カテゴリ:トマト、種蒔きから収穫まで( 44 )

我が家独特の不完全「トマト カラス避け」、今年は、まずまず豊作


  2012.7.16、入梅36日目、まるで梅雨明け?、最高気温32.5℃、暑い


今年のトマトは、まずまず豊作、我が家独特の難敵カラス避けは、これ

d0122497_17161153.jpg
d0122497_17165499.jpg
d0122497_17171314.jpg
今年の「トマト」は、総数98本(タキイ・ホーム桃太郎、サカタ・瑞栄)、まずまず順調な生育、既に完熟トマトを採り始めて1週間以上過ぎるかな?
毎年苦労するのが、難敵カラスからの防御、全面網で囲えば万全と思うが、それも大変。そこで女房が考えたのが一昨年から、この廃物利用。

過去数年、溜まりに溜まったポットケース(HCでも無料で貰えるが)、これを活用して、最初は下部に、熟れに従い上部に移動する。
しかし、完全な防御ではないので、毎日数個(多い時で5個程度)カラスの餌食になっている、が、生り数が多いので、そう気にすることも無く。

我が家の主力は、ホーム桃太郎、今年初作りのサカタ・瑞栄

d0122497_17431320.jpg
d0122497_17433166.jpg
ホーム桃太郎81本、瑞栄17本、計98本。今年は、昨年より出来が良くて、生り始めは遅かったが、このところ1日平均30個の収穫。
初作り、サカタの瑞栄は、ホーム桃太郎に比べ、熟れ時期がやや遅い。食味は、各人好みと思うが、やはり私の好みは、ホーム桃太郎。

トマトは、完熟生食が最高に美味いが、食べれる量が知れてる、残りはドンドン冷凍ストック

d0122497_17581830.jpg
美味い完熟トマト、生食は、サラダにジュース、毎日沢山食べてます、が、精々大玉10個?。残りは総てブツ切りにして冷凍ストック、ドンドン増える。 1年分の完熟トマト確保、カレーやスパソース、スープの素材に。購入する缶詰トマト等とは、全く味が違うように思うが、皆さんお試しあれ。
[PR]
by gardenshimada | 2012-07-16 18:17 | トマト、種蒔きから収穫まで

今年の「トマト」、98本、今のところ順調に肥大中


       2012.6.15、今夕から、本格梅雨入り予報雨は当分続くらしい


今年の「トマト」、計98本、主力は、タキイのホーム桃太郎 81本

d0122497_16595011.jpg
d0122497_17128.jpg
今年の種蒔き時期は寒く、発芽遅れや幼苗の発育不良が多くて、一時は目標の100本には届かないと、HCの1番苗を10本だけ補充で購入。
下の画像は、HC苗10本の現況、流石に早い、現在4段目が結実中。自家芽出し苗も、その後順調、3段目に結実が見られるようになった。

今年初作りの、サカタの大玉「瑞栄」、1袋分、僅か17本

d0122497_17174856.jpg
サカタの「瑞栄」、種は、1袋だけ試しに購入、中身は、僅か15粒+おまけ分、結果、発芽し育ったのは17苗、まぁまぁ良い発芽生育率では?
現状、順調な生育状態かな?、ホーム桃太郎に比べ、ややスマートな感じ、第一花房の位置がやや高い、現在3段目開花中。一段果肥大中。

明日から当分雨続きらしい、この時期の病気が懸念されるので、今日は、朝一で予防消毒を実施、露天栽培なので、夏野菜には厳しい時期。

ついでに、夏野菜、「ナス」「キュウリ」の現況

d0122497_17423333.jpg
「キュウリ」は、既に数日前から収穫を始めているが、「ナス」は、発芽遅れで、育ちも遅く、やっと初生りが見られるようになって来た。
d0122497_17475632.jpg
キュウリの2番苗を作るため、先日播種、1ポットに3粒づつ種を蒔き、現在発芽は3ポット、後もその内発芽するだろう、必要なのは、6苗で充分。
「ピーマン」は、今日初収穫、「夏キャベツ」は、そろそろ採り頃、こんな程度の我が家の夏野菜、ぶどうに精出していたら、「モロヘイヤ」の種蒔きを忘れていた。
[PR]
by gardenshimada | 2012-06-15 18:01 | トマト、種蒔きから収穫まで

