カテゴリ:ぶどう棚 作製( 12 )

思いの他手間取った「ぶどう棚修復」、7割完了


    2012.4,10、昨日から一転春陽気明日は大雨、風も吹くらしい


          ぶどう棚の修復」、思いの他手間取る、ほぼ7割完了
d0122497_1656571.jpg
        ここ数日は、ぶどう棚の修復に掛かりっ切り、コツコツ1人で休み休みやってるので・・、それでもしんどい土方作業。
        倒れ掛けた棚の引き起こしは、簡単に出来たが、支柱の位置がズレていたので、これを定位置に戻すのが大変。

        一応、3年目棚は、私にしては大苦労しながら、ほぼ予定通りの修復完了。2年目棚は、これから支柱の固定に。

         重いの何のの、木製ぶどう棚、ジャッキの威力を改めて知る
d0122497_17125169.jpg
        私の非力では、1本の支柱を抱え上げようとしても、ほんの数cmしか上がらない、そこで、軽トラのジャッキを活用。
        こんな簡易なジャッキでも、大いに役立ってくれて、支柱2本が簡単に上がり、位置を微調整しながら束石をセット。

         支柱の固定、ニホンミツバチの巣箱変じて・・
d0122497_17265920.jpg
        棚を作った当初からやっておけば良かったものを、棚が倒れかけてからやる馬鹿。予想はしていたのですがね・・。
        コンクリート止めは、巣箱の残骸が役立ってくれて、これは良かったが、コンクリート練り作業のしんどいこと。

        最初の2つは、以前残していたコンクリート、砂、バラスを練ってやったが、余りにもしんどい作業、これは続かん。
        こんな簡単な支柱を固定するだけでも、1本の支柱にコンクリート総量(砂、バラス)20Kgは必要、とてもとても。

         そこで、HCへ、「簡易コンクリート」を探しに
d0122497_17461091.jpg
        近所のHCを3軒回ったら、丁度コメリに、只今特売中(1袋@478円)のものがあり、楽は銭に替えられず、14袋購入。
        これ1袋に水3リットル加えて、混ぜ合わせるだけ、丁度1袋で1支柱分、この練だけでも結構しんどいですがね~。

         とりあえず今日は、問題の3年目ぶどう棚だけ完了
d0122497_1851586.jpg
        以前に比べると相当、支柱基礎の補強(束石10Kg、コンクリート20Kg)はできたが、まだまだこれで充分とは。
        台風や、今回の強烈低気圧来襲時は、支柱部分に長くて太いアンカーを打ち込み、ロープで棚を固定しようと。

         問題のアーチは、2重にしたが・・
d0122497_18152817.jpg
        何せ樹脂製のアーチなので、弾力性はあるが弱い、メリットは、曲がっても簡単に元に戻せることぐらいか。
        鉄製アーチにしたいが、これも面倒なことで・・、今後10年持ってくれれば良いと、簡易な考え。

         今年の、この「ぶどう3年目棚」は、如何に?
d0122497_18382771.jpg
        今回は、強風で棚が横転しかけたり、それを修復するのにゴソゴソやったので、ぶどうがストレスを受けているかも?
        幸い、今年は寒かったので、発芽、芽の膨らみが遅く、修復雨避けは今週末ビニールを張る予定。何とかなる?

         話は変わり、我が家の果樹一番花は、今日、桃一輪
d0122497_184776.jpg
        まだ我が家は、数少ない果樹、やっと花が咲き出した2年目桃「夢あさま」、今年は、小さな実を5個位生らせても?
        着果するかどうかも分からないが、私には、初めての果樹、まだ小さな木だが、花芽は沢山付いており楽しみなこと。
[PR]
by gardenshimada | 2012-04-10 18:55 | ぶどう棚 作製

昨日の暴風雨で倒れかけた「ぶどう棚」、意外に簡単に修復できそう

       2012.4.4、昨日の大荒れが、まるで嘘のような今日の好天


            画像の日付を1日間違えています、訂正が面倒なので、このままで、正確には、4月4日です

         倒れかけの「ぶどう棚」、さて、どうするか?
d0122497_17245036.jpg
        この状態では、解体して作り直すのがベター?、そう昨夜から考えていたが、ビスで固定している束石をまず外そう。
        2つの傾いた棚は、強い西風を受けて、東側に1m支柱総てがズレている、大きく傾いてはいるが、完全横転は免れそう。
d0122497_17472772.jpg
        羽子板付き束石、支柱にビス留めしているので、このように大きく曲がった留め板は、ビスを外すのに大苦戦。
        束石を総て外して、支柱を1本づつ、数cm単位で交互に元の場所に寄せることの繰り返し、この重いこと、腰痛し。

