カテゴリ:ぶどう 全般( 63 )

ぶどう、新苗(4種)の新芽、今朝の状態


            5月10日、早朝から大雨、最近の乾燥には絶好の雨だが


       昨日のトマト苗、残りを植え付けしようと早起きしたら、大雨。で、ぶどう新苗の観察。


            1、今年の新苗、「昭平紅」 と、「ロザリオビアンコ」 (共に欧州種)
d0122497_82846100.jpg
           「昭平紅」は、至って順調、楽しみな新品種。
           「ロザリオビアンコ」は、発芽も成長も遅いのが特徴と聞くが、やっと展葉拡大期を迎えたのか?、今後急成長?

            2、今年で2年目の再生新苗、「シャインマスカット」と「ゴルビー(共に欧米雑種)
d0122497_8464723.jpg
           「シャインマスカット」は、結局、この位置まで切り戻し、この1芽を生かすことにした。日々伸びているので一安心。
           「ゴルビー」は、当初から低く切り戻し、意外に強い新梢で、今年は、期待できそう。
           双方とも、HCの時期外れ安苗だったが、1年遅れたが、再生させて正解だったかも知れない。


           このところ、ぶどうの新梢の伸び、成長は著しく、花穂も急拡大している。
        特に、巨峰など、3~4年生は、花穂の副穂をカットしたり、房作りの時期に入ってきた。

[PR]
by gardenshimada | 2011-05-10 09:09 | ぶどう 全般

展葉が急速に進む、「ぶどう 6品種」の現況

           5月5日、今日も暑い展葉が早い、ぶどう 6品種、今日の姿


            1、4年目の棚栽培、「巨峰
d0122497_13114473.jpg
           今年は萌芽が遅れたので、展葉も遅い、と思っていたが、5月以降急激な気温上昇で、日々伸びる新芽。
           既に花穂も見え始めた。今年は、多めに芽欠きをして新芽を少なく、昨年並みの生り数を試みている。

            2、 巨峰 緑のカーテン、挿し木苗で今年3年目
d0122497_1328497.jpg
           東面の中窓で、朝日が良く当たる場所。朝日の効果なのか?、最も早く萌芽し展葉も早い。
           昨年は、窓半分だけのカーテンだったが、今年は、窓全面に「巨峰のカーテン」ができる予定。

            3、キングデラ、棚栽培、3年目
d0122497_13385360.jpg
           2年目と3年目では、こうも違うものか?、と云う程、芽の育ちに力強さがある。
           昨年の初生りは、小さな房だったが、今年は、1房400g達成できるか?、房数もかなり制限。

            4、キングデラ 鉢栽培 行灯仕立て、挿し木2年目
d0122497_13465892.jpg
           鉢栽培5品種の内、最も成長の早い、今年2年目の挿し木キングデラ。鉢栽培も今年初試行。
           既に、初花穂も、今年初生りなので、中粒品種と云えど、生らせるのは、やはり3房程度か?

            5、ナイヤガラ、棚栽培、3年目
d0122497_13564566.jpg
           昨年の初生りは、キングデラ同様、小さな房だった。やはり3年目となると、芽の強さが全く違う。
           ぶどうは、最低3年目から、と云うことが良く分かる。素朴な風味と香りのナイヤガラは好みの品種。

            6、これが意外に早かった期待の「マニキュアフィンガー」、2年目
d0122497_1483614.jpg
           欧州種で、作るのは難しいと聞いている品種だけに、萌芽や展葉が早くて、何となく期待を持たせてくれる。
           2年目で初生り、恐らく小さな房と思うが、あの粒や色は、私には魅惑の期待品種、5房位生らせてみたいが・・。

            7、藤 稔 棚栽培、2年目
d0122497_1418222.jpg
           昨年の新苗育ちが、余り良くなかったが、今年は、力強く立ち直ってくれた。 芽数もかなり少なくして・・・。
           今年2年目で初生りを狙うが、あの大粒は、多分無理だろうなぁ~?、3~4房初生りさせてみたい。

            8、紅伊豆 棚栽培、2年目
d0122497_14284327.jpg
           早生種だけあって、萌芽も展葉もかなり早い。これも昨年の育ちが弱かった。主枝が他と比べ細い。
           これも、芽欠きを多くして、少なくした芽を強く育てようと、これが良いのか悪いのか?、2年目の実験。 