今年の「トマト」は、計98本、早植えトマトは、1段果がゴルフボール大


       2012.5.27、今日の暑さは、今年最高、28.5℃、地面カラカラ


ぶどう棚に続く、上段の野菜畑

d0122497_16385985.jpg
画像手前(左側)と後方に続くイチゴ畑は、終焉を迎えつつ、その間の夏野菜畑、トマト、キュウリ、ナス、ピーマン、キャベツ、夏大根を植えています。
野菜類は、基本的に種購入の自家芽出し、しかし今年は、芽だし不調と思った、トマト10本とピーマン4本だけは、@58円のHC苗を購入。

トマト、購入苗は、初果がゴルフボール大に、芽だし苗は、花が咲き始めた

d0122497_1654276.jpg
d0122497_16544380.jpg
今年の冬は寒くて、野菜の芽出しも遅れ、「こりゃぁ~、数が足りんぞ」と、HCの一番苗、ホーム桃太郎10本購入、やはり成長も早く、初果が。
拘りトマトの育て方は、人それぞれ、私は、1段目は必ず3個に制限しています。2段目以降に力を蓄えさせようと云う、我が独特?のやり方。

今年のトマト、その後の芽だし貧弱苗が13本育ち追加定植、結局、ホーム桃太郎71本、サカタの瑞栄17本、買い苗10本、計98本。
予定に2本足りないが、まぁいいだろう。今年初作りの「瑞栄」、育ちは順調、ホーム桃太郎との見分けは、やや華奢かな?、桃太郎はずんぐり。

こんなに沢山トマトを作って、どうするの?、出荷でも?、と良く聞かれるが、完熟生食の残りは、総て冷凍保存、我が家の1年分のトマトです。

ようやく根付いた「岩津ネギ」、このネギは美味いですぞ!

d0122497_17293982.jpg
一昨年までは、買い苗で作っていた「岩津ネギ」、今年は、偶然知人から余り苗を150本程頂き、1週間前に定植、何とか根付いた模様。
「岩津ネギ」、全国的にはご存じでない方も多い?、それが、日本3大ネギの1つなんです、主産地は、兵庫県の北部、雪深い但馬地方。

このネギの育て方は、白ネギと同様、育つ毎に根元に土を入れ、白い茎の部分を増やす、この白い部分も柔らかくて大変美味く、
更に、「岩津ネギ」の特徴は、青ネギの部分も総て柔らかく食せる、根以外は総て食える逸材、冬の鍋料理には欠かせない素材です。

夏野菜は、これ以外に、スイカ、カボチャ、オクラ、里芋、モロヘイヤ、ニンジン、ゴボウ、インゲン、ホウレンソウ(年中)、今年の今は、これくらいかな。
[PR]
by gardenshimada | 2012-05-27 17:56 | トマト、種蒔きから収穫まで

自家芽出し「トマト」、計75苗植え付け完了

              2012,5,1、相変わらず、新ノートPC、苦戦苦闘中


自家芽出し「トマト」、計75苗、植え付け完了

d0122497_1643213.jpg
トマト苗も程よく育ち、少し育ち過ぎかな?、タキイのホーム桃太郎58苗、サカタの瑞栄17苗、計75苗、午前中に植え付け完了させることに。
d0122497_16515750.jpg
d0122497_16523971.jpg
上画像、右手前の大きく育っているトマトは、HCで10苗だけ、ホーム桃太郎を早く購入し自家養生、大きく育てて早目に植えたもの。既に花が。
今年のトマトは、合計85苗、これだけの数でも植え付け、支柱立て、結構しんどい作業、足腰痛いし、やはり「古希」ですなぁ~。

キュウリナスは、まだ育ちが悪いが、明日にでも定植

d0122497_1752347.jpg
ナスの育ちは遅々として、キュウリも決して早くない、が、明日辺り畑へ植え付けよう。まだ弱い苗なので寒冷紗を被せて畑で育てなければ。