         そこで、一か八か、トラクターで牽引、棚の引き起しを試みる
d0122497_17595798.jpg
        ソロリソロリの超低速、棚のほぼセンター上部にロープを掛けて引っ張ってみたら、何と、あの傾いた棚が起き上がり。
        少し棚を起しては、支柱を元の場所に抱えてずらしていく、その繰り返しを5回やって、ほぼ定位置まで戻せた。

        何と、機械の力は、素晴らしいことよ!、私の人力も大変でしたけどね。

         これで、ほぼ定位置に棚は戻った
d0122497_18132978.jpg
        昨日の大雨で、まだ地盤が緩い、束石をセットするには乾燥を待たなければならず、暫くこのままの状態で。
        今回は、より完璧を期したいので、支柱束石部分にコンクリートを打ち込みたい。この作業が大変なんですがね。

         もう1つは、この曲がったアーチを、どう工夫するか?
d0122497_1824830.jpg
        強烈西風を受けて、曲がってしまった樹脂アーチ。2700mm、11mm〇の市販アーチ、弾力性はあるが弱い。
        これを今後は2重にすることを検討中、棚の横幅の広さにメリットがあり、何とかこれを使いたい。台風もそう多くは無い。

        と云う訳で、今後の課題を沢山抱えて、より強固な木製ぶどう棚、4月中旬までには完全修復を目指したい。
[PR]
by gardenshimada | 2012-04-04 18:43 | ぶどう棚 作製

ぶどうの高接ぎで蔓を伸ばしたく、また雨避けを新設する気に


        2012.1.12、今年は、ぶどうの休眠枝の高接ぎにチャレンジ


          ぶどう(休眠枝)の高接ぎ、随分先のことだが、雨避けを冬場に作る気に
d0122497_15322381.jpg
        我が家のぶどう趣味栽培は、現在17品種、随分過密な植え方をしていて、どの棚も何れ満杯状態になるのは明白。
        今年5年目の「巨峰」と4年目の「キングデラ」、かなり密接に混植していて、これに今年は他品種の高接ぎを思索中。

        ぶどう休眠枝の高接ぎ適期は、5月以降と云うからまだ大分先のこと、何せ初試行で成功するかどうか分からないのに、
        今から、その成長を見越して、この空間に雨避け屋根を冬場に作っておこう、と云う、かなり先走った考えがまた起こり。

          高接ぎ台候補は、「キングデラ」と「巨峰」
d0122497_15571174.jpg
         趣味ですから、多品種栽培少量収穫がモットーで、「キングデラ」と「巨峰」の収穫は、現状の半分でも充分と。
         「キングデラ」は、剪定も、高接ぎのことを考えて、伸びた細枝も数本残してある。「巨峰」は、また別の位置。

          こんな雨避けを頭に描き、木製の残り材料で
d0122497_16143072.jpg
        何とも不細工な白線だが、手前の「巨峰棚」との接続を考えている。以前作ったバラフェンスの先端を有効に生かして。
        まず、骨組みだけ作っておけば、雨避け材料は何にするか?、また来年考えても良いし。それより接木成功が心配。
[PR]
by gardenshimada | 2012-01-12 16:36 | ぶどう棚 作製

ぶどう話題しかないのが貧相だが、一応、屋根を張り終える


        2月17日、シトシト春雨?、気温も上がり、果樹類も動き始める?


            ぶどう屋根、切ったり張ったり繋いだり、一応、総て張り終えた
d0122497_1181397.jpg
           最後のビニールアーチ屋根も張り終えて、これで、16品種総ての雨避けが一応完了した。
           隣の棚と繋いだり、貼り合わせたり、まぁよくも素人臭い切り継ぎ粗細工をしたもんだ。
           これで雨避けは、ほぼ完璧と思えるが、問題は、風だなぁ~、まだ強風が吹かないのでテストにもならない。
           来るべき、台風並みの春一番で、屋根が吹っ飛んだら、こりゃ、お笑いもの?

            瀬戸ジャイアンツ高妻(共に2年目)なども、余裕の枝配置にしたが・・
d0122497_11244029.jpg
d0122497_1124553.jpg
           何せ、狭くて短い棚(2×10m)に、多品種を密生させているので、枝をあちらこちらに移動させて。
           これで新芽が伸び、葉が茂りだしたら・・・、また繋ぎの棚を作ればいいか~、てな安易な考え。

           「ぶどう」ばかりの話題で新鮮味もなく、3月になれば、また夏野菜の種蒔き他、少々力を入れよう。
[PR]
by gardenshimada | 2011-02-17 11:41 | ぶどう棚 作製

新ぶどう棚、屋根も張り終え、ひとまず完成


           1月19日、新ぶどう棚、急ぐ必要全く無かったが、一応完成


            ポリカ波板屋根も張り終えて
d0122497_1431383.jpg
d0122497_1433881.jpg
           画像で見ると、ものものしい様相だね~。
           先週の土日で寒波も収まり、週明けより昼間はやや暖かい平穏な日が続き、ボツボツの作業が捗る。
           棚の長さ約10mに、ポリカ波板屋根(幅 約2.3m)をひとまず張り終えた。
           実際、屋根が必要なのは来年以降、こんなに早く屋根を作って、果たしてどんなメリットが?、遅いより早い方が・・?

