カテゴリ:ぶどう 作業メモ( 24 )

ぶどう主体に、落葉前の薬剤散布


     2012.10.13、正に秋本番朝夕寒さを感じるが、最良の季節かな?


やや遅かったが、ぶどう主体に、果樹類への落葉前、薬剤散布

d0122497_15302010.jpg
d0122497_1532324.jpg
ブドウトラカミキリ等、芯喰い虫の防除を主に、ぶどうの収穫も総て終えたので、やや遅いかな?と思いつつ、落葉前の薬剤散布をやっと終えた。
今回の薬剤は、スミチオン 1000倍、マラソン 2000倍、オーソサイド 800倍、これらが適切かどうか?、やらないよりやった方が良いだろう。

噴霧器は、何時ものAC電動、ホースは、100m程引っ張り回し、これが面倒。この噴霧器は、噴射力が強力なのでかなりの距離、高さまでOK。
今日の薬剤散布は、総てのぶどう、桜桃、桃、和梨、スモモまで、リンゴはホースが届かず。画像の薬剤ポリ容器2杯、80ℓの散布を済ませた。

次は、落葉後の、トラサイドAまで当分薬剤散布は無用。今年は、暑さが続いたので、何時落葉するか?、また年末までに強制落葉させるかな?
[PR]
by gardenshimada | 2012-10-13 16:11 | ぶどう 作業メモ

3年目ぶどう棚、アーチ屋根にビニール雨避け張り終える


           2012.3.21、穏やかな春到来を思わせる、暖かな1日


         3年目、アーチ屋根の1棚、雨避けのビニールを張り終える
d0122497_16553865.jpg
d0122497_16561868.jpg
        昨年8月だったか?、2回目の台風襲来前に雨避けビニールを外して以来、昨日まで露天にしていたが、再度設置。
        ビニール掛けは、結構な労働、今日は微風好天、昨日消毒も済ませたことだし、新芽も動き出し、今日が最良日と。

         昨年使った、「コートバンド」に問題あり
d0122497_17124742.jpg
        昨年使ったビニール雨避け押さえバンド、紫色のもの、初めて使ったので、安物で良しと思ったが、1年でボロボロ。
        完全に切れはしなかったが、これほど弱い品質のものとは!、そこで今年は、セキスイの黒のコートバンドを購入。

        流石にこれは強そう、往年、TVの屋内配線に使ったフィダー線と同様、両サイドに細い針金が入っている。
        材質は、少し硬めだが、これなら簡単には切れないだろうし、相当長持ちしそうな感じ。最初からこれにしておけば。
d0122497_17301311.jpg
        コートバンドを張り終えて、材質がやや硬めな為か?、バンドのネジレも少なく、張る手間が比較的簡単だったような。
        しかし、ビニール張りは、この10m程度の棚でも結構しんどい作業、できれば今後2年間程度は、このままの状態で。

        問題は、台風来襲時、昨年は、1回目の台風の方が強烈だったが、このビニールアーチは充分耐えてくれた。
        今年、どの程度の台風が来るか?、余程強烈なものでない限り、テストも兼ねてビニールアーチ雨避けは外さず、と。

         今年の「ぶどう新苗サニードルチェ」、新芽が動き出した
d0122497_1750497.jpg
        我が家では、17品種目の新苗、バラディ×ルビーオクヤマの純欧州種、そう大粒種ではないが、美しい鮮紅色らしい。
        ジベ処理可能で、皮のまま食べれる、爽やかな「青リンゴ」の香りがすると云うのが、この品種選択の最大理由。

        苗は、桜桃などと共に、イシドウさんから買ったが、ことぶどうについては、実に頼り無い苗で、多少心配もあったが、
        苗は細くて根数が少なくても、欧州種特有の旺盛な生育をしてくれるだろうと期待。今年は主枝が10m程度伸びるかな? 
[PR]
by gardenshimada | 2012-03-21 18:12 | ぶどう 作業メモ