余談、新PCに苦戦してます

15.6インチ、ワイド画面の最新ノートPC、こんなに苦戦するとは!。OSのWin7が、どうのと云う以前に、スピードを誇るらしい、IE9の弊害?、
これがこんなに多いとは!、人様のブログのYou Tubeや音源が見聞できなかったり、ブログのパスワードが記憶できない、など。
私の別ブログ、サックス演奏も全く聞けない状態、これではまずいと、NECにも何度も相談、結局IE9に対応しているブログが少ないようだ。

そこで、IE9やIE8が最高に優れていると思い込んでいた私、Crさんも言われていたが、Google Chromeに変えてみたら、バッチリOK。
ついでに私のこのブログも、他に変えようか?、と思ったが、それも面倒なので、まずスキン(他のブログでは、テンプレート)を変えてみることに。

私は、大きな横幅画像を貼りたいので、なかなかそのサイズが可能な、文字もズレないスキンは極少で、exciteの既成では、これが唯一かな?
とのことで、ブログデザインが大きく変わりました。不便なのは、カテゴリーやリンクなど、記事の最下段になり、大変ご不便を掛け、私も不便です。

最上部の画像も、オリジナルなものに変えられるようですが、これは少々時間が。 只今、テスト中でいろいろ試しています、どうぞよろしく願います。

追記、チョット画像が大き過ぎた?、ワイド画面では、そうでもないように感じますが、少し小さめの画面では、異常に大きく、以降少し小さな画像に。
[PR]
by gardenshimada | 2012-05-01 17:49 | トマト、種蒔きから収穫まで

夏野菜、「トマト苗」など、定植前の2次ポット増しで更に養生


   2012.4.21、大曇りかと思ったら朝から太陽夕方から大雨らしい


         夏野菜、最も力の入る「トマト」の、2次ポット増し作業
d0122497_16153793.jpg
        セルトレイに種蒔きし、少し育った小苗を、画像の小ポットに移植したのは、3月17日。更に1ヵ月後、中ポットへ移植。
        今年の寒さは苗の育ちも遅くて悪く、この画像は、2日前のものであるが、自家芽出しトマトは、この程度の育ち。

         小ポットから中ポットへの移植作業
d0122497_1627588.jpg
d0122497_16285482.jpg
d0122497_1629990.jpg
        このように手間を掛け、小さなトマト苗を、より強い根張りにして大きく育てる、我ながら全く辛気臭い作業、よくやる!
        結局、種蒔きから育ったトマト苗は、「ホーム桃太郎」58苗、「瑞栄」17苗、計75苗、これでは少々足りない。

        この状態で、後10日程養生、やはり畑への定植は、5月早々になりそう

         HCでトマト苗発売早々、10苗だけ購入、ポット増しで養生、この大きさの違い
d0122497_1649192.jpg
        HCで予備、多分不足見込みと、購入していた「ホーム桃太郎苗」@58円、流石に、プロの作る苗は、たいしたもの。
        トマト苗は、自宅養生して第1花の蕾が見える頃に畑へ定植するのが理想と云われるが、自家芽出しでは追い付かず。

        しかし、自家芽出し養生の小苗でも、畑へ定植すれば、ドンドン大きくなり、収穫の頃には、HC苗に充分追い付く。
        結局、今年のトマト苗は、合計 85苗、予定に少し足りないが、今後の育ち状況で何とかなるだろう。

         ついでに、他の芽出し夏野菜、キュウリナスオクラ、まだ小さい
d0122497_17173295.jpg
d0122497_17181439.jpg
d0122497_1718359.jpg
        キュウリとナスは、まだ小さ過ぎて当分養生が必要、オクラは、既に根張りが良く、明日にでも定植できる感じ。
        野菜も、種から育てると愛着も湧き、気持ちも入るが、近年、果樹類に気持ちを取られ、野菜はやや疎かになりつつ。

        野菜は、単年勝負、果樹は、通年、時間を掛けて育て上げる、この違いでしょうかねぇ~。
[PR]
by gardenshimada | 2012-04-21 17:35 | トマト、種蒔きから収穫まで

