カテゴリ: 瀬戸ジャイアンツ( 13 )

そろそろ採り頃 ぶどう、「瀬戸ジャイアンツ」「シャインマスカット」、1房試食、糖度も計ってみた


      2012、9.12、今日の早朝気温19.9℃肌寒い、本物の秋到来?


そろそろ採り頃 ぶどう、その1、3年目「瀬戸ジャイアンツ」、1房試食

d0122497_1552685.jpg
d0122497_15522140.jpg
「瀬戸ジャイアンツ」、本場岡山では「桃太郎ぶどう」、高級ぶどうとして知られ、成熟木の立派なものは、1房 5千円~1万円もの値が付いている。
我が家の「瀬戸ジャイアンツ」は、まだ3年目の未熟木、房、粒も小さくて不揃い、特徴の粒の桃割れも数粒にしか出ていないが、そろそろ採り頃?

チョコチョコ1粒摘まんで試食はしていたが、今日は、日当たりの良い、熟れた小さな房を1房初採り、大粒の重量や糖度を初めて計ってみた。
20gは、特に大粒、。糖度も、この程度で充分では?、皮のまま食べれる品の良い甘さ、これに香りが付けば最高ぶどう、あの高値は何処が違う?

そろそろ採り頃 ぶどう、その2、2年目初生り「シャインマスカット」、1房試食

d0122497_16225768.jpg
d0122497_16231211.jpg
昨日、大手スーパー、イオンの果物売り場を久々見たら、「シャインマスカット」が1房1パック、898円で並んでる、それも青い粒で、熟れてるの?
私は、趣味栽培だから、極力樹上完熟させたい、明らかに粒色が違う。今年2年目初生りなので、粒・房は小さいが、糖度は充分かな?

「シャインマスカット」のカタログ値は、1粒大粒で12~14g、糖度20度前後。当方は、初生りなので、今年の小粒小房は、止むを得ない。
このぶどうも、皮のまま食べれる品種。味は大変いいですね~、「アレキ」の血を引いてるので、フワ~ッとした香りが何ともよろしい。お勧めぶどう。

今年の失敗作 ぶどう、3年目「紅伊豆」、何時まで経っても赤く染まらない

d0122497_16495351.jpg
d0122497_1650734.jpg
3年目「紅伊豆」、今年は大粒で沢山房を付けたので喜んでいたが、画像の如く、何時まで経っても赤くならず、糖度も低い。今年は完全な失敗作。
早生種なので、遅くても8月中旬には全粒色付いて、収穫期、本来大変美味いぶどう。失敗は、何が原因?、樹勢の割に沢山房を付過ぎた?

それ以上に、不可抗力と思うことは、今年の過去に無い、昼夜を問わない暑さが、早生種故に赤色を付けなかった?、早生の赤ぶどうは難しい?
これ以上、房を樹上に置いても、赤く染まらず、腐り始めるので、生熟れは不味いし、今年は残念だが、全房廃棄処分せざるを得ないと思ってます。
[PR]
by gardenshimada | 2012-09-12 17:12 |  瀬戸ジャイアンツ

ぶどう、3年目「瀬戸ジャイアンツ」、2回目は、ジべ+フルメット処理、やはり粒が小さい


    2012.9.4、3年目ぶどう、「瀬戸ジャイアンツ」、今年は、まぁまぁ

d0122497_14141256.jpg
d0122497_14142732.jpg
比較的管理育成が難しいと云われている欧州種ぶどう、2年目初生りでも、そこそこ立派な粒を付ける品種もあれば、時間の掛かる品種も多い。
この「瀬戸ジャイアンツ」も、木が成長しないと本来の大粒は難しいようである。3年目で、まだ小粒ではあるが、何とかそれらしい粒房に。

総ての粒に、特徴の桃割れが入るのは、来年以降だろうか?、完熟期は、今月下旬?、そろそろサンプル賞味しても良さそうな房もある。
ぶどう農家の作る立派な「瀬戸ジャイアンツ(桃太郎ぶどう)」は、1房ビックリするような高価な値段で売られている、それだけ価値あるぶどうとも。