「ぶどう」、懸案の薬剤(石灰硫黄合剤+ベンレート)散布を終える


    2012.3.20、今日の気温 -1.413.5℃昼間は、微風温暖


         ぶどう」、芽が膨らみ始めた品種も数種
d0122497_17405845.jpg
        今冬は、例年にない寒さだったので、萌芽も遅いと思っているが、ここ数日の温暖日で芽が膨らみ始めた数種。
        概して早い、巨峰系、欧州種は、まだ芽の動きはそれ程感じられない。

         今日は温暖微風、絶好、懸案の薬剤(石灰硫黄合剤+ベンレート)散布日
d0122497_1756678.jpg
        私には容量の多過ぎる「石灰硫黄合剤」、それでもこの10ℓが市販されている最少単位。5年で使い切れるか?
        10ℓでも重いし少量小分けするのも大変、私は、100均の手動ポンプを利用している。今回の必要量は、750cc。

        今回の散布総量は、15ℓ、石灰硫黄合剤 20倍、ベンレート水和剤 500倍、それに少々の展着剤、恒例の散布液。

         石灰硫黄合剤は、長年使い慣れてる、とは云え、散布は難しい
d0122497_18183746.jpg
d0122497_18194721.jpg
        今日は絶好の薬剤散布日、とは云え、時折風が舞う、その度に硫黄を浴び、すぐ全身が硫黄臭、時に目に入り痛い。
        特に苦労するのは、建物に密着気味の「ぶどう」に散布する時は気を使う。鉄材も錆びるし。直後洗えばすぐ落ちるが。

         これで「ぶどう」の薬剤散布は、萌芽展葉まで、1ヶ月半~2ヶ月弱、安心して生育を観察できるかな?        
[PR]
by gardenshimada | 2012-03-20 18:49 | ぶどう 作業メモ

ぶどう主体に、「トラサイドA」を散布、桜桃、桃、スモモ、柿にも


        2012.2.29、今日から春陽気?、氷も張らず気温も急上昇


         明日は晴れるが、その後1週間は、雨や曇天続き
d0122497_17365052.jpg
        上図表は、こちら近辺の明日以降6日間の天気予報、春へ向かって季節の変わり目、芽出しの雨が続きそうです。
        気温も0℃以下になることも無く、果樹に野菜、草花も、総ての植物が動き出す、いよいよ春本番到来ですね~。

        気になっていた「トラサイドA」を、ぶどう主体に、桜桃、桃、スモモ等に散布
d0122497_17505752.jpg
d0122497_175861.jpg
        ぶどうには、昨年11月下旬に散布予定だったが、昨年末はぶどうの落葉が遅くて、結局年明けの今になって。
        ぶどうは、「ブドウトラカミキリ」、その他の果樹は、「コスカシバ」の駆除。晩秋に出来ない場合は、今の時期でもOK。

        最近、接木などに興味を持ち、楽な作業に慣れていたので、薬剤散布、面倒で「しんどいなぁ~」と思いながら、
        3月当初は雨が続きそうだし、散布時は、今日しか無いと。こういう作業を小まめにやらないと、駄目なんですね~。

        ぶどうの芽動き、水揚げもまだ感じられないが、薬剤散布しながらジックリ木を眺めてみたが、ほぼ順調な状況に感じる。
        2年目棚の3種は今年初生りするかなぁ~、3年目棚の「マニキュア」や「瀬戸ジャイアンツ」「赤嶺」、今年はどうかなぁ~?

        余談、時期外れの「ぶどう接木」、その後の経過は?
d0122497_18485897.jpg
        台木は、欧州種の挿し木「赤嶺」、試し接ぎ後15日目の今日の画像、ビニール袋を外して穂木の状態を見てみた。
        穂木は、欧州種と欧米雑種、まだ穂木は死なず、穂木の生命力だけで生きてる?、芽が膨らみだしたら奇跡だろうか?