「トマト」、セルトレイの芽出し苗を、ポットに移植


            2012.3.17、朝から暖かい春の雨最高気温13℃


         雨の降る日は、トマトの1次移植でも
d0122497_16134956.jpg
        キャベツもトマト育苗苗も、発芽率は良かったが、その後の自然育苗は天候不順もあり、たいして育たずの大徒長苗。
        これ以上、セルトレイで育苗しても育ちに限度あり、と思い、今日は雨降りだし、ポットへ移植、2次育苗することに。

         トマト、セルトレイからポットへの移植作業
d0122497_1627467.jpg
d0122497_16271745.jpg
        細かい作業、セルトレイの1穴1苗づつ、スプーンで掘り出して、まず小型のポットへ移植、良い苗を作るには不可欠。
        これである程度育て、根の充実を図り、次にまた一回り大きなポットへ移植、2次成長を図り、最後の畑への定植へと。

         今回のトマト移植は、70苗
d0122497_1642965.jpg
        セルトレイの苗の育ちにムラがあり、今日移植できたのは、タキイのホーム桃太郎52苗、サカタの瑞栄18苗、計70苗
        予定の100苗に足らないが、後のセルトレイの育ちに期待して、時期的にもこれで充分かな?、それにキャベツが25苗。

         倉庫兼温室で、苗の生長を待つ
d0122497_16544084.jpg
        この不出来な「温室もどき」でも、太陽さえ照ってくれれば、20℃を下ることは無いので自然育苗、今後の気候次第。
        温度が確保できるよう、透明ポリで苗箱の外側を包み、適当に空気穴を開けている。力強く育ってくれること期待しつつ。
 
        来月(4月)中に定植できれば充分なので、そう急ぎもせず。定植用の畑畝は、昨日黒マルチで覆い、準備は総て完了。
[PR]
by gardenshimada | 2012-03-17 17:10 | トマト、種蒔きから収穫まで

トマト苗、「電気発芽育苗もどき器」から、常温育苗箱へ移す


      2012.3.12、昨日も今日もマイナス最低気温、昼間も6~7℃


         トマト苗、「電気発芽育苗もどき器」から、そろそろ室温育苗へ
d0122497_11421270.jpg
        相変わらずの徒長苗、やはりプロがやるような初期発芽育苗は、何度やっても難しい。これでも充分育つので・・。
        キャベツの発芽は簡単だが、ことトマトは、難しい。未発芽も多いが、2品種共、平均発芽は、80%程度、まぁまぁか。

         発泡スチロール容器利用の、室温育苗に移す
d0122497_11544212.jpg
d0122497_11552317.jpg
        散水したので、発芽苗が寝ているが、数時間で直立する予定。天面に透明ポリを覆い、室温よりやや高い温度確保。
        この状態で、数日、苗を室温に慣らし育てる。トマトは、4葉が出た頃、1穴づつポットに移植し、定植前育苗。

         カボチャナスキュウリの種蒔き、またこの発芽育苗器で
d0122497_1221939.jpg
d0122497_12215991.jpg
        カボチャとナスは、今年初めてサカタの、この種を買ってみた、キュウリは、昨年の残り種、東北種苗のもの。
        カボチャもナスも、昨年の残り種が幾らかあるが、新たなものを作ってみる ささやかな楽しみ。キュウリは残りが多くて。
d0122497_1232451.jpg
        カボチャもナスも、発芽温度が高くて(30℃)、この自家製発芽器では、一体何時発芽するだろうか?
        幸い、ここ2~3日後、気温も急上昇する予報なので、我が倉庫兼温室もどきの室温が、20℃程度になれば、OK。

        これ等の発芽の後は、オクラ、トウモロコシ、直播きは、ゴボウ、ニンジン、モロヘイヤ程度の、今年の夏野菜予定。
        昨年大豊作だったスイカ、今年は種蒔きを諦め、近隣のHCで大玉種の苗を購入予定。鳥取の大栄が良いかなぁ~?
[PR]
by gardenshimada | 2012-03-12 13:01 | トマト、種蒔きから収穫まで

今日は、夏野菜ディ、「トマトの種蒔き」など始める

 
                   2012.3.7、追記、トマトが発芽し始めた   

d0122497_19172979.jpg
        昨日(6日)が高気温だったため、昨日からムクムクとトマトが発芽。しかし、一律発芽ではなく、ムラが多い。
        廃物利用発芽器では、24時間発芽適温の20℃を保つのは困難、外気温次第。50Wのミニマットで5~6℃のプラス。