    2012.7.25、やはり難しい、欧州種ぶどう、「瀬戸ジャイアンツ

d0122497_16385216.jpg
d0122497_16394142.jpg
これぞ期待の欧州種ぶどう、昨年より確かに良くなったが、3年目の今年は、13房残してみた。またこれが多過ぎたのか?、粒が大きくならない。
特徴の粒形状、桃割れもまだ少ないし、3年でこの程度なら充分と思うべき?、成木、5年以降を待たないと、理想的な粒が多分、できないのだろう。 


     2012.7.9瀬戸ジャイアンツ、昨年比、大分良くなった

d0122497_17121523.jpg
d0122497_17131371.jpg
昨年初生りは、小さな粒や房、今年3年目も、多分似たようなものだろう?と、多めに摘粒(1房20~25粒程度)し、早めに袋掛けした。
今日、袋を外し、粒の生育具合を見ると、予想以上に粒が肥大、再度、摘粒をし、プロのブログで学ぶ、玉直し(位置を変える)をやってみた。

粒も、この品種の特徴、桃割れ症状も出てきて、大分「桃太郎ぶどう」らしく。成木になれば、1粒20gの大粒種、今年は、何gまで育つか楽しみ。
昨年初賞味済み、年々味も向上するのだろう、昨年の小粒でも、「これは美味い!」、皮のまま食べれる最高の味だった。ジべ・フルメット処理済。


           2012.6.20、台風一過、晴れたり曇ったり蒸し暑い日


ぶどう、3年目「瀬戸ジャイアンツ」(欧州種)、2回目は、ジべ+フルメット処理、粒が小さい

d0122497_1754401.jpg
d0122497_17545668.jpg
d0122497_17551067.jpg
最終的に残した房は、13房、初回ジべ処理が開花直後で、早過ぎたのか?、3年目では、この程度か?、独特桃割れ粒も少なく、粒が小さい。
初回ジべ(25ppm)は、11日前、今日は、2回目ジべ(15ppm)+フルメット(3ppm)を実施した。特にフルメットの計量は概略適当、合ってるのか?

「瀬戸ジャイアンツ」は、育てるのが難しい、の先入観が先に立ち、プロが作るような、あの大粒で独特の形状、これは永遠の課題かも?
昨年、初生りで数粒賞味したが、味は、ぶどうの中でも最高ランクに属する美味さ(私の食味)、今年は、完熟時、どこまで大粒になるか?が興味。

今日は、台風一過で、ぶどうの袋掛け4種、「翆峰」「紅伊豆」「高妻」「マニュキュアフィンガー

d0122497_18492313.jpg
d0122497_18511256.jpg
d0122497_18515771.jpg
3年目「藤稔」の粒房は、昨年よりかなりぶどうらしい形になったが、まだ房が揃わない、幼木故?、粒もゴルフボール大は、まだまだ夢の話。
結局、今日の袋掛けは、別作業の合間合間に、100少々、これが結構疲れる作業、予定の「巨峰」は、明日回し。

ぶどう、緑のカーテン、これも15房袋掛け

d0122497_1974861.jpg
上は、「巨峰」と「紅伊豆」のカーテン、ぶどうのカーテンとしては、ほぼ完成かな?、下の挿し木鉢植え、「昭平紅」だけが結実、ジべ処理も終えた。
[PR]
by gardenshimada | 2012-06-20 19:14 |  瀬戸ジャイアンツ

ぶどう、今年3年目の4種、ここ数日の低気温で、やや停滞か?


              2012.5.12、早朝は寒くて、冬衣装で、恒例 犬の散歩


               今年3年目「ぶどう」、ここ数日の寒さで、旺盛な伸びもやや停滞か?

