カテゴリ:2007年のバラ( 35 )

バラも終わって、今日入梅

今日は朝から、シトシト小雨、

バラも殆ど散って、艶やかな色は無いが、緑一色、夏の庭になりつつあります。

お礼肥も入れ終わって、シュートだけは元気良く伸びています。

四季咲きバラの蕾は、次々出てきますが、

暑いと綺麗な花も期待できませんので、極力摘蕾。

2番花で、まだ載せてなかったバラ少々、ご紹介方々。


ペガサス (Pegasus) ER 1997年 イギリス
今年の新大苗だったが、苗が弱かった、今年は養生して来年に期待
d0122497_12383671.jpg

ライラック・ローズ (Lilac Rose) ER 1990年 イギリス
これも今年の新大苗、樹勢も強く、蕾も多かったが、充分に開花せず
d0122497_12442324.jpg

コンテ・ド・シャンポール (Comte de Chamborl) OR Portland
1860年 フランス 開花時に雨が多いと、綺麗に咲かない
d0122497_12511247.jpg

今咲いているランブラー、ドロシー・パーキンス
d0122497_12524138.jpg

こんな感じで、モコモコ咲いてます、最後のドロシー
d0122497_1332297.jpg

ニュー・ドーンと、キューランブラー、これも最後の花です
d0122497_1354921.jpg

スーパー・エクセルサは、今が盛り?
d0122497_1364834.jpg

[PR]
by gardenshimada | 2007-06-14 12:55 | 2007年のバラ

遅咲きバラ、数種

暑いですね~、何をするにしても、二言目は、暑い、暑い。

今まで咲き誇っていたバラ達は、衰退の一途、

今更、開花速報でもないのですが、今頃咲き始めた遅咲きバラ数種。

いよいよ今シーズン終焉のバラ、これが咲くと、終わったな~。



ドロシー・パーキンス (Dorothy Perkins) Rambler 1901年 アメリカ
放置しておくと、地を這うように良く伸びるシュート、5cmの濃い目のピンクが房咲きに
d0122497_1804568.jpg

スーパー・エクセルサ (Super Excelsa) Rambler 1986年 ドイツ
真紅の小花が群れて咲く、台風で屋根の飛んだカーポートに絡ませているが・・
d0122497_9374637.jpg
キフツ・ゲート (Rosa filipes 'Kiftsgate') Species 
1951年 コッツオルズで発見され、ロサ・フィリペスの枝代わりとされている。
このバラは、少し珍しい。3年目にやっと咲いたが、それもほんの少し。
英国、コッツオルズの「キフツゲート・コート」に、この大木がある、一度見に行きたいのだが。
花径4cm、花茎の長いのが特徴。これもカーポートに絡ませている
d0122497_1820224.jpg

ロサ・ムリガニー この原種バラは、前回紹介したが、↑と比較するため再度
花径5~6cm、キフツゲートと似てるが、花の大きさが違う
d0122497_18233993.jpg

ムリガ二ー、こんな具合に、今咲いてます。
d0122497_18243959.jpg

ムリガニー、方向変えると、こんな感じに。シンプル単純な花ですが、純白で美しい。
d0122497_22205626.jpg

キュー・ランブラー (Kew Rambler) Rambler 1913年 イギリス
これも遅咲きで有名な品種、一重ピンクが強い、蕾数が多く総て咲くと、くす玉のよう?
d0122497_9402980.jpg

ブラッシュ・ランブラー 再度登場、こちらは八重、ブラッシュの方が色も形も良さそう
d0122497_1930830.jpg

スカーレット・メディランド (Scarlet Meidiland) Climber 1987年 フランス
4cmの緋赤、これも、バラシーズンの終わりを告げる小バラ
d0122497_19362048.jpg

