カテゴリ: ロザリオ ビアンコ( 6 )

ぶどう4種(ロザリオビア、シャイン、瀬戸、しまね)収穫を終える


         2012.9.16、朝夕は涼しいのに、今日の最高気温予報34℃


昨日(15日)収穫ぶどう、その1、2年目初生り「ロザリオビアンコ

d0122497_5441986.jpg
d0122497_5465158.jpg
当初は、発芽も萌芽も蔓の伸びも遅くて、どうなる?、の心配に反して、最終的に大変わりしたのが、2年目初生りの「ロザリオビアンコ」。
育て易い欧州種でしょうか?、初生りにしては、粒も房も思いの外良好で、糖度もOK。やや皮が厚いのか、裂果も少なく、味は、「しまね」と類似。

昨日(15日)収穫ぶどう、その2、3年目「しまねスイート」、これは裂果が多い

d0122497_633647.jpg
d0122497_664156.jpg
「ロザリオビアンコ」と良く似たぶどう、粒の形状が違うので、2つ並べて比較すれば分かるが、1房だけだと外見だけでは分かりにくい。
表皮の薄い、皮のまま食べれる欧州種ぶどう=裂果し易い。味は双方とも、上品な甘さで強烈な糖度が口に残らない良さもあるように思うが?

昨日(15日)一部収穫ぶどう、2年目初生り「昭平紅」、まだ完熟ではない

d0122497_6225040.jpg
d0122497_623421.jpg
2年目初生りにしては、驚く大粒大房の欧州種ぶどう、まだ下部の粒が完熟に至ってないが、皮のまま食べれる薄皮ぶどう=裂果や腐り易い。
表皮の赤色が、カタログのような見事な紅色にはならず、これも暑過ぎる気温の影響?、糖度はやや低目ですが、デザートには最適かな?

以上3種の外、「瀬戸ジャイアンツ」も、昨日(15日)総て収穫、熟れがここ数日で急速に上がった。3年目では、まぁまぁの粒房かな?
[PR]
by gardenshimada | 2012-09-16 06:35 |  ロザリオ ビアンコ

ぶどう、2年目初生り「ロザリオビアンコ」、我が家で最後の2回目ジべ処理終了

 
 2012.8.1、2年目初生りぶどう、「ロザリオビアンコ」、まだ小粒な初生り

d0122497_17171592.jpg
d0122497_17173037.jpg
当初は、苗も虚弱で発芽も遅く、ジべ処理時も小粒、一時はどうなる?、と、やや心配なぶどうだったが、ここ1ヶ月少々で急激に大きく育つ。
粒が小さかった為、摘粒を曖昧に手抜きしていたが、今時、粒が混み過ぎ状態、再摘粒をしても良いが、初生りは、このままにしておこう。

粒の外観は、「シャインマスカット」と良く似てるが、短楕円形、交配親が、ロザキ×アレキの純欧州種、「ぶどうの貴公子」と評価されているとか。
熟期は、当地で8月下旬頃?、どんな「貴公子」らしい上品な味なのか?、大変興味のある初生りぶどう。当然、マスカット香有り?、と期待大。



    2012.6.26、入梅18日目、梅雨の晴れ日、暑い、最高気温30℃超


2年目初生りぶどう、「ロザリオビアンコ」(欧州種)、初年度は、15房

d0122497_1611518.jpg
昨年の新苗、これも、新短梢栽培、今年初生り15房、多過ぎる?、粒・房揃いは決して良くないが、2年目だからこんなもんでしょうか?
「ロザリオビアンコ」の特徴らしいが、萌芽も開花も遅かった、が、一定時期を過ぎると、欧州種らしい旺盛さを発揮、新梢、副梢も良く伸びる。

我が家では、最後の2回目ジべ処理ぶどう、熟期は、当地で8月下旬?

d0122497_16223741.jpg
d0122497_16225050.jpg
初回ジべ(開花時)から12日目、我が家のぶどう中、最後のジべ処理(25ppm)を行った。僅か15房ですから、300ccもあれば充分。
数日後、摘粒して袋掛け。名門(ロザキ×アレキ)から生まれた貴公子ぶどう、とのこと、岡山の名品「マスカット」を上回る?、初賞味、大期待です。
[PR]
by gardenshimada | 2012-06-26 16:44 |  ロザリオ ビアンコ

昨日入梅、天候不順は、ぶどう雨避けの下で、ぶどうの諸作業


           2012.6.9、入梅2日目、小雨、降ったり止んだり、照ったり


ぶどう 2年目、ロザリオビアンコ (欧州種)、今年初生り開花が遅い

d0122497_1752350.jpg
昨年の新苗「ロザリオビアンコ」、発芽や新梢の伸びも遅く、(そういう品種らしい)、そこは欧州種、中盤からグッと勢いを増し、ドンドン伸びる新梢。
花穂の付き方も遅くて、当方では最も遅い開花になる。まだ殆ど開花が無く、来週になるかな?、今年初生り、これも形、味共、期待の新品種。