            この新棚の新苗は?
d0122497_142672.jpg
           今年発芽予定の新苗3種、(昨年の新苗は、発芽の強弱はあれ、総て順調に育ったので)、
           今春、気温の上昇と共に、円満な発芽を迎えると思っているが・・・、折角、屋根も早く作ったことだし。
           このように厚く植えているので、新梢の誘引配置、どの方向にするか?、また悩むところ。
[PR]
by gardenshimada | 2011-01-19 14:46 | ぶどう棚 作製

新ぶどう棚は、固定屋根にすることにした

      1月11日、新ぶどう棚の屋根は、結局、ポリカ透明波板を使うことに


            只今、屋根の骨組み製作中
d0122497_14371531.jpg
           12月当初以来、屋根をアーチ(ビニールor ポリ張り)にするか?、固定屋根にするか?、迷い、放置していたが、
           結局、後々手間の掛からない固定屋根、ポリカ波板、片側4尺の切妻屋根にすることにした。

           このところ、夜はマイナス気温で寒いが、昼間はポカポカとした陽気に誘われ、作業意欲が出てきたところ。
           屋根骨組みは、当初アーチ予定の桟木材をそのまま使い、
           屋根は、NETで安価なポリカ波板4尺を探し、明日当たり到着予定。

            新ぶどう棚では、新短梢栽培を実践してみる予定
d0122497_1522511.jpg
           まだ新苗が発芽もしていない、のであるが・・・。(この棚は、「昭平紅」、「シャインマスカット」、「ロザリオビアンコ」)
           先日読んだ「ぶどう 新短梢栽培」を、まだよく分からないまま実践してみようと。 
           本来、棚面で誘引予定を、その高さから25cm下げて、主枝誘引線を新たに張ってみた。
           いずれにしても、新苗が春以降、順調に発芽生育してからの作業なので、まずは発芽を待つのみ。

            1月13日 追記、ポリカ波板試し張り
d0122497_12534010.jpg
           とりあえず10枚通販で試し購入、兎に角安いポリカ波板4尺@400円(送料込み)、販売元は、アイリスオーヤマ。
           ポリカは、普通で買えば2倍以上の価格なので、何が違う?、厚さが0.5ミリと、薄い。通常は、0.7ミリだった?
           少々薄くても、この程度のぶどう棚なら問題なかろう?、と、まず10枚張ってみた。これで3分の1弱。

            1月17日 追記、積雪 5cm
d0122497_8511864.jpg
           15~16日は、多くは無いが断続的な雪が降り、最低気温も-4℃と、この冬では最も寒い日が続いた。
           今、屋根張り中の新ぶどう棚、薄い安価なポリカ波板を使い、庇の部分を長くしたので、積雪の重みに耐えられる?
           この程度の積雪(5~6cm)では、全く問題無さそう。  今日は雲1つ無い快晴、雪も午後には消えるだろう。                  
[PR]
by gardenshimada | 2011-01-11 15:22 | ぶどう棚 作製

新ぶどう棚、屋根アーチの桟木作りを、ボツボツ

      12月2日、急ぐ必要は全く無いが、新ぶどう棚の屋根作りをボツボツ


            左隣のぶどう棚と同じような屋根アーチを作る
d0122497_15363830.jpg
           暑いような陽気に誘われて、製作途中の新ぶどう棚、桟木やアーチの材料も準備し、作業を再開。
           アーチ屋根の完成は、来春、暖かくなってからでも充分間に合うが・・、いや、実質使うのは、再来年。
           新苗の蔓が大きく伸び始める夏以降に、屋根をゴソゴソするのは、大変なので、早目に作っておこう、と。

            まず、桟木の塗装から
d0122497_15454345.jpg
           桟木材料は、安価な米松(6本 980円)、寸法 2.7×6×200cmの既製品をそのまま使用。

            屋根アーチ骨組みは、この樹脂製で
d0122497_15544278.jpg
           樹脂アーチは、11mm丸、2700mm、1本100円。これを桟木の両サイドに、ドリルで穴を開け、斜めに差し込む。
           これが、強度的にどうか?、の疑問はあるが、左の棚の短時間テストで、ほぼOKの予定。
           屋根材、必要時期は、再来年だが、農業用ビニールにするか、ポリにするか、また、その時期に。
           