        さぁ、そろそろサッカーが始まる、男女JAPANの試合は、にわかファン、楽しみだなぁ~。
[PR]
by gardenshimada | 2012-02-29 19:00 | ぶどう 作業メモ

新ぶどう棚、アーチ屋根にビニールを張る

        2012.2.22、今日は久々プラス気温、+1.9℃~10.8℃


         暖かさに作業も弾む、新ぶどう棚のアーチに、ビニールを張る
d0122497_1729449.jpg
        今日は暖かくて、屋外作業がかなり捗る。先日、トラクターで耕した畑の畝整地や、更に、夏野菜用の新畝を1本耕耘。
        更に気分が乗り、まだ早過ぎる「新ぶどう棚桜桃鉢置き場兼用」のアーチ屋根に雨避けビニールを張り付けた。

        張り終えてから、やっぱりこの「ぶどう棚」は、長さが足りなかった?、バラのパーゴラ転用なので。また継ぎ足せば。

         今は、過密な桜桃鉢置き場、新ぶどう棚の下へ「桜桃鉢」を幾つか移動予定
d0122497_17474810.jpg
d0122497_17492614.jpg
        夕方から、ポツポツ雨も降り始め、明日は1日雨予報、気温も今日同様暖かそうで、そろそろ屋根下本格活動も。
        雨降りの本格活動と云えば、「桜桃の居接ぎ」を早くやりたくて仕方ない。また誰かさんに、焦るな!、と笑われそう。

        今年の「ぶどう新苗サニードルチェ」、当然まだ発芽の兆候も無いが、今回は、高い棚位置で仕立てる予定。
        棚下に、桜桃鉢を幾つか置くので、2m40~50cmの棚上に蔓を這わせようと思っているが、予定通り育つかどうか?
[PR]
by gardenshimada | 2012-02-22 18:13 | ぶどう 作業メモ

ぶどうの寒肥入れ、総て終了


       12月20日、ぶどう寒肥入れ、16品種、総て終了、これで一段落


            ぶどうの根張りは浅いので、細根を極力傷つけないように
d0122497_15555847.jpg
           昨晩秋植えた今年の新苗棚3種。来年初生りしてくれるかどうか?、新短梢栽培の効果は如何に?
d0122497_15593849.jpg
           来年3年目を迎える3種棚。「マニキュアフィンガー」と「瀬戸ジャイアンツ」、来年の出来が大いに気になる。
d0122497_1625784.jpg
           これも来年3年目を迎える3種棚。何と云っても、「赤嶺」、まともな房を付けて欲しいが、3年目ではまだ無理?
d0122497_1665968.jpg
           来年5年目の巨峰棚、来年は更に成熟の房になるか?。真ん中の主幹は、キングデラ、多品種接木候補。

           この他、画像に写してない「しまねスイート」「藤稔」「ナイヤガラ」「ネイマスカット」「ゴルビー」「巨峰のカーテン」
           以上、総て寒肥(発酵鶏糞主体に、少々リン酸と苦土類を加える)投入終了した。後は、堆肥をバラ撒いて完了。
[PR]
by gardenshimada | 2011-12-20 16:19 | ぶどう 作業メモ

ぶどうの剪定作業、総て終了


       12月14日、暖かい、最高気温15℃ぶどうの剪定作業、総て終了


            その1、今年の新苗棚、昭平紅シャインマスカット、ロザリオビアンコ
d0122497_15363265.jpg
d0122497_15364416.jpg
           今年の新苗で初めて試みた「新短梢栽培」、欧州種は、まだ落葉もしてないが、少し早い?と思いつつ、剪定を。
           主枝誘導線を低くすることにより、新梢がV字形になる、剪定は、教科書通り、新梢1芽残しのカットになる。

           業者なら、2年目から出荷できるような房ができるらしいが、樹冠の太さは、昨年の新苗とそう変わらない。
           専門家は、施肥や手入れのノウハウがあるから、それが可能かも知れないが、さて来年どんな結果が出るか?