遅咲きの、これらのバラが咲き始めると、同時進行で、他の従来バラの花処理、

そして、お礼肥、暑い夏対策のマルチ(我が家は、醗酵乾燥牛糞を敷き詰める)、

不要なシュートの処理、などなど、作業は沢山待っている。

[PR]
by gardenshimada | 2007-06-06 19:50 | 2007年のバラ

オープンガーデン、総て終了

今年のオープンガーデンは、今日(6月3日)で、総て終了しました。

まずは、ご来訪頂いた総ての方に厚く御礼申し上げます。

特に、初めてお越しの方々、不便で解りにくい田舎道、お疲れでした。

そして、リピーターの方とは、今年で4年、4回目のOGでしたので、

それぞれ1年振りにお会いできて、大変楽しい思い出となりました。


まだ未開花の遅咲きバラも3種ありますが、散るバラも暑さと共に早く、

正に、「花の命は、短くて・・・」、また緑の目立つ庭に戻りつつあります。


今年も、ご来訪の皆さんから、ご意見、ご感想を頂き、

また私の考えもあって、

来年は、もう少し、メインの部分にランブラーを生かした配置など、

また自作のパーゴラなど、作ってみようかな~、と思ってます。

よろしければ、また来年も、どうぞお越しお待ちしてます。



バラ、花数がグッと減った、昨日のメインアーチ付近。
このアーチから左部分を、大輪つるバラから、小花ランブラーに変えようと・・。
d0122497_2238959.jpg

今年のバラの総集編=まとめ、急ぐことなく、ゆっくり、ボツボツ、時間を見付けながら、
UPしたいと思ってます。
[PR]
by gardenshimada | 2007-06-03 22:43 | 2007年のバラ

明日は、気楽に オープンガーデン

明日(6月3日)は、今年最後のオープンガーデン、

毎年お越し頂く、常連さん、顔見知りの方々は、殆ど来られたので、

明日のご来訪者は、少ないと思いますが、

その後の花、バラも咲いてますので、どうぞお気軽にお越し下さい。

但し、咲き終わったバラも多いです。

昨日、今日の新開花バラ画像を ↓



ホワイト・プロバンス (White Provence) OR Centifolia 1775年 フランス
古い作出のバラ、名前もよいが、花もなかなか味があり、白花の名花と言われてる。
遅咲き種で、やっと開花、この整ってない形が何とも・・、いいでしょう。
d0122497_1723876.jpg

ティネケ HT 作出など詳細不明
↑とは対照的に、形の整った美しい、剣弁高芯の近代バラ。同じ白バラでも、どちらが好み?
切花や、競技用バラとして作られてると聞く。6年ほど前、切花業者から古株を入手したもの
d0122497_17331946.jpg

ラブ (Love) HT 1980年 アメリカ
裏弁が白の特徴がある有名バラ、今年移植したので、開花が遅かった
d0122497_1737637.jpg

ロサ・エグランテリア (Rosa eglanteria) Species ヨーロッパ原産
虫に食われて、画像出すには、ちょっと情けないが・・。本来もう少しピンクが強い
d0122497_17453685.jpg

ブラッシュ・ランブラー (Blush Rambler) Rambler 1909年 イギリス
やっと咲き出した、遅咲きランブラー、似たキュー・ランブラーよりパープルが強い。
d0122497_8334283.jpg

この黄色のバラ、昨年来、ERの 「グラハム・トーマス」 と決め付けていたが、
実は、 「ナッティングハムズプライド」 という正体不明のバラ、それが結構美しい黄色。
やはり、G・トーマスとは、咲き方がシンプルで、樹形が違うようだ。
d0122497_1844054.jpg

これが↓本物のER、グラハム・トーマス やはり、花弁数多く、花径大で豪華。
実はこれも・・、比較するために、今年大苗を買ってた、その初咲き
d0122497_12342999.jpg