早生種、3年目の 紅伊豆、2回目のジべ処理を実施

d0122497_1863976.jpg
d0122497_186549.jpg
流石に早生種、幼粒も程よく膨らみ、2回目ジべ処理時期を迎えた。昨年2年目でも予想以上の大粒房ができ、かなり栽培容易な品種と思える。
今年3年目で、30房程度、まだまだ幼木なので、この程度が限度だろうか?、2ℓのペットボトルを半分に切って、何とか収まる房の大きさ。

粒が膨らみつつある4種の現況、画像のみで

d0122497_18351077.jpg
d0122497_18353586.jpg
d0122497_18355519.jpg
d0122497_18361028.jpg


3年目 瀬戸ジャイアンツ (欧州種)、今日、初回ジべ処理実施

d0122497_18415870.jpg
まだ3年目の幼木なので、何とも言えないが、この難しいと思えるブドウが、理想の形でできれば、少しは、ぶどう栽培を趣味でやってます、と云えるような・・。あの桃割れの粒形状、大きさ、この実現はかなり困難に思えて、しかも味の良さ、最高ランクのぶどう?、成熟期が最も楽しみな一品種。

ぶどう挿し木の鉢上げも、ボツボツ

d0122497_1856304.jpg
今年は、それ程多くの挿し木はしていないが、期待の品種、「天山」「ウィンク」「アレキ」「イタリア」「安芸クィーン」「オリエンタルスター」等、魅力品種が目白押し。これらを鉢に移植して、今年1年シッカリ蔓を伸ばし、来年どうするか?、また考えよう。こう次々魅力品種が出てくると、迷う迷う。

ぶどう台木も畑に移植

d0122497_19104462.jpg
頂き物のぶどう台木穂木(5BB、無毛テレキ)、シッカリ発根、梅雨入りと同時に、新たに作った畑へ移植。来年は、この台木に初居接ぎチャレンジ。
とりあえず、現在挿し木鉢栽培のものを、上記挿し木新品種に台木接ぎ成功させて、入れ替えれば、などと考え中。
[PR]
by gardenshimada | 2012-06-09 19:25 |  ロザリオ ビアンコ

今年のブドウ新苗4種 (ビアンコ、シャイン、昭平紅、ゴルビー)、成長の記録

            8月31日、台風の影響?、蒸し暑過ぎる、高温警報発令中


            今年のブドウ新苗4種、生長の現況

            その1、ロザリオ ビアンコ (欧州種)、新短梢栽培の実践
d0122497_1454252.jpg
d0122497_14554299.jpg
           定植時、最も細かった苗も、今では、幹の太さ(発芽部)が、22mmと、最も成長した。この品種も大器晩成型?
           主枝、副枝共、約2mで摘心、伸びる副梢は、約1mで摘心する、と云う新短梢栽培、現状経過は順調と思える。

            その2、昭平紅 (欧州種)、新短梢栽培の実践
d0122497_15155163.jpg
d0122497_15163540.jpg
           元気の良さでは、ロザリオビアンコ以上。幹の太さ(発芽部)は、21mmと、ほぼ同程度。副梢の伸びも活発。
           これも新短梢栽培の初実践なので、主枝副枝共、2m程度で摘心することにより、副梢を充実させる、という栽培。

            その3、シャイン マスカット (欧米雑種)、新短梢栽培の実践
d0122497_15281016.jpg
d0122497_15282273.jpg
           これが問題の苗(HCの半枯れ)。主枝副枝とも、良く伸びているが、幹の太さ(発芽部)では、20mmに至らず。
           副梢の伸びにムラがあり、主枝副枝の両先端部は、良く伸びるが、中間部の力強さに難あり。

            棚の上部から見てみると
d0122497_15415395.jpg
           手前から、「昭平紅」、「シャインマスカット」、「ロザリオビアンコ」と続く、超過密な品種配置棚。
           主枝誘導線を、地上高165cmと、低くし、副梢をV字形に伸ばしている状態。来年、どんな結果が出るか?