3年目棚、3種3本(欧州種2本と、欧米雑種1本)

d0122497_16501551.jpg
この棚も、長さは約10m、ここに ぶどう3本の過密植栽、両サイドのぶどう蔓は、隣(奥)の棚と直結、L字型に配置している。手前は、イチゴ。

3年棚、その1、「瀬戸ジャイアンツ」、今年の粒は?

d0122497_1713837.jpg
欧州種らしい、天に向かって旺盛の伸びる新梢、昨年初生りは、10房少々だったか?、小さな粒だったが、今年はどこまで大粒ができるか?
まだ幼木、そう期待はできないが、今年の花穂は、やや大きくなった?。花穂の長さは、このぶどうの特徴?、必要なのは先端1㎝少々だが。

3年棚、その2、「マニキュアフィンガー」、今年は、まともな房ができるか?

d0122497_17142229.jpg
これも欧州種、瀬戸ジャイアンツと似たような新梢の伸び方、今のところ伸びに任せているが、その旺盛さは、時に手を焼く強烈品種。
昨年の初生りは、生理障害でまともな房ができず、幼木は総てそうらしいが、今年は、少しはまともな房ができるだろうか?、特徴ある品種。

3年棚、その3、「高 妻」、巨峰系黒ぶどうでは、最高の味と思うが

d0122497_1727880.jpg
昨年は初生りでも、大きな粒、整った房、味は最高、と、驚くような出来栄えだった。多分、それなりに改良された作り易い優良品種と思う。
新梢も、欧州種と比べ、大変扱い易い。やや晩生種なので、花穂は今後ドンドン大きくなる、今年は、昨年の倍以上、セーブして30房位か?

3年目の別棚、「しまねスイート」、昨年も綺麗な粒を付けた欧州種

d0122497_17445666.jpg
この品種も旺盛な伸び方をするが、「赤嶺」「マニキュア」「瀬戸ジャイアンツ」に比べ、何処となくしなやかさがある、優雅な品種のような。
皮のまま食べれる=皮が薄い=裂果し易い、病気にも弱い、作る前は大心配だったが、昨年は初生りでも、まずまず。今年はどうかな~?

余談ぶどう休眠枝 高接ぎの結果は如何に?、接いで9日後の現況

d0122497_1862144.jpg
4か月少々、冷蔵庫で保管していた、頂き物の貴重な休眠枝、長期保存だったので、穂木は全体に黒ずみ、大丈夫かな~?と思いながら、
ぶどうの水揚げが終わったと思える、5月3日、初めての休眠枝高接ぎを試みた。取り敢えず、最初は、4種4本。1本は約1週間で完全枯れ。

接木後、まだ9日で何とも予測しがたいが、少し芽が膨らんできた、ひょっとしたら、活着するかも知れない、淡い期待を持ち見守り中です。
[PR]
by gardenshimada | 2012-05-12 18:24 |  瀬戸ジャイアンツ

2年目初生り 「瀬戸ジャイアンツ」、総て収穫、これは旨いぶどう!


     9月13日、この暑さは何時まで続く? 、大汗で冬野菜の定植等済ませ


            2年目初生り「瀬戸ジャイアンツ」、残り房総て収穫
d0122497_16115178.jpg
d0122497_1612741.jpg
           初生り故、小さい房だが、良い粒色になって来たので、残り8房少し早い?とも思ったが、今日総て収穫することに。
           初作り、「夢の欧州種ぶどう」、初回の台風で、早くから雨避けビニールを外したが、何の影響を受けることも無く。

           粒の表面が、褐色に変色しているのは、若木時代の特徴らしい。小さくても、ここまで育ってくれたことは感激。

            この1房だけは、もう暫く樹上に置いて、どう変化するか観察
d0122497_16383139.jpg
           「瀬戸ジャイアンツ」の粒特徴、溝が表面に出来る、1粒(中央)だけその兆候はあるが、初生りでは難しいようだ。
           開花直後、25ppmのジベ、10日後、15ppmのジベ+フルメット3ppmを実施したが、初生りでは、この程度が限度?