             2012.3.1、朝は寒いが、昼間の最高気温13.6℃


         今日は、夏野菜ディ、拘りトマトの種蒔き」を始める
d0122497_16385999.jpg
d0122497_16394672.jpg
        今年も夏野菜のシーズンイン、毎年最も拘るのは、「トマト栽培」、今冬は寒さが長引いたので、種蒔きが遅くなった。
        トマトも各人により好みがいろいろ、私が最も好きなのは、大玉種、「タキイのホーム桃太郎」、今年もこれを主力に。

        今年初めて買ってみた、「サカタの瑞栄(ズイエイ) 」、これも大玉トマト、開封したら何と、15粒しか入っていない
        値段は幾らか忘れたが、内容量を確認せず買ってしまった。多分1粒単価は、「ホーム桃太郎」の倍以上と思う。

        今年は、少し小さめのセルトレィに1粒づつ種を入れて、「まぁ、何と細かい作業」、こんなこと良くやると思いつつ。
        「ホーム桃太郎」を、約100粒、「瑞栄」を15粒少々、少しおまけ粒があるので、計120粒弱、今年の種蒔き完了。

         後は、廃物「食器乾燥器」と電気マット利用の育苗器で発芽を待つ
d0122497_17135756.jpg
d0122497_17142873.jpg
        トマトの発芽適温は、20℃、最近昼間はやっと暖かくなって来たが、夕方、夜間、早朝の気温はまだまだ寒い。
        今年は何とか、この自家製育苗器で、温度と水管理を上手にやって、まともなトマト苗を100本は作りたい、と。

        トマトが終わると、ナス、キュウリ、カボチャ、オクラ、トウモロコシなど、次々と植えたい種が待っている。

         先日来の、「スナックエンドウ」の定植など         
d0122497_17291831.jpg
d0122497_17311119.jpg
        チョット弱弱しい育苗苗のスナックエンドウ(種苗会社によりスナップエンドウとも呼ぶ)を、今日、予定畝に定植。
        先日来の雨で、畑はドロドロ、水はけの悪い畑でして。別畝では、ホウレンソウの種蒔きも終えて、
        まだ畑も、夜間、早朝は寒いので、発芽促進と幼苗の保護に、各々不綿布トンネルも。
[PR]
by gardenshimada | 2012-03-01 17:50 | トマト、種蒔きから収穫まで

今年も「トマト」作りには、気合が入る、種購入と畝作り

       2012.2.12、少し寒さが緩んだが・・、明日明後日と雨予報


          夏野菜、「トマト」だけは、毎年気合が入る、今年の種の購入
d0122497_1523381.jpg
        今年は余程、「電気保温発芽育苗器」を買おうかと思ったが、結局止めて、種蒔きには早過ぎるが、種をHCで購入。
        やはり私の味の好みは、タキイの「ホーム桃太郎」、それに今回初めて、サカタの「瑞栄(すいえい)」を買ってみた。

        トマトは、毎年100本定植を目標に苗を育てるが、昨年は苗の出来が悪く、一昨年は水害で駄目、今年こそは何とか。
        問題は、如何に苗を上手に発芽させ育てるか?、今年は、夜間早朝低気温が続いているので、どう工夫するか?

        昨今、「トマト」の効用、中性脂肪を減らし肥満を抑えるなど、多大な薬効のある野菜、夏野菜では不可欠なものである。
        完熟「トマト」は、生食でも美味いし、冷凍保存すれば1年中使える、我が家では極めて重宝な夏野菜、力が入る。

          トマトの定植は、4月下旬~5月上旬であるが、早目に畝作り
d0122497_1681179.jpg
d0122497_1684574.jpg
        昨夏は、スイカで大豊作だった場所(今冬野菜は、大根、キャベツ、白菜の後畝)に、今年は、トマトを植える。
        まず、苦土石灰を軽く撒き最初の耕耘、次に、バーク堆肥と発酵鶏糞を適量撒き、