            その2、2年目棚、高妻、瀬戸ジャイアンツマニキュアフィンガー
d0122497_1603212.jpg
d0122497_1604224.jpg
           いずれにしても、2年目ぶどうなので、剪定は然程の量でもなく、簡単自己流で終了、これでもかなり切り込んだ積り。
           2年目初生りで、「高妻」は予期以上の成果。「瀬戸」と「マニキュア」は、欧州種の難しさを初年度から知る。

            その3、2年目常設屋根付棚、赤嶺翠峰紅伊豆
d0122497_1613142.jpg
d0122497_16131374.jpg
           この剪定も枝数が知れているので、全く思案することなく簡単に終了。伸び過ぎ新梢は、バッサリ切り戻し。
           巨峰系の「紅伊豆」と「翠峰」は、初生りで「高妻」同様の予想以上の成果。やはり悩んだのは欧州種の「赤嶺」だった。

           今にして思えば、この常設屋根の棚に、欧州種を植えるべきだった。やはり常に屋根があることは、安心感がある。
           来年、3年目、この「赤嶺」、別の棚の「瀬戸ジャイアンツ」「マニキュア」が、どの程度良く変化してくれるか?楽しみ。  
[PR]
by gardenshimada | 2011-12-14 16:31 | ぶどう 作業メモ

ぶどう葉の強制落葉を、そろそろ始める

         11月24日、昨日も寒い、今日は、木枯らしの吹く、冬らしい1日


            自然落葉しない ぶどう葉、そろそろ強制落葉させる
d0122497_16211520.jpg
d0122497_16212686.jpg
           なかなか自然落葉しないぶどう葉、11月も下旬になったので、「トラサイドA」を今月中に散布したく、強制落葉を。
           まずは、4年目の「巨峰棚」から、続いて順次行う予定。巨峰系は黄葉も早いが、欧州種は、まだ葉の緑が強い。

            超遅生りの巨峰房
d0122497_16381184.jpg
           葉の陰に隠れて見逃していたが、何時頃から稔り始めたものか?、採って捨てるのも可哀想なので、暫くこのまま。
           小さな粒だが、まだ元気そうな房、低気温でも萎れる気配も無く、このまま年を越して置くとどうなるのだろう?

            強制落葉のぶどう葉は、新棚の捨て穴へ
d0122497_16493858.jpg
           事前に掘っていた ぶどう新棚の捨て穴、落葉ぶどう葉を一杯詰め込んで、その上に「発酵鶏糞」を振り撒き埋め戻す。
           穴は4箇所掘っているので、総てのぶどう葉や剪定屑の捨て場に。来年以降、新棚の良い堆肥になってくれれば。

            ぶどうの皮剥きも、冬場の大事な作業
d0122497_17261995.jpg
           小画像で見辛いが、今、順次行っている皮剥きは、今年2年目の初生りしたぶどう木、大きくUPしたのは、赤嶺。
           これも、実に辛気臭い作業、冬場の害虫寄生を避けるには、不可欠だろうと思ってやっているが、効果の程は?

           冬場の薬剤散布は、11月末の「トラサイドA」、剪定後発芽前の「石灰硫黄合剤」+「ベンレート」を予定している。
[PR]
by gardenshimada | 2011-11-24 17:46 | ぶどう 作業メモ

そろそろ 「ぶどう」 も落ち葉が、捨て穴(剪定屑も)掘りを始める


        11月5日、予報では、午後以降だったのに、朝から本降りの雨


            屋根あり「新苗ぶどう棚」 落ち葉や剪定屑用の穴掘り
d0122497_14164433.jpg
           今日は、早朝から、3回目の籾殻燻炭作りと、玉葱の残り苗の植え付けを済ませようと・・、それが朝から雨。
           仕方なく、屋根ありぶどう棚下の作業、穴掘りを始める。そろそろ散り始めたぶどう葉や剪定屑を捨てる穴。

           ぶどう葉や剪定屑を詰め込み、その上に発酵鶏糞をふりかけ、また埋め戻す。
           これが良い有機肥料となりぶどうに還元する。

            今年の新苗3種、育ちは昨年の新苗並み、葉は、まだ青々としている
d0122497_14503233.jpg
d0122497_14505017.jpg
d0122497_1451845.jpg
           欧州種の「ロザリオビアンコ」や「昭平紅」は、相変わらず樹勢が強く、葉も青い。
           欧米雑種の「シャインマスカット」は、やや黄ばみが出てきた程度。この3種は、新短梢栽培の初実践だが?