            収穫の7房は、粒も房も小さいが、糖度は、この程度で充分
d0122497_16561573.jpg
d0122497_16584853.jpg
          木が4~5年経過すれば、粒も20g~、1房800g~の収穫が期待できるようであるが、そこまで維持、育成できる?
d0122497_1774541.jpg
           今回収穫の僅かな7房は、1房平均200g前後の小房であるが、私としては、充分満足の初収穫だった。
           味の方も、皮のまま食べる抵抗は全く無く、嫌味の無い上品な甘さ、無核化も完全成功、気合の入るぶどうである。

           巨峰系とは、全く違った食味食感で、一般的なブドウと云うより、デザート感覚で食べれるフルーツと云う感じ。
           嘘偽り無く、美味いブドウです。
[PR]
by gardenshimada | 2011-09-13 17:31 |  瀬戸ジャイアンツ

台風直撃は免れそうに無い、どこまで耐える?、ぶどう棚屋根


    9月2日、この時間(PM3:00)で風雨強く台風直撃は免れそうにない


            やばたい「ぶどう棚と屋根」、台風直撃で、どこまで耐える?
d0122497_13591322.jpg
           今回の大型台風は、もろに我が方に進路を向けているようで、今深夜頃から、大荒れしそう。
           張りボテ屋根の粗雑なぶどう棚、我が甘い想定は、何処まで耐えられるか?、この画像の一部は見納めか?

            かなり熟れが進んでいる「瀬戸ジャイアンツ」を、全部収穫しようと思ったが・・
d0122497_14164537.jpg
           今朝、2年目初生り9房の袋を外して、総て収穫しよう?、と思ったが、良く見ると熟れにムラあり。
           西日の当たる西側は、良い色に熟れているが、反対側は、まだ粒に青味が残る房が総て。採るにはまだ早い。

           チョット気になる大事にしたい初生り「瀬戸ジャイアンツ」、結局、強烈風の洗礼を受けさせることにした。

            この際、最も出来の悪い1房、試し採り、糖度の高さに驚く
d0122497_14393318.jpg
           初生りなので、総体的に粒も房も小さいが、中でも最も粒の少ない(12粒)1房を初採り。まだ完熟とは云えない小房。
           案の定、小粒軽量だが、糖度を計って驚いた、20度を超えている。味見すると、これがまぁ、嫌味のない甘さで。

           皮のまま食べれる品種、期待のぶどうでもあり、今回の台風を乗り越えて、9月中旬に残り8房収穫したい、と。
            
[PR]
by gardenshimada | 2011-09-02 15:03 |  瀬戸ジャイアンツ

初生り「瀬戸ジャイアンツ」、熟期は9月~、大分熟れてきた

 
     8月27日、「瀬戸ジャイアンツ」、1粒初味見、驚きの糖度、美味い!

d0122497_16435248.jpg
d0122497_1644449.jpg
           熟期は、9月中旬以降と、のんびり構えているが、そろそろ気になり始め、1粒初味見、糖度も計ってみた。
           初生りなので、粒も房も小さいが・・、(これが欧州種の特徴ですね)、まだ未熟と思えるが、糖度の高さに驚き。

           初回ジベ処理、2回目+フルメットも処理済、種無しは成功するも、粒の大きさは、初生りではこの程度が限度か?
           20g程度の大粒大房、特徴の桃のような溝のある粒、これは、4~5年経過、樹の生長と共に現れる現象だろう、と。



         8月15日、新種「瀬戸ジャイアンツ」の初生りは、嬉しいもんで・・


            待ちわびる程でもないが、気になる熟れ具合
d0122497_12343866.jpg
d0122497_12345232.jpg
           新苗の初生りは、どの品種でも気になるもので、特に「瀬戸ジャイアンツ」は、期待も大きかったので関心も強い。
           初生り粒色も、緑黄から黄色の強い緑に変化、熟れが順調に進んでいることが分かる。完熟期は、9月以降