お知らせ 私のガーデンHPでリンクしている、

徳島市、浦川さんの、ハーブとバラのガーデンが、TV放映されます。

日時・6月3日(日)、AM6:25~6:50 

NHK BS2 「素敵にガーデニングライフ」

後日、ハイビジョンやアナログ&デジタルでも放映されると思います。

どうぞ、ご覧下さい。

[PR]
by gardenshimada | 2007-06-02 18:45 | 2007年のバラ

バラも、いよいよ終盤

5月も今日が最終日、昨日は一時的な強い雷雨、

今日は、すっきりしない天気、明日から6月、梅雨の季節ですか~。

開花済のバラは、昨日の強雨で大分散り、しかし、まだ未開花のバラも。


未開花バラ、ブラッシュ・ランブラー、キュー・ランブラー、キフツゲート、

ドロシー・パーキンス、ホワイト・プロバンス、スカーレット・メディランド、

コンテ・ド・シャンポール、ロサ・エグランテリア、スーパー・エクセルサ、


今年花芽のないバラ、モエシー・ゼラニューム、ウエディング・デイ


咲いても画像UPに耐えず、2番花待ち、ペガサス、ライラック・ローズ、

スベニール・デリゼ・バルドン、粉粧楼、ベルル・デ・ジャルダン


HT、フロリバンダ、ミニ等では、画像UPしてないもの、

撮影すらしてないもの、多数。

この辺りは、私の好み、志向の変化がかなり入ってます。


スベニール・ド・ラ・マルメゾン (Souv.de la Malmaison) OR Bourbon
1843年 フランス 私が特にオールドローズに興味を持ちだしたのは、3年前であるが、
このバラだけは、10年前に植えていた。当時入手し易かった。
春の綺麗な開花が難しく、(秋は綺麗に咲く)、画像は、昨日綺麗に咲いたもの。
d0122497_1633756.jpg

グリーン・ローズ (Rosa Chinensis Vrideiflors) OR China
1856年以前 イギリス これでもバラなの?今年はできの悪い画像だが・・。
d0122497_1683580.jpg

コーネリア (Cornelia) OR Hybrid Musk 1925年 イギリス
色の変化が楽しめる新しいオールドローズ。3m程度伸びる模様。
d0122497_16141536.jpg

ルイーズ・オーディエ (Louise Odier) OR Bourbon 1851年 フランス
ラレーヌ・ヴィクトリアと良く似た花で、今年は画像の通り、元気がないのです。
d0122497_16184895.jpg

クイーン・オブ・デンマーク (Queen of Denmark) OR Alba 1826年 デンマーク
房咲きの、透き通るようなピンクの、如何にも女王のような・・。
d0122497_16234085.jpg

ヴィオレット (Violette) Rambler 1921年 フランス
咲き初めは、濃い紫と黄色のオシベが美しい。配色の妙を出すには最適のつるバラ。
画像では、この紫が出にくい。
d0122497_16293511.jpg

ロサ・ムリガニー (Rosa Mulliganii) Species 1919年 中国雲南省で採取された
原種バラの力強さを感じる素朴なバラ。シュートは10mに達する、蕾も無数。
バラのトンネル作りには最適、だが、棘は鋭い、ご用心。
d0122497_1636863.jpg

ニュー・ドーン (New Dawn) Climber 1930年 アメリカ
新しさと古さ双方兼ね備えた、シンプルで美しい花姿、花数も多い、お薦めつるバラ。
d0122497_16421531.jpg

セイント・セシリア (St.Cecillia) ER 1992年 イギリス
イングリッシュローズの中でも遅咲き種、私の好きなバラでして・・、ミルラ香漂う魅惑のバラ。
d0122497_1646127.jpg

ちょっとご愛嬌に、ランブラーのジュランビルを
d0122497_1647738.jpg

[PR]
by gardenshimada | 2007-05-31 16:48 | 2007年のバラ

オープンガーデン、平日は、Close に

我が家のバラは、只今、最盛期、勿論早咲き種は、散り始めています。

オープンガーデン、次は、6月3日(日)に最終回として実施します。

従って、当日のみで、その他の日は、Close とさせて下さい。

事前連絡のある方、顔見知りの方のご来訪は、何時でも歓迎ですが、

どうぞよろしくお願い致します。



マダム・プランティエ (Mme. Plantier) OR Alba 1835年 フランス
純白のフワフワした花、今年の新大苗初咲き、2m程伸びるもよう
d0122497_20143866.jpg

ロサ・アルバ・セミプレナ (Rosa alba semi-plena) OR Alba 1867年以前
単純な原種に近い純白の半八重バラ、これがシンプルで綺麗に見える
小さい白に見えるバラ花は、バレリーナ
d0122497_2026467.jpg

ダナエ? (Danae) OR Hybrid Species 1913年 イギリス
実はこのバラの素性も、花名も不明。図鑑で調べて、ダナエではないか?
蕾、咲き初めは、黄色が強く、開花すると白になる、4cm程、つるはよく伸長する
d0122497_2039031.jpg

プール・ド・ネージュ (Boule de Neige) OR Bourbon 1867年 フランス
日本語なら、「雪玉」、開花が進むと球形になる。汚れ易くて撮影に窮するバラ
d0122497_2046554.jpg