            出足の早い、以上6品種(既に花穂のできているもの)、記録の為に掲載してみた。         
[PR]
by gardenshimada | 2011-05-05 14:44 | ぶどう 全般

今年のブドウ新苗、「ロザリオビアンコ」等も、萌芽を始めた

              4月30日、今年のブドウ新苗も、揃って萌芽し始めた


            1、萌芽の遅さでは定評の、「ロザリオビアンコ」も、やっと発芽 (欧州種)
d0122497_20402880.jpg
           この苗は、山形のイシドウさんから購入。この品種を創作したのは、山梨の植原葡萄研究所。
           カタログには、「名門の親から生まれた貴公子」、だそうで・・、ロザキ×アレキの純然たる欧州種。

           何となく、育てるのが難しいように思えるところが、これまた魅力。大粒、薄皮で上品な味の良さも格別とか。
           やっと芽が出たので、今年初年度は、大事に育てていきたい。

            2、萌芽も早かった、育ちもほぼ順調 「昭平紅」 (欧州種)
d0122497_2181888.jpg
           山形のイシドウさんより購入苗、欧州種の親が不明と云う謎のブドウ、作った人は、秋田の高橋昭平さん、とか。
           この品種名が、プロ栽培者間で話題になっていて、サイト上で探したのが、イシドウさんの苗、しかも価格が良心的。

           今、安全の為、2本の新芽を伸ばしているが、その内、左側1本にする予定。
           「皮ごと食べれて、カリカリ食感の赤大粒」ぶどう、だそうで、大変興味ある一品。新短梢栽培にもチャレンジ。

            3、2年目再生「ゴルビー」も、元気復活なるか?(欧米雑種)
d0122497_21421566.jpg
           昨年2m程伸ばしたが、樹勢の弱さを感じて、今年切り戻して再生を期するHC売れ残り安苗。
           当時、同じ条件で「安芸クイーン」も買えたが、この品種を選んだのは、巨峰系でないこと。レッドクイーン×伊豆錦。

            4、2年目、再生なるか?、「シャインマスカット」、今、芽を選択中 (欧米雑種)
d0122497_21572232.jpg
           昨年、鉢で養生栽培、よく伸びたが、主幹の弱さに不安があり、切り戻してこの場所に植えたHC売れ残り苗。
           やはり樹勢が弱いのか?、なかなか萌芽せず、どの芽を主幹にするか、萌芽後の芽の育ち待ち中。

           人気品種で、マスカット香もあり、味も抜群とか?、1年遅れても、何とか再生させたいので、大事に育て中。
           うまく再生できたとしても、新苗は、信頼ある専門業者から購入した方が結果的に安心して育てられる、教訓を得る。
[PR]
by gardenshimada | 2011-04-30 22:18 | ぶどう 全般

今年のブドウ新苗、やっと一種(昭平紅) 萌芽

         4月18日、春冷の候、予報通り、午後から大雨、不安定な気候


           今年の「ぶどう新苗 No.1」、やっと1種(昭平紅) 萌芽
d0122497_1357198.jpg
           昨年に遅れること2週間、今年は余程育て方が下手だったのか?、寒過ぎたのか?、発芽が遅すぎる
           最も期待する新苗、「昭平紅」の萌芽で、まずは一安心。このぶどうは、成り立ち(素性)が謎だけに、興味津々。

            今年の「ぶどう新苗 No.2」、ロザリオビアンコ、まだ萌芽せず
d0122497_14113331.jpg
           元来、発芽の遅い品種と聞いているので、少々遅れても気にしない。芽はゆっくり膨らみつつある。

            今年の「ぶどう新苗 No.3」、シャインマスカット、これが難物
d0122497_14181947.jpg
           「安物買いの銭失い」に、なりゃせんか?、と。 昨夏、HCの売れ残り半枯れ苗を、1000円で買ったもの。
           昨年、鉢で養生し、新芽は2m強伸びたものの、勢いが弱いので、約半分に切り戻し、今年の新芽に賭けてみた。
           まだ顕著な芽動きが見られず、何処から強い芽が出るか?、それにしても動きが遅すぎる?

            今年の「ぶどう新苗 No.4」、ゴルビー、この方がまだ芽に元気あり
d0122497_14315189.jpg
           これも昨夏、シャインと同時に、HCの半枯れ処分苗、500円。好きなんですな~、こういう苗を買って再生させるのが。
           この苗は、あと数日、好天高気温が続けば、萌芽の見込み。1年遅れでも育てば価値ある由緒正しいブドウ品種。

        昨年の新苗発芽は、4月5日に出揃っていたが、今年の厳冬が発芽を遅らせているのだろう?
[PR]
by gardenshimada | 2011-04-18 14:44 | ぶどう 全般

「ぶどうの草生栽培」、こんな雑草でも効果ありや?