           果軸(果梗)の長いこと、これは欧州種の特徴なのか?、小さめに多く摘粒しているので、尚更長く感じる。

            1粒摘んで初味見、結構甘くなっていた
d0122497_1322087.jpg
d0122497_1323239.jpg
           2年目初生りなので、粒も房も小さい、大きそうな粒を計ってみたら、3cm弱、これが1粒30gになるのは何年後?
           幼木期は、粒に「褐色のしみ」が出易い、の通り、熟すにつれその症状が現れる。それを1粒、予想以上甘かった。

           粒の特徴、桃割れのような溝が出る粒は少なく、これも樹の生長と共に、それが顕著になるのだろう。           
[PR]
by gardenshimada | 2011-08-15 13:31 |  瀬戸ジャイアンツ

ぶどう、2年目初生り欧州3種(瀬戸ジャイアンツ、赤嶺、しまねスイート)の現況

       8月3日、9月上旬から熟す、2年目初生り欧州3種ぶどうの現況


            その1、瀬戸ジャイアンツ (別名 桃太郎ぶどう)
d0122497_13501058.jpg
d0122497_1351333.jpg
           熟期を来月に控え、少し大きくなり、粒特徴の溝も出てきたが、2年目初生りでは、これ以上大粒は望めそうに無い。
           小さな粒、房でも、2年目で大過なく9房実ったことは、大いなる幸運と思うようにしている。
d0122497_1483768.jpg
           別名、「桃太郎ぶどう」、これは、原産地岡山でのみ商標として許されている名称らしいが、趣味栽培では自由だろう。
           木の成長と共に、年々完成に近い粒や房に育つことが、大変楽しみな美しい粒の魅力品種と、初生りで確認できた。

            その2、なかなか赤くならない赤嶺、初生りは7房、熟期は9月~
d0122497_14255551.jpg
d0122497_1426777.jpg
           撮ったカメラの画質のため?、より緑が強く見えるが、なかなか色付きが始まらない。緑の赤嶺では洒落にもならず。
           これは、幼木初生りの為か?、それとも今月急激に赤く染まるのか?、粒も小粒で揃わず、意外に苦戦品種。

           赤嶺、甲斐路の初生りをご存知の方は、是非その状況を教えて下さい

            その3、しまねスイート、まるでエメラルドのような輝き
d0122497_14511013.jpg
d0122497_14514060.jpg
           初生りで小粒だが、粒の美しさでは、他を寄せ付けない透き通るような美しさがある。まさに、島根の名品?
           裂果の危険性と、病害に弱いとの予備知識で、かなり神経を使って育てたが、それ程苦にする事も無く、10房。

           この品種も、熟期は9月~。これも名門の一種?(アレキ×リザマート)、さて、高評価ぶどの初味は?

           欧州種を初めて育ててみて、現段階で思うことは、巨峰系と比べ、ジベ処理をしても、初生りの粒の小さいこと。
           やはり欧州種は、じっくり時間を掛けて、しかも細心に育て上げる品種、と云うことが何となく分かったような・・。
[PR]
by gardenshimada | 2011-08-03 15:26 |  瀬戸ジャイアンツ

ぶどう、2年目の「瀬戸ジャイアンツ」、ジベ+フルメット処理、21日後の現況


           7月13日、2年目初生り、瀬戸ジャイアンツ(欧州種)の現況


            瀬戸ジャイアンツ、初生りは、9房
d0122497_13123638.jpg
d0122497_1393861.jpg
           岡山生まれで特産、今や全国規模で栽培されている、別名「桃太郎ぶどう」、やはり憧れて作ってみたくなる欧州種。
           粒の形状に特徴があり、2~3筋の溝ができる大粒種。表皮が薄く皮ごと食べれて糖度も高い、これは魅力ぶどうだが。

            2回目のジベ+フルメット処理、21日後の粒
d0122497_1336323.jpg
d0122497_13361581.jpg
           初生りなので、これもかなり思い切って摘粒をしてみた。しかも、9房も生らせたのは、多過ぎるかなぁ~?と。
           熟期は、9月上旬~なので、まだ2ヶ月近い若い粒だから?、その肝心の2~3筋の溝がある粒が現状少ない

           日頃袋を被せているので、日々観察はしていないが、今日見た感覚では、思った程大粒になっていない。
           2回目のジベ15ppmに、初めてフルメット3ppmを加用したが、この計量等に多少の誤差があったのかも知れない?

