモグタンさん等から教わった、このサクランボのヒゴバエは、台木の芽、と云うことが分かり、
           今日まで、水に浸したまま放置していたが、一先ず鉢植えで育ててみることにした。育てば台木として活用できる。

            有り合わせの古鉢に植え込み
d0122497_134324.jpg
           大雑把に掘り上げた粗雑な根の少ない台木が、上手く育つかどうか分からないが、暫くこのままで様子を見てみよう。
           先日鉢植えした新苗(佐藤錦と高砂)の穂木も一応挿し木に。この4本の挿し木、どれが佐藤錦?、高砂?の状態。

           このところ寒い日が続き、(当地では早朝の最低気温が-2℃程度)、果樹も野菜も寒さのため動きが悪い。
           ぶどうは、今年の新苗を除く13品種で、総て水揚げを確認するが、芽の動きは至って鈍い状態。
[PR]
by gardenshimada | 2011-03-10 13:34 |  サクランボ(桜桃)

「サクランボの鉢植え」栽培を試みることにした

         3月6日、サクランボの鉢植え栽培を敢えてチャレンジしてみる


            10年物の無手入れサクランボの木は、一応あるが
d0122497_1316535.jpg
           植えた当時は、育てる果樹と云うより、垣根の一部の積りで・・。そのまま約10年何の手入れもせず今日に至る。
           佐藤錦が2本と、ナポレオンが1本あるが、今は、どの木が何品種かもわからない、と云う杜撰な放置状態。
           それでも毎年20個位は実を付け、殆ど鳥の餌食になっている。
           果樹ベテランの方なら、こんな木でも、再生されるかも知れないが、私には到底無理と。新たに鉢栽培を考える。

            そこで、根元の芽を掘り上げてみた
d0122497_13355813.jpg
           太い根から出た芽、これを鉢植えにすれば、と、考えてもみたが・・・、品種名も分からないし。今は水に浸けたまま。
           (追記)、ホワイトモグタンさんのコメントにもあるように、これは、「台木の芽」ですね、育てば接木台に応用できる。

            後刻、近所のHCへ行ったら、サクランボ接木苗 特売中
d0122497_13442756.jpg
           買う気は無かったが・・、特売値段に釣られて、「佐藤錦」と「高砂」の2品種を鉢植え用に買ってしまった。
           値段相応600円、「佐藤錦」の根は半分枯れかけている、「高砂」は、良。まずベンレート千倍液に浸し、一晩吸水させた。

            サクランボ、鉢植え栽培試みの開始
d0122497_13564250.jpg
           本来なら、信用ある苗木業者から、それなりの苗を買いたいところだが、今回は、サクランボ栽培、入門の気持ち。
           とりあえず、品種も苗の良否も関係なく、管理し易い鉢栽培で、サクランボの特性や仕立て自体を学んでみよう、と。
           植えた苗は、接木部から35cm位で切り戻し、私専用の用土(赤玉小 6、腐葉土 3、籾殻燻炭 1)に植え込んだ。
           猛暑で雨を嫌うのがサクランボ、というのも聞いており、雨避けのあるブドウ屋根の下で鉢栽培、これが思い付きの切っ掛け。
[PR]
by gardenshimada | 2011-03-06 14:23 |  サクランボ(桜桃)


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

人気ジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31