     4月9日、昨日は雨、今朝も小雨ぶどうの新芽も活発に動き出すか?


            草生栽培」、あえて刈らず、こんな雑草でも効果的か?
d0122497_1020039.jpg
           余分な窒素分を雑草に吸収させたり、雑草が根を張ることにより、土を柔らかくし空気を通り易くする「草生栽培」。
           本来は、ライ麦の種を蒔き生育させるのが良い、と、教科書にあるが、このような畑に生える雑草は、どうだろう?

           今年は、防寒も兼ね「発酵牛糞」を多めに撒いたので、多分窒素過多の筈、それで雑草を意識的に刈らず伸ばしている。
           その効果が、良なのか?否なのか?、今のところは分からない。

            今年の「ぶどう萌芽」は、昨年比、10日遅れ?
d0122497_10432068.jpg
           今年のぶどうは、特に、地植えの各品種、総て発芽が遅れている、これも今冬の寒さの影響と思う。
           昨年は、地植え新苗も4月5日には発芽展葉。今年は、鉢植えぶどうも、まだ萌芽していない。1週間~10日遅れ? 
           
[PR]
by gardenshimada | 2011-04-09 10:59 | ぶどう 全般

「ぶどうの水揚げ」、今日初確認

             2月26日、ぶどうの水揚げ、季節は確実に春ですなぁ~


            鉢栽培は、水揚げもやはり早いようだ
d0122497_15573224.jpg
d0122497_15582276.jpg
           今朝も恒例の「ぶどう観察」、まず鉢栽培を見ていたら、水揚げが始まっているのに気付いた。
           季節と共に、「ぶどうも活動を始めた」、自然の神秘とでも云うか?、何かしら感動めいたものを感じ。
           すわ、これは記録しておかなければ、と、300ミリマクロを持ち出し、息を止めて手持ちで撮影。

           鉢植えでは、晩生の高妻以外、キングデラ、藤稔、紅伊豆、しまねスイートは水揚げ中、
           地植えでは、紅伊豆と藤稔の2種だけで、他は、まだ水揚げ確認できなかった。やはり早生り品種が早いのか?
[PR]
by gardenshimada | 2011-02-26 16:25 | ぶどう 全般

今日は、珍しく「雪」、何cm積もる?

           12月30日、今年の冬は寒い!、今朝は、珍しく雪が降る


            我が家の 楽しみ ぶどうエリア
d0122497_9442656.jpg
           今年もいよいよ押し迫り、ブログねたに事欠く昨今、寒い寒いの慌しさの中、今朝は珍しく雪が降る。
           今年は、興味と楽しみの「ぶどう」に始まり、「ぶどう」に終わろうとしている。
           長さ16mの「アーケイド風、第1第2ぶどう棚」、ここの新苗(赤嶺、翠峰、紅伊豆)は来年実を付けるだろうか?

            第3ぶどう棚、ここは難問 欧州種など
d0122497_9594978.jpg
           来年2年目の新苗3種、中でも、「マニキュアフィンガー」と「瀬戸ジャイアンツ」は、初めて作る欧州種。
           屋根は、来春3月ごろ、雨避けビニールを張る予定だが、最初から固定屋根にしておけばよかったかなぁ~?
           まぁ、これも素人の楽しみと興味の栽培実験。

            今年作った、第4ぶどう棚、ここも難しい?品種2つ
d0122497_10123710.jpg
           先月末、初植え新苗の欧州種(昭平紅、ロザリオビアンコ)と、1年遅れの「シャインマスカット」。
           厳しい寒さを乗り切って、来春元気な発芽で初対面したい、と願う一心也。

           我が方は、兵庫県南部(姫路の近辺)、雪は年に1~2度、降るか降らないかの地域、雪は珍しい。
           我が拙いブログにご訪問頂いた方々、今年はどうも有難う、来年もどうぞよろしく。


             12月31日、追記  スバム(迷惑)コメントについて

           卑猥系や詐欺商売系のスバムコメントが遠慮なく入ってくる、ほんとに迷惑で困ったことです。
           私の利用しているこのブログ(excite)が、12月27日より、スバムコメントのセキュリティを強化した、とのこと、
           早速、試してみたが、間髪を入れず1件入ってきた、これは即座に削除したが、効果はそれ程期待できない模様。
           そこで、従来同様、コメント頂く方にはご面倒で恐縮ですが、コメントの承認制を再度続けさせて頂きます。
[PR]
by gardenshimada | 2010-12-30 10:34 | ぶどう 全般

ぶどう葉は、自然落葉を待つか?、強制落葉すべきか?