            その4、育たない ゴルビー (欧米雑種)、普通棚栽培
d0122497_15524210.jpg
d0122497_15525675.jpg
           両サイドの鉢の真ん中に地植えしているのが、ゴルビー。葉が白いのは、先日、ボルドー液を散布したため。
           苗は、HCの半枯れ接木苗、苗も虚弱だったが、植え場所も、やや湿り気が多く、不適切だった?、案の定、育ちが悪い。

           幹の太さ(発芽部)も、10mm程度で、本来の半分以下。蔓も2m程度の伸びしかない。
           これを今後、どのように強く育てるか?、来春、植え場所の変更も含めて、何とか、ゴルビーの再生を目指したい。
[PR]
by gardenshimada | 2011-08-31 16:11 |  ロザリオ ビアンコ

今年のブドウ新苗「ロザリオビアンコ」も、2mを超えた

 
              7月31日、ロザリオ ビアンコ (欧州種)、生長の記録

d0122497_15321124.jpg
d0122497_15322623.jpg
d0122497_15324198.jpg
           当初、生育が遅く、この品種の萌芽の遅さは定評らしい。しかし今では、「昭平紅」に劣らぬ樹勢の強さがある。
           敢えて難しい品種を選んだような気がするが、名門血統(ロザキ×アレキ)のぶどうは、育ててみたいもの。

           「ロザリオビアンコ」も、スペースの関係で、L字形一文字仕立てにし、両主枝は、2mで摘心、副梢伸ばしの段階。

           新短梢の狙いは、短く摘心することにより、樹冠の早い拡大と副梢の充実を図るように理解しているが・・。
           果たして、来年どのような結果が出るのか?、低い位置で摘粒作業などが出来るのは、確かに楽だと思う。

         
             7月2日、ロザリオ ビアンコ(欧州種) 成長の記録

d0122497_1430351.jpg
           萌芽が遅かったのは、この品種の特徴らしい。が、その後の生育が早く、↓ の「昭平紅」を追い越しつつある。
           主枝は場所の関係で、L型誘引をおこなっている。親(ロザキ×アレキ)が名門とかで、期待の品種。


     6月18日、入梅24日目あ~、また雨、目まぐるしく変わる日々の天候


            今年の新苗、「ロザリオビアンコ」、遅ればせながら2mを超える
d0122497_15522958.jpg
           24年前に品種登録された新種と云うから結構古い品種。親は、ロザキ×アレキ、植原葡萄研究所の作出。
           親が名門と云うので、憧れで購入した純欧州品種。楕円形大粒種で食味良好、糖度も高く上品な味覚らしい。

            この品種も「新短梢栽培」に、果たしてこの品種に合うのだろうか?
d0122497_16135329.jpg
d0122497_16142799.jpg
           この品種の唯一の欠点は、萌芽が遅く揃わないことらしい。樹冠を太く(小指程度)することがまず先決らしい。
           「新短梢栽培」は、強剪定を繰り返し、収穫を早める意図もあるようで、この品種の繊細さに合うのかどうか?
           やってみないと分からないので、まずトライすることにした。
[PR]
by gardenshimada | 2011-06-18 16:31 |  ロザリオ ビアンコ

「ロザリオ ビアンコ」と、「昭平紅」苗、発注と定植

 
   4月30日、萌芽遅延で定評の、ロザリオビアンコ、やっと発芽(欧州種)

d0122497_20402880.jpg
           この苗は、山形のイシドウさんから購入。この品種を作出したのは、山梨の植原葡萄研究所。
           カタログには、「名門の親から生まれた貴公子」、だそうで・・、ロザキ×アレキの純然たる欧州種。

           何となく、育てるのが難しいように思えるところが、これまた魅力。大粒、薄皮で上品な味の良さも格別とか。
           やっと芽が出たので、今年初年度は、大事に育てていきたい。

   

     2011.2.22、気温が上がり、穂木先端まで覆っていた盛り土を除去

           新芽は、少し膨らみ始めたか?  
d0122497_2415270.jpg
 
               
    2010.9月、新たに注文した苗は 「昭平紅」 と、 「ロザリオ ビアンコ」 、共に 欧州種 

           早い時期から、「昭平紅」という変わった苗が欲しくて、NETで探した結果、山形・天童のイシドウ(苗業者)を見つけ、
           9月早々、 「ロザリオ ビアンコ」と共に初発注。
           イシドウさんは、初めての注文だが、こと、このぶどう苗に関して、価格が実にリーズナブルと云うか、良心的。
           「昭平紅」苗を販売している業者は少なく、他の2社は、倍近いの価格。苗の程度にもよると思うが、そう変わらない?

                   発注苗は、こんな房や果粒、実れば嬉しいね~
d0122497_12044.jpg


            11月24日 追記

            ロザリオ ビアンコ苗、到着、そして 定植
d0122497_101164.jpg
d0122497_10234100.jpg
           冬季は、苗先端まで寒さから守るために、籾殻で覆っていたが、強い風が吹くと、籾殻が吹き飛ばされてしまう。

            そこで、12月19日、とりあえず真砂土で覆い直した
d0122497_1073156.jpg
           更に、キャップを被せれば万全。
[PR]
by gardenshimada | 2010-11-22 12:01 |  ロザリオ ビアンコ


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31