[PR]
by gardenshimada | 2010-12-02 16:16 | ぶどう棚 作製

4つ目の「ぶどう棚(パーゴラ風)」、その3、骨組み完成

       10月5日、「パーゴラ風 ぶどう棚」 製作開始、その3、骨組み完成


           ブログ話題の少ない昨今、 「ぶどう棚、ボチボチ作って骨組み完成」
d0122497_16253147.jpg
           後は、まだ入れていないところに、筋交いを入れ、最後は、「梁、屋根をどうするか?」、は、来春でも良いのだが・・・。
           長さ 約10m、高さ 1.8m、屋根幅 1.8m、隣と同様、アーチの予定。

           いずれ、隣の棚と連結させて
d0122497_1643476.jpg
           グリーンの棚は、今年の新苗、「マニキュアフィンガー」、「瀬戸ジャイアンツ」、「高妻」を植えており、
           今回作った棚には、今、育成中のチョイ頼りない苗、「シャインマスカット」と「ゴルビー」、それと、新苗を検討中。
           新苗・・、「ブラック スワン」、「ウインク」、「昭平紅」、「ロザリオビアンコ」、いやぁ~、どれにしようか?、迷う迷う。
           巨峰系でない、比較的作り易い欧州種、まぁまぁ、植える前、今が最高の楽しい想像の時間でしょうか?

           反対側(南側)から見ると
d0122497_1710177.jpg
           こんな具合。

             11月22日追記
d0122497_948949.jpg
d0122497_9485738.jpg
           新苗は、注文済みの「昭平紅」と「ロザリオ ビアンコ」を植える予定。
[PR]
by gardenshimada | 2010-10-05 17:02 | ぶどう棚 作製

4つ目の「ぶどう棚(パーゴラ風)」、製作開始 その2、基礎と組み立て

          9月27日、4つ目のパーゴラ風「ぶどう棚」、製作開始、その2


           最も大事な、基礎の位置決めと、水平
d0122497_1220482.jpg
           この場所に、長さ 約10m、高さ1.8mの「ぶどう棚」製作、使用用材は、先日塗装済の2×4材。
           まず最初に、長さ12フィート(3.65m)のブロックを組み立てることにした。
           私は、基礎石に画像のような束石を使っているが、この位置決めと、4つの水平を出すことが、最も大事。

           組み立てに使っている道具は、簡単なもの
d0122497_12383047.jpg
           数100円の水平器と、安価なメジャー、それと、糸を垂らして柱の垂直を見るもの(名前忘れ)、これだけの小道具で充分。

           基礎は、羽子板付束石(つかいし)
d0122497_124666.jpg
           基礎は、使う用材により、いろんな方法があるようだが、私は、この束石(小)が最も扱い易く安価、1個 400円程度。
           束石は、土中に埋め込んでいないので、不安定なように思うが、かなりの強風にも耐えている。
           柱の、2×4材は、6フィートの2枚重ね。

           柱の垂直を確認しながら組み立て
d0122497_1351640.jpg
           まず最初の1ブロックを作り、同じようなものを、あと2つ作り繋げれば、ほぼ完成。

           たいして・・、上手な工作ではないが、パーゴラは、ガーデニングにも良く使われるエクステリア、ご参考まで。
[PR]
by gardenshimada | 2010-09-27 13:18 | ぶどう棚 作製

4つ目の「ぶどう棚、(パーゴラ風)」、製作開始、

       9月24日、パーゴラ風 ぶどう棚」 製作開始、その1、用材の塗装


           4つ目の「ぶどう棚」 用地
d0122497_19211239.jpg
           右隣の棚と平行に並べて、高さ 1.8m、長さ 約10mの「新ぶどう棚」を作る。

           棚の用材は、2×4材、まず用材の塗装から
d0122497_19303754.jpg
           ぶどう棚は、ガーデニングに合う(周囲の雰囲気に合う)用材を使いたいので、今回も2×4材パーゴラ風にした。
           2×4材は、何と云っても安価(6f @248円、12f @548円)、それに、加工が簡単で、かなりの強度もある。
           木材でも、10年は充分もつ。   茶色の用材は、塗装を済ませたもの。

           今回の塗料色は、ウォルナット(茶系)にした     
d0122497_19511831.jpg
           本当は、隣の棚と同じ色、グリーンを使いたかったが、たまたま、この塗料がセール期間で特別安かった。
           水性塗料でも、これまた10年は耐久性あり、何よりも塗装の作業性が良く大変楽。
           まず用材の塗装を済ませ、必要な部分を切断し、組み立てを行うが、急ぐ事無く、適時ゆっくりのんびり。          
[PR]
by gardenshimada | 2010-09-24 20:20 | ぶどう棚 作製


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31