            一方、今年2年目の屋根なし3種は、葉の黄ばみと落葉が早い
d0122497_1564752.jpg
d0122497_158557.jpg
           早くから、アーチ屋根のビニールを外し、風雨に晒していたこと、それに、一時寒気が来て以来今日まで暑さが続き、
           昨年のような綺麗なぶどう葉の黄葉は無かった。異常気象現象?、さてどんな結果が来年出るか?

            今年2年目の屋根あり3種は、比較的ぶどう葉が綺麗
d0122497_15253378.jpg
d0122497_15262191.jpg
d0122497_15263861.jpg
d0122497_15265784.jpg
           常時屋根で保護されていると、これだけの違いが出てくるのですね~。これが木の為に良いのか悪いのか?
           この棚でも、欧州種の「赤嶺」は、まだ黄葉の兆候も無く、欧米雑種の「紅伊豆」「翠峰」は、黄ばみが早い。

            ちなみに、屋根あり4年目 巨峰棚は?
d0122497_15394975.jpg
           そろそろ黄葉、落葉が始まった頃、いずれにしてもまだ綺麗な葉で、今年の完全落葉は、相当遅れそうな感じ。
           雨の多い(時に豪雨)日本でのブドウ栽培は、素人考え、常設屋根は不可欠が最良の結論に至るのですが・・。
[PR]
by gardenshimada | 2011-11-05 15:56 | ぶどう 作業メモ

ぶどう巨峰系、2年目(高妻、翠峰、紅伊豆)の再摘粒

         7月1日、入梅37日目今日は朝から雨、10日振り?、涼しい

        久々、適時の良い雨、雨避けぶどう棚で、再摘粒作業、2回目のジベ処理2週間後


            その1、2年目「高妻」の摘粒作業
d0122497_12573076.jpg
d0122497_12583599.jpg
d0122497_12593476.jpg
           2回目ジベ処理の翌日に袋掛けをして、先日、ボルドー液など薬剤散布を済ませたところ。
           摘粒は、2回目ジベ時に済ませていたが、何しろ初生り品種は、肥大化の具合が分からないので、また袋を外し。

           予想以上に肥大化が進んでいたので、再摘粒。2年目の初生りでもあり、今回は思い切って粒数を少なくした。

            そしてまた、袋掛け作業
d0122497_1314149.jpg
           初生りで、10房少々、少ないから二度手間三度手間、それ程厭うことも無く、粒の状態が見れるのは良いこと。
           「高妻」は、初生りから粒や房の状態が良く、予想以上の出来と云う感じ。嬉しい初生りと云うところ。

            その2、2年目「翠峰」の再摘粒作業
d0122497_13351827.jpg
d0122497_13354881.jpg
           房揃いは悪いが、巨大粒の片鱗を充分感じる。これも初生りなので、思いっきり粒を落とした。
           今後、どの程度まで粒が肥大するのか、楽しみなところ。

            その3、2年目「紅伊豆」の再摘粒作業
d0122497_13463479.jpg
d0122497_13464844.jpg
           予想以上に肥大化が進んでいたのが、この「紅伊豆」。現状では、「翠峰」と、そう変わらない粒の形状。
           初生りだから?、「翠峰」同様、粒に落ち着きが無い、あっち向いたりこっち向いたり。これも1房20粒程度に落とした。

           今日は1日雨模様、雨避けがあると本当に助かる。今日は、総て再摘粒をやる予定。
[PR]
by gardenshimada | 2011-07-01 14:01 | ぶどう 作業メモ


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30