カテゴリ: 赤 嶺 (Sekirei)( 16 )

我が家の最後のぶどう、3年目「赤嶺 Sekirei)」、を、総て収穫

   2012.10.11、夜半の雨の影響?、今日の蒸し暑いこと、軽作業で大汗


が家の最後のぶどう、3年目「赤嶺 Sekirei」、(欧州種)、総て収穫

d0122497_14291654.jpg
d0122497_14301021.jpg
当暖地では、なかなか「赤いマスカット」と云われるような濃紅には色付かない赤ぶどう「赤嶺」、今月末位棚に置いても良かったが、片付かないし、
早く消毒もしたいし、で、今日総て収穫した。「赤嶺」は、「甲斐路」の枝変わり欧州種、3年目ではまだ粒や房も揃わない大器晩成品種らしい。

木の成長と共に、今後、紅の色付きも良くなるかも知れない、ジべ不適合ではあるが、味は大変良い品種なので、今後も大事に気長に育てる積り。
一方、巨峰系の大粒種「翆峰」、棚持ちが良いので、1房だけ残していたが、最近、鳥(鳩)につつかれだしたので、これも今日収穫することにした。
d0122497_15233671.jpg
今年は、総数20房程度、既に味見と称し、半数位は早採りしていたので、今日は、10房少々。これで今年の我が家のぶどうは、総て終了した。

話は変わり、今日、「天山」の自家製接木苗を定植

d0122497_15324199.jpg
一昨年の挿し木「赤嶺」が良く育ち、今春、それを台木に、「天山」の休眠枝を接木したら、数少ない成功例、「天山」の鉢植えが良く育った。
3m程度に育ったので、さて、何処に定植するか?、迷った挙句、「高妻」棚の端に植え、低い位置での垣根仕立てを試みることにした。
果たして、「赤嶺」の台木で、「天山」がどんな結果を出すか?、双方とも勢いの強い欧州品種、これも興味ありで、今後の推移を見守りたい。
[PR]
by gardenshimada | 2012-10-11 15:53 |  赤 嶺 (Sekirei)

赤ぶどう、3年目「赤嶺」の試し採りと、台風に備えビニール雨避けの撤去


      2012.9.28、今日は絶好の秋日和、だが、2日後大型台風直撃?


気温が下がらないと色が付かないぶどう、3年目「赤嶺」、試し採り

d0122497_17112331.jpg
d0122497_17113633.jpg
棚に残る最後のぶどう「赤嶺」我が家では最晩生、画像では忠実な色の再現が難しいが、このところの夜間、早朝の低気温で、ややルビー色に。
昨年初生りは、10月中旬に少量収穫できたが、今年3年目は20房程度、まだ房自体も小さくて、最低5年は掛かる見込み。味は大変良い欧州種。

この種のぶどう(特に赤ぶどう)は、(カタログのような艶やかなルビー色の再現)、ぶどう処、山梨のような高地、涼冷地でないと難しいのか?

2日後、超大型台風直撃予報ぶどう棚ビニール雨避けを外す

d0122497_17382694.jpg
d0122497_17383987.jpg
たかが10m程のオリジナルぶどう棚のビニールアーチ雨避け、取り外し作業が面倒なので、できればこのまま取り付けて置きたいが・・。
どうやら明後日頃、大型台風の直撃が予報されている。昨年の台風被害で、足場もコンクリート補強したが、最も危ないのがこのビニール雨避け。

この棚は、大事にしたい「瀬戸ジャイアンツ」「高妻」など3年目ぶどう、まだまだこれからが本番なので、樹に傷を付ける棚の倒壊だけは避けたく。
それにしても、ビニール雨避けの取り付け、取り外し作業のしんどいこと、何時も素人の1人作業なので、多分、要領も悪いのだろうと思う。
[PR]
by gardenshimada | 2012-09-28 18:02 |  赤 嶺 (Sekirei)

3年目ぶどう「赤嶺」の現況、と、ぶどう挿し木の鉢上げなど

 
2012.9.20、我が家の最後のぶどう、3年目「赤嶺」、完熟は、後1ヶ月?

d0122497_16175916.jpg
d0122497_16201562.jpg
今年は、赤ぶどうの色付きが悪くて。中生種の「赤嶺」も、房により色ムラが多いが、まだマシな方。画像では見にくいが、綺麗なルビー色になりつつある粒も。3年目の幼木では、カタログのような粒や房が出来ないが、昨年(2年目)とは大違い、大分ぶどうらしくなってきた。後1ヶ月棚に置こう。

赤ぶどうの色付きは、当方のような暖地、特に夜間気温の高いところでは難しいと思える。今年のような暑過ぎた夏、色付きはこれからが本番です。



         2012.7.3、入梅24日目、先日の台風並みの豪雨、後曇り


3年目ぶどう赤嶺」(欧州種)の現況、決して易しいぶどうではない?

d0122497_1875627.jpg
昨年初生り時より、1年木が成長した分、大分ましな房になって来たが、この「赤嶺」と云うぶどう、なかなか粒や房が揃わない。今年は、25房。
昨年、この苗の購入先、「赤嶺」を作出した植原葡萄研究所の社長より丁寧なアドバイスを得たが、兎に角、木が育たないと満足な果実ができない。

まだまだ幼木の域なので、この程度で仕方ないのだろう、しかも暖地では色付きが遅く、こちらでは、11月下旬にならないと完熟期は迎えられない。
食感風味とも、大変趣のある欧州種ぶどうであるが、残念なことに、ジべ処理不適合品種とか、皮のまま食べれるのにねぇ~。

いずれこの品種は、半分程度残し、新品種「サニードルチェ」を、今、緑枝接ぎをし、小さいながら育ちつつある、この品種に変えて行こうと画策中。
d0122497_1855587.jpg


ぶどうの袋掛けは、総て終えたが、どの品種も1房は、透明ポリ袋で中身が見えるように

d0122497_1859356.jpg
d0122497_18595115.jpg
ぶどう房に袋掛けを終えると、一段落だが、中身成長の様子や変化が見えない。これが常に見えるように、1房だけ下部開放の透明ポリ袋に。
昨年のテストでは、通気性等問題も無く、色や粒の変化が良く見えて楽しめるので、おススメと思いますが、如何でしょう?

露天地植え、挿し木の「キングデラ」2年目、今年は予想外に良い房

d0122497_1916676.jpg
消毒やジべ処理は、キッチリ行っているが、殆ど放任、雨避けも無し、全く期待もせず、袋掛けもごく一部だけ、それでも良い房ができて・・。

今年のぶどう挿し木は、やや成長不足?

d0122497_19234444.jpg
今冬の寒さの影響?、密植挿し木から鉢上げが遅れたことも?、今年は、新芽新梢の育ちが遅くやや弱いように思えるが、すぐ挽回?
d0122497_19281251.jpg
今年、「赤嶺」や「翆峰」の挿し木を台木に、休眠枝居接ぎを数種行ったが、結局、最終的に成功したのは、「天山」だけ、旺盛に育っている。
技術不足も依るが、台木との相性が合ったのだろうか?。「オリエンタルスター」は、穂木が細かったが、挿し木、何とか成長中。今年の育ちは?
[PR]
by gardenshimada | 2012-07-03 19:38 |  赤 嶺 (Sekirei)

2年目初生りぶどう 「赤 嶺」、粘って遂に糖度20度超、総て収穫


      10月25日、天候不順、夕べも雨が降ったようだ、今日も曇天の1日


            2年目初生り、最終ぶどう「赤嶺」、遂に糖度20度を超える
d0122497_1614169.jpg
d0122497_16183466.jpg
d0122497_16184927.jpg
           初生りなので、元々小さな房、ポロポロ味見や糖度を計っている内に、更に小房に。遂に今日糖度20度達成。
           粒も色も房も、なかなか揃わないが、粒色もこの程度が限度?、9月初旬から思えば、良い粒色になったと思う。

           「赤嶺」は、皮のまま食べれる欧州種。これ以上置くと、皮が硬くなるように感じ、今日総て収穫することに。
           せっかちな私としては、ここまでよく粘れたもんだ。来年の「赤嶺」は、どう変化するか?、遅いブドウもまた良し。

           今年は、ジベ処理をしてしまったが、「赤嶺」作成者(植原さん)の助言では、ジベ不適品種とか、来年は種ありで。
           皮のまま食べれるブドウに種がある、これは不便な食べ方になると思うが、そこは
赤いマスカット味と香りで勝負?

            収穫は、7房、1Kg 少々
d0122497_16505260.jpg
           今年のブドウは、これで総て収穫は終了。巨峰以外は、2年目初生りが主体だったので、収量もほんの僅か。
           特に新物(初生り)は、期待と不安が交錯して、大いに楽しませてくれた、総評としては上出来だったのでは?

           来年は、これ等2年生が、どのように更に良いブドウに変化するか?、そして今年の新苗3種の初生りを期待する。           
[PR]
by gardenshimada | 2011-10-25 17:26 |  赤 嶺 (Sekirei)

色付き良好、目標糖度まで後一息のぶどう 「赤嶺」

             10月17日、朝夕寒さを実感、やっと秋本番の気候に?


            初生り 「赤嶺」、色付きはルビー色?、目標糖度まで、あと一息
d0122497_15421480.jpg
d0122497_15422549.jpg
           ここまで置くと、粒は期待の色になってきた。品種解説書に書いてある、完熟すれば紫赤に、一部それに近い粒も。
           そろそろ糖度は?、目標は、20度。今朝の1粒は、あと一息の19.2度、これでも充分甘いが、後1週間10日待とう。

           それにしても、随分値打ちを持たせるブドウで、暖地では遅くまで楽しめる、その意味で品種選びに間違いなし。
           ポロポロ味見で粒は減り小房になってきたが、来年は、熟期や粒色、房がどのように変化するか?、楽しみ。 

            1房だけ残る小粒 「翠峰
d0122497_1673391.jpg
           かなり遅く花が咲いた1房で、当時、切除とも思ったが、まぁ、置いておくか~、小粒で小房だが、良い色に。
           元々宛にしてなかった房なので、最後の最後まで置いてみるか・・、干しブドウになるまで。
[PR]
by gardenshimada | 2011-10-17 16:24 |  赤 嶺 (Sekirei)

2年目初生りぶどう 「赤嶺」、熟れたものから1粒づつ収穫


     10月7日、今日は爽やか秋日、来月植えるリンゴ新苗、穴掘り始める


            2年目初生り「赤嶺」、やっと良い色に、糖度も18度を超える
d0122497_18521288.jpg
d0122497_1853452.jpg
d0122497_18533479.jpg
           これ程熟期が遅いとは!、これも今年の夏が暑く長かったせい?、唯一残るブドウ、遅くても熟れてくれれば満足。
           チョイチョイ味見、糖度調べの摘み食いをしているので、ダンダン房が小さくなっている。これも新物の楽しみ。

            やっと、糖度が18度を超える粒も
d0122497_1943585.jpg
           初生りは、7房、粒も房も揃ってないが、初生りとは、こんなもんだろう?、甲斐路系統なので、マスカットの味。
           今朝の1粒、初めて糖度が18度を超えた。これでも充分爽やか甘さで食せるが、腐らない限り粘ってみよう。

           2年目の未熟な木では、目標の糖度20度は、無理なのかも知れない。葉も青々として秋を感じられない。
[PR]
by gardenshimada | 2011-10-07 19:20 |  赤 嶺 (Sekirei)

2年目初生りぶどう、「赤嶺」、良い色になって来たが、糖度が上がらない

         9月28日、今朝の最低気温15℃台、初生り 「赤嶺」、良い色に


            2年目、初生り「赤嶺」、リースは飾りではない
d0122497_16162619.jpg
           通路にぶら下がる「赤嶺」の房、今迄不用意に頭をぶっけて、幾つも粒を落として来たので、防護のため付けたリース。
           このところの、急激な夜間気温の低下で、なかなか色付かなかったが、大分良い色になって来た。

            熟れてそうな色の良い粒の糖度を計ってみたが、まだ18度に達せず
d0122497_163042.jpg
d0122497_16302255.jpg
           やっと熟れ始めた段階か?、糖度は相変わらず17度台、我が家で唯一残るぶどう、初生りだから熟れるのも遅い?
           主産地、山梨等では熟期は9月上旬らしいが、当方のような暖地では、1ヶ月は遅れる見込みかな?

            1週間前の粒色比較、色の違いは歴然
d0122497_16422167.jpg
           大変美味い欧州種ぶどうらしいが、「甲斐路」の姉妹品種「赤嶺」、姉より早く熟れるようであるが、寒冷地向き?
           時期が遅れて熟れるのは、当方では大晩生で大歓迎、赤いマスカットと云われる独特の味さえ変わらなければ。
[PR]
by gardenshimada | 2011-09-28 16:57 |  赤 嶺 (Sekirei)

2年目初生りぶどう 「赤嶺」 成長の記録、その後の色付き具合

          9月22日、台風一過、しかし朝は雨、これで本物の秋到来か?


            2年目初生りぶどう「赤嶺」、遅々とした色付きだが、熟れはこれから?
d0122497_1714156.jpg
d0122497_17143245.jpg
           我が家のぶどうも、この「赤嶺」一種残すのみになった。遅々とした色付き、これは初生りの為か?、気温か?
           全く急ぐ気持ちは無く、10月中に熟れてくれれば・・。1粒づつ、ほんのり赤く染まるのを見るのは嬉しいもの。

           このぶどうは、通路に房を下げているため、通る度に不用意に頭をぶつけ、今迄幾つポロリと粒を落としたことか。
           元々小さい貧弱な房が益々小さく、熟れるまでは、通る時は気を付けなきゃ!、と思いつつ、今日も1粒落としてしまった。

            落とした1粒、糖度を計ってみた、まだまだ
d0122497_1881116.jpg
           この房は、最も低く、既に5粒は頭をぶつけ落としたかな?、落ちたついでに初めて「赤嶺」の糖度を計ってみた。
           やはり色が浅い分、糖度はまだまだ進んでいない、食べると、ほんのり甘いが、やはり20度が目安の糖度。
[PR]
by gardenshimada | 2011-09-22 18:09 |  赤 嶺 (Sekirei)

2年目初生りぶどう、「赤嶺」、やっと薄っすら色付き始めた

 
              9月16日、追記、「赤嶺」の色付きが徐々に進んできた


            なかなか色付かない「赤嶺」だったが・・
d0122497_15204095.jpg
d0122497_15205689.jpg
           この暑さでは、色付きが遅れるのは、仕方の無いことかも知れない。涼しい長野や山梨では9月上旬の熟期らしい。
           恐らくこの分だと、来月(10月)中~下旬辺りに熟期を。少々遅れても、初生りで熟れてくれれば、充分満足。 


          9月7日、朝は半袖では寒いが、昼間の作業は汗をかく気候


             2年目初生り「赤嶺」(欧州種)、やっと1房 薄っすら色付き始めた
d0122497_15593193.jpg
d0122497_1612085.jpg
           主産地の山梨では、9月上旬が熟期らしいが、当地のような夜間気温が高い所は、色付きが大幅に遅れるようだ。
           台風以来、朝夕の気温が急激に下がり、明らかに色付き始めた1房、この分だと、当地での熟期は、10月下旬?
 
           まだ他の房は、緑が強く、試しに総て袋を外してみた
d0122497_16201185.jpg
           このような欧州種は、2年目で10房近く初生りさせること自体が珍しい?、本来やるべきことでは無いらしい。
           木の成長を優先させる為に、生らせても精々1~3房?、そこは、趣味楽しみの栽培なので、よろしいのでは?

           それにしても、初生りは、小さな粒や房、生らせ過ぎが原因とも思うが、この辺は、巨峰系とは全く違う現象。
           しかも、ジベ処理実施、これも逆作用してる?、植原さんの忠言通り、来年は、種あり「赤嶺」を楽しむことにしよう。
[PR]
by gardenshimada | 2011-09-07 16:49 |  赤 嶺 (Sekirei)

ぶどう、2年目の「赤嶺」(欧州種)、2回目のジベ処理15日後の状態


               8月26日、初生り「赤嶺」が、なかなか色付かない

d0122497_15335237.jpg
           「甲斐路」の枝代わり「赤嶺」、山梨方面では、9月上旬~の熟期らしいが、当方では色付く気配が全く無い。
           初生りだから?、それとも気温の関係?、鹿児島のぶどう園では、10月頃から色付くこともあるらしい。

           急ぐ気持ちは全く無いが、今、苗購入先「植原葡萄研究所」へ、画像添付で問い合わせ中。どんな返事が来るか?

             ブログUP後、植原社長からメール返事が来ていました

         皆さんの参考になると思いますので、全文紹介します


いつもありがとうございます。赤嶺についてお返事いたします。立派なブログモ拝見いたしました。この品種は純粋欧州種です。欧米雑種と異なり大器晩成型でして最初は房も粒も小さく、着色も遅く、年齢を経るに従いだんだんよくなってくるタイプです。4~6年目にはかなりいい木になるはずです。成木は10年くらいです。写真の粒の肩の辺りがほのかに薄いピンクに変わっているように見受けます。9月から10月まで観察してください。なお、ジベレリン処理には不適な品種です。果実の軸が硬化しすぎて商品価値が下がり、ブルームが落ちてテカテカに光り、これも商品価値を落とします。しかも着色が遅れ不揃いになります。誰も成功しておりませんから今では誰も処理しなくなりました。次年度は無処理になさるようおすすめいたします。サニー・ドルチェならジベ処理で種なしになり着色もまあまあいいですからこちらの方がおすすめです。甲斐路もジベ処理がうまくいきません。残念ながらだんだん消えていくことになりそうです。皮ごと食べられ種なしの品種が主流の世の中になりそうです。私の園の赤嶺は老木になり成木時代のいい色にはなりません。10年~25年の頃が最高でした。50年生の甲斐路はもう限界で生きているだけです。ブドウと人間は寿命がほぼ同じようで70歳を超えた私と似たり寄ったりでいい実を付けてくれません。写真をお送りします。老木の赤嶺です。まだ紙袋の中ですが先端の塩化ビニール傘の房は着色し始めました。木本の房はまだ青いです。35年生ぐらいだと思います。ご参照下さい。また今後ともよろしくお願いいたします。植原宣紘



            7月8日、昨日は大雨今日は一転、梅雨明け、蒸し暑い


            2年目の「赤嶺(セキレイ)」(欧州種)、今年初生りは、7房
d0122497_12434641.jpg
           著名な赤粒ぶどう「甲斐路」の枝代わり、早生種、赤いマスカットとして、人気品種とのこと。熟期は8月下旬~。
           初年度から旺盛な樹勢で、幹の太さは、他の2年目の中でも随一。2年目でも、かなりの初生りを予感させたが・・。

           この棚は、「赤嶺」、その後方、「翠峰」、「紅伊豆」、「巨峰」へと続く、ぶどうのアーケイド風棚(畑への通路)。

            2回目のジベ処理、15日後の状態
d0122497_13144214.jpg
d0122497_1314532.jpg
           初生りで7房は多過ぎる?、の心配もあり、思いっきり摘粒、1房20粒程度にしたが、予想程肥大化は進んでいない。
           巨峰系の「高妻」、「翠峰」、「紅伊豆」の方が現状でも粒が大きい。「赤嶺」は、今後大きくなるのかも?

           初めての欧州種、何かと、特に病気に気を使ったりしているが、今のところその兆候は無いように思える。
           それと、欧州種に共通して云えることか?、粒に艶があり綺麗に見える、これは皮が薄いことに関連あるのだろうか?
[PR]
by gardenshimada | 2011-07-08 13:49 |  赤 嶺 (Sekirei)


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31