アルバータイン (Albertine) Rambler 1921年 フランス
アプリコットピンクの綺麗なバラ。残念なことに我が家のは、花数が少なく・・、苗が悪かった?
隣の白の小花は、ポールズ・ヒマラヤンムスク
d0122497_2051214.jpg

ファイルヘンブラウ (Veilchenblau) Rambler 1909年 ドイツ
藤色?、パープルの4cm小花。どのバラと組み合わせても配色の妙があり、よく映える。
d0122497_20582743.jpg

不明の妙なバラ
これ何だと思います?、オレンジメイアンディナの台木から、8年後に初めて咲いた。
強いシュートが出てきたので、そのまま咲かせたのが、これ。
薄皮のような厚い硬い花弁、ピンクベージュ?、バラ図鑑で探しても解らない。
自然交配の新種?、どなたか・・、教えてください
d0122497_214451.jpg

オレンジメイアンディナは、これです↓
d0122497_2110698.jpg

[PR]
by gardenshimada | 2007-05-29 21:11 | 2007年のバラ

そろそろ、ブログUPに疲れが見えてきたぞ~

まだ開花待ちの遅咲きバラは、10種ほど、まだ最盛期だが、

散り去るバラも多く、この時期になるとドッと疲れが出る日も・・・。

バラシーズンも後2週間?、もう少し・・、頑張るべぇ~!



イプシランテ (Ipsilante) OR Gallica 1829年 フランス
我が家でも古いオールドローズ、パープルピンクの花は美しい。
d0122497_199179.jpg

カメリア・ローズ (Camellia Rose) OR China 1830年以前 フランス
ひょろひょろの細いシュートに、ふわっとした花。
d0122497_19131887.jpg

赤旦紅心 (チダンホンシン Chi Dan Hong Xin) OR China 作出年など詳細不明
チャイナにしては、確りした花
d0122497_19205484.jpg

一棒粉 (イーパンフェン Yi Bang Fen) Polyantha 1843年? 中国?
ORのChinaと分類すべき?、諸説あるようだが・・。
d0122497_1930113.jpg

イエスタディ (Yesterday) Polyantha 1974年 イギリス
ビートルズ記念バラ?、これは新しいハークネスのバラ
d0122497_19354652.jpg

バレリーナ (Ballerina) OR Hybrid Musk 1937年 イギリス
淡いピンク、白にも見える。1.5m程度に伸びる。
d0122497_19393946.jpg

(Yuu) 詳細不明
岡山の某バラ業者が作出したとされるが・・、樹高1.5m、花も綺麗。
d0122497_19441322.jpg

夢乙女 (Yumeotome) Climber 1989年 日本
2cm程の小さな可愛い花、ピンクや白が混ざる、無数の蕾、シュートも良く伸びる。
d0122497_19554983.jpg

夢乙女ポールズ・ヒマラヤンムスク、こんな感じに。
d0122497_19563475.jpg

ベビー・マスケラード (Baby Masquerade) Climber 1974年 アメリカ
これも小花で、順次花色が変化する
d0122497_201273.jpg

新雪 (Shinsetu) Climber 1969年 日本
空に向かって写してみると、形の整った純白のつるバラ
d0122497_20104724.jpg

ローゼンドルフシュ・パリー・スホップ (Rosendorfs Paris Shoop) Climber
1989年 ドイツ こんな難しい長い花名は、覚えられない。
白バラは、アイスバーグ
d0122497_20163645.jpg

今日、月曜日も断続的に来訪者が多くて、ちょっと疲れモード。
午前中は、遠来、倉敷から5名の賓客、花にもバラにも知識が豊富、
内1名はガーデンプランナー、プロの方。大変楽しい花談義の2時間でした。
[PR]
by gardenshimada | 2007-05-28 20:23 | 2007年のバラ

疲れても楽しい、オープンガーデン

今日も暑い日でしたが、

好天に恵まれ、オープンガーデンは、無事終了しました。

遠方、近隣、多数のご来訪、有難うございました。

特に、高校時代の恩師と同級生有志によるミニ同窓会は、

大変楽しく、ガーデニングで繋ぐ懇親の輪の意義を強く感じたものです。

今日のオープンガーデンで、我が家のバラは、峠を越えましたが、

まだ未開花バラも多く、まだ暫く、開花バラの紹介を続けます。



ヘリテージ (Heritage) ER 1983年 イギリス
シンプルで形の整った綺麗なバラ、且つ、高貴な感じもある。
Heritageは、遺跡、遺産の意ですが、私のメルアドで長く使ってるheritageは、
「世界遺産=world heritege」から使ったものです。
d0122497_211272.jpg