          11月18日、落葉しそうにないぶどう葉、その正しい処置は?


            今日の我が家の「ぶどう葉」、代表例3種
d0122497_16311262.jpg
d0122497_16312956.jpg
d0122497_16314354.jpg

           落葉が遅れ過ぎると、樹が充実し過ぎて、果実に悪影響?

           この理論的根拠が、私にはよく分からず、落葉の妥当な時期、その処置に、時に悩むことがある。
           自然落葉を待つより、適時に強制落葉させた方が良いのでは?、この意見に感覚的に、私は、賛成気味。

           気候気温の地域差もあるが、我が家では、今月(11月)中は、現状維持で、来月早々、強制落葉させよう、と。
           これが正しい処置なのかどうか?、それとも、これは、たいした問題ではない?
[PR]
by gardenshimada | 2010-11-18 17:12 | ぶどう 全般

ぶどうの黄葉 始まる、但し1種だけ


            10月22日、ぶどうの黄葉も始まり、徐々に秋は深まる?


            巨峰系の「高 妻」、綺麗な黄葉が始まった
d0122497_17153946.jpg
            まだ昼間は汗をかくような暑い日もあるが、季節の変化、秋の深まりは着実に進んでいる。
            我が家のぶどう全体で見ると、まだまだ葉は緑が強いが、この「高妻」だけ、黄葉が進み綺麗な絵姿になっている。

            他のぶどうは、こんな状態 (10月22日現在) 
d0122497_17263576.jpg
d0122497_17272649.jpg
d0122497_1728665.jpg
d0122497_17283030.jpg

[PR]
by gardenshimada | 2010-10-22 17:34 | ぶどう 全般

庇(ひさし)のような、簡易「ぶどう」屋根を作る


       9月12日、今日は恐ろしく暑い、また35℃超えかぁ~雨欲しい!

             急ぐ必要全く無いが、自作フェンスに、庇のような簡易ぶどう屋根を作る


           本来、バラを絡ませる予定だったフェンス
d0122497_9594623.jpg
           4~5年前まで、随分バラに凝ってた頃、ここに つるバラの壁を作る予定の自作フェンス、高さ1.8m、長さ約10m。
           ところが、3年前から、「ぶどう」に好みが急変し、このフェンスの上に、簡易屋根を付けること、昨年から継続中。
           ぶどうは、南面に、バラは、フェンスの内側で細々やってます。それでも、この部分、バラは50本位植えている。

           屋根は庇(ひさし)のような、安い塩ビ波板を使って
d0122497_10154051.jpg
           波板は、ポリカを使いたいが、これが高価、それで、安価な塩ビの半透明を。これだと8尺で700円台。
           8尺の波板を3等分すると、81cm、これを敷き詰めて、庇のような簡易屋根に。
           このフェンス棚に沿わせているメインは、「藤稔」、隣の棚から「マニキュアフィンガー」も枝を伸ばしている。

           今年の新苗、ネオマスカットも、地植えで垣根仕立てにしよう
d0122497_10302965.jpg
           育ちが悪かったネオマスカットは、今、鉢で養生育成中だが、最近、随分元気が出てきて、これならいけそう、と。
           この画像の辺りに地植えして、低い位置から枝を伸ばし、垣根仕立てにしてみよう。
           屋根に近い上は、ナイヤガラが枝を伸ばしており、上下で、青(緑)ぶどうの競演とするか!
           いずれにしても、雨避けでは不完全な屋根なので、それなりの強い品種を植えたり這わせたり。

           右隣の木製、緑のパーゴラ風棚は、正にメインの「マニキュアフィンガー」、「瀬戸ジャイアンツ」、「高妻」。
           更に、その奥隣に、新ぶどう棚を作る予定、3種植えるとすると、1種苗が足りなくなるぞ~、
           新苗物色意欲がまたムラムラと・・・・。モットーは、少量の結果を多品種で楽しむ、ですから・・。
[PR]
by gardenshimada | 2010-09-12 10:55 | ぶどう 全般


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30