           2年目初生りだから、生っただけでも大変嬉しいことで、例え小粒で特徴の筋が無くても、来年に期待すれば良い、とか。
           プロのぶどう栽培者は、新種導入に、4~5年位は試験栽培されるとか。これが本当の目安期間なのだろう。
[PR]
by gardenshimada | 2011-07-13 14:05 |  瀬戸ジャイアンツ

最後の2回目ジベ+フルメット処理は、2年目「瀬戸ジャイアンツ」

             6月23日、入梅29日目暑い暑い、最高気温32.6℃


            最後は、大本命、2年目の「瀬戸ジャイアンツ」(欧州種)
d0122497_17573893.jpg
           岡山生まれの特徴ある大粒ぶどう、現地では、「桃太郎ぶどう」と呼ばれ大変人気が高い、我が憧れのぶどうの1つ。
           苗は、植畑葡萄研究所から購入、一般的に素人には難しいと言われているぶどうが、2年目でできるとは!

            あの3つ割れの粒、その片鱗が?
d0122497_1881644.jpg
d0122497_1882870.jpg
           初回ジベ処理10日後の粒、房の状態。何せ2年目初生りを目指す粒なので、本来の形が出るかどうか?
           かなり摘粒をして、1房最大30粒程度、或いは以下で試してみようと。

            初めて2回目でフルメットを加用 (ジベ15ppm+フルメット3ppm)
d0122497_18213657.jpg
           2回目は、肥大を促す処理、初めてフルメットなるものを、教科書通り使ってみた、少量なので僅かな加用。
           結局、最終的に9房残すことにした。2年目で、この数が多過ぎるのか?、この辺が分からないところ。 

           この「瀬戸ジャイアンツ」を最後に、今年は、12品種総てのジベ処理が終了、今年初生りの9種、さてどんな結果が? 
           明日、この瀬戸にも袋掛けをすると、ぶどう話題は一段落。 ぶどう挿し木は伸び放題、鉢上げ開始しないと。         
[PR]
by gardenshimada | 2011-06-23 18:48 |  瀬戸ジャイアンツ

またブドウ話題、最後の花穂満開は、大本命「瀬戸ジャイアンツ」

          6月13日、入梅19日目嬉しい太陽、果樹も野菜も元気復活?


            我が家の最後のぶどう花穂満開は、大本命、2年目の「瀬戸ジャイアンツ
d0122497_1975144.jpg
d0122497_198391.jpg
           どの品種も甲乙付け難いブドウであるが、中でもこの品種、私には夢のぶどう、今年2年目で13の初花穂が付いた。
           2年目の幼木では、幾房までが限度か?、これがよく分からない。折角付いた花穂、楽しみで総て育ててみよう。

            花穂にもいろんな形があり、花が小さい
d0122497_19265595.jpg
           これで満開?、多分、初花穂なので全体的に小さいのだと思う。花穂は、4cm弱に房作りして満開を待った。
           それにしても粒の数が多過ぎる?、先端をカットしたりしなかったり、まさに暗中模索。13穂、幾つまともに育つ?

            今日、1回目のジベ処理を実施
d0122497_19394716.jpg
           我が家のブドウでは、最後の1回目ジベ処理(25ppm)。今日で良いのかなぁ~?、少し早いかなぁ~?
           多分、小さくても、あの3つ割れの桃のようなぶどう、夢です。2回目10日後は、フルメット加用の予定。                       
[PR]
by gardenshimada | 2011-06-13 19:51 |  瀬戸ジャイアンツ


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31