ファンタン・ラトール (Fantin-Latour) OR Centifolia 1900年 フランス
d0122497_2185041.jpg

シャポー・ド・ナポレオン (Chapeau de Napoleon) OR Centefolia
1827年 フランス ご存知、ナポレオンの帽子
d0122497_2135611.jpg

シャルル・ド・ミル (Charles de mills) OR Gallica 1746年以前 フランス
d0122497_21125677.jpg

フラウ・カール・ドルシュキ (Frau Karl Druschki) OR Hybrid Perpetual
1901年 ドイツ 純白のつるバラ
d0122497_21175439.jpg

ムタビリス (Mutabilis) OR China 1894年以前
d0122497_21204731.jpg

アレッサ (Arethusa) OR China 1903年 イギリス
d0122497_21235136.jpg

ストロベリー・アイス (Strawberry Ice) Floribunda 1975年 イギリス
d0122497_21272518.jpg

フリージァ (Friesia) floribunda 1973年 ドイツ
d0122497_21294634.jpg

サマンサ (Samantha) HT 1974年 アメリカ
白の小花は、ポールズ・ヒマラヤンムスク
d0122497_21382850.jpg

ランブリン・レクター (Rambling Rector) Rambler 1910年 イギリス
両サイドのピンクバラは、ERのガートルード・ジェキル
d0122497_21424013.jpg



画像のコメントは抜きにして、とりあえず、今日のオープンガーデンご来訪御礼の意を込めて。
[PR]
by gardenshimada | 2007-05-27 21:47 | 2007年のバラ

雨後の開花は早い

昨日の大雨、大輪種は、花茎の折れも多数あり、

シュートは左右前後に散乱、大汗の補修に3時間、やっと終わって一服。

幹の部分など茂り過ぎていたバラも多かったので、丁度よい整理時期。

雨は、一段と成長を促して、大多数のバラが開花。また散るのも早い。

いよいよ・・、やっと?、我が家のバラは最盛期を迎えつつあります。



ウイリアム・ロブ (William Lobb) OR Moss 1855年 フランス
蕾に苔が生えたようなモスローズ、これは腺毛で、分泌液が出ている、触るとねっとり。
色もよいでしょう・・、如何にも古いバラらしい咲き方。
d0122497_1114392.jpg

ラベンダー・ラッシー (Lavender Lassie) OR Hybrid Musk 1960年 ドイツ
今年の新入りバラ、3m程度には伸びるので、フェンスに絡ませている。
咲き初めは濃い色、開花が進むと色褪せる。香りも強い。
d0122497_11101914.jpg

フランソワ・ジュランビル (Francois Juranville) Rambler 1906年 フランス
ランブラーらしく、しなやかに垂れて咲く、高いアーチによく合う。花径8cm。
シュートの伸びも6m、よいバラです。
d0122497_1119083.jpg

ローブリッター (Raubritter) Climber 1936年 ドイツ
開花直後は、コロコロとした球形で、これが面白い、女性なら可愛いと表現?
アンジェラより一回り小さく、色も淡い、球形の状態が長く続く。
d0122497_11271276.jpg

コンパッション (ComPassion) Climber 1973年 イギリス
サーモンピンクの特徴ある色、なかなかの良質ハークネスバラ、
どういう訳か?、我が家では力強く育たない、ハークネスと相性が悪いようで・・。
d0122497_11335960.jpg

ブラック・ティ (Black Tea) HT 1973年 日本
前回、つるバラでも紹介したが、濃い紅茶色の近代バラ、雨に降られてまずい紅茶に?
d0122497_11382335.jpg

マリア・カラス (Maria Callas) HT 1965年 フランス
有名なオペラ歌手の花名、開くと更に豪華華やか、ふんわりと。
d0122497_1142358.jpg

パープル・タイガー (Purple Tiger) Floribunda 1993年 アメリカ
アメリカ産らしい?、このどぎつさは、目を引くが・・。
d0122497_12211488.jpg

ジョン・クレア (John Clare) ER 1994年 イギリス
この画像は、2日前のもの。フワフワとした花で、雨に降られると撮影できない。
d0122497_12381341.jpg

メイヤー・オブ・キャスターブリッジ (Mayor of Casterbridge) ER
1997年 イギリス 我が家のメインバラ、つるは4メートルに達している。
メインアーチに絡ませて、先日来やっと開花、蕾数も多く、香りがまたよろしい。
d0122497_12481472.jpg

色の濃さが↑と異なるが、同じバラです。
d0122497_1245884.jpg

以上、今日は、濃い目のもの(バラ)を急ぎUP。
[PR]
by gardenshimada | 2007-05-26 12:54 | 2007年のバラ

よい骨休めの雨、ドシャ降り

昨日から雨の予報で、その安心感で目覚めは6時、1時間長く寝たぞ!

嬉しい雨、カメラチャンスと外へ飛び出たが、ドシャ降り。

傘差してカメラ構えるって、不安定で、どうしても雨を浴びてしまう。

ビショ濡れ、ほんとに・・、病気だね~、まぁまぁ・・、季節限定だし。

花、バラ、野菜、植物総てによい雨、

私にも気持ち休まるよい雨の1日になりそう。



アルベリック・バルビエ (Alberic Barbier) Rambler 1900年 フランス
一昨年の大苗が、昨年来よく育ち伸びて、2mのアーチを覆い尽くした。
6cm程の小花で、垂れて咲く、まだ咲き初めだが、思い描いた姿に咲き揃いそう。
d0122497_8572892.jpg

ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (Paul's Himalayan Musk) Rambler
1916年 イギリス これもよい小花のランブラーですね~、雰囲気がある。
2ヶ所のアーチに絡ませてるが、10m位伸びてくれんかな~、まだ咲き初め。
d0122497_951334.jpg

ギスレーネ・フェリゴンド (Ghislaine Feligonde) Climber 1916年 フランス
今年初めて咲かせる新入り、ムルチィフローラ・ランブラーともされているが、茎はやや固い。
いいバラですね~、咲き初めは濃い透明感のある黄、ソフトイエローに変化する。
d0122497_9181334.jpg

コンスタンス・スプライ (Constance Spry) ER 1961年 イギリス
これぞかの有名な、David Austinが作出した、第1号イングリッシュローズ。
花も素晴らしい、育て方では3mを超えるので、つるバラとして誘引した方が見栄えがよい。
画像は、まだ咲き初め、ふんわりとしたソフトピンクの豊かな大輪になる。
d0122497_9294156.jpg

シティ・オブ・ヨーク (City of York) Rambler 1945年 ドイツ
今年初めて咲かす新入りバラ、日陰でもOKとかで、北側のアーチに絡ませている。
9cmのクリーム白、まだ開花しきってない、昨日の画像。
d0122497_944975.jpg

オレンジ・メイアンディナ (Orange Meillanddina) Climber 1988年 フランス
濃いオレンジ光沢のある華やかな小花、近代バラらしい強い茎、これも昨日の画像。
↑のシティオブヨークの隣、白と赤のコントラストを出そうと・・。
d0122497_9525833.jpg

パープル・レイン (Purple Rain) HT 1990年 日本
雨に似合うバラ?、このパープルと形は美しいと思うのだが・・、まだ咲き初めなので。
d0122497_1022647.jpg

聖火 (Seika) HT 1960年 日本
東京オリンピックを記念して作出された、日本のバラ。聖火を連想できる?
d0122497_1061491.jpg

パット・オースチン (Pat Austin) ER 1995年 イギリス
色に特徴あるイングリッシュローズ、今年は木の調子が悪く、花に元気が無い。
色も濃すぎて本来じゃないな~、鉄砲虫が芯に入ってる?、昨日の画像。
d0122497_101163.jpg

ザ・ピルグリム (The Pilgrim) ER 1991年 イギリス
これは、3mは伸びる、つるバラとして、メインアーチにも絡ませて。
花も見事な大輪になる、咲き初めの一輪。
d0122497_10173534.jpg

とりあえず、このくらいで、時間があればまた続きを。

今日は午後から、遠路四国から6名お越しになるとか・・、今電話が入って、
ガーデニングツアーで、各所の個人ガーデンを回ってる方々らしい。
この大雨の中、バラは殆ど、大きくうつむいて、最敬礼でお迎えはできるのだが・・。
[PR]
by gardenshimada | 2007-05-25 10:28 | 2007年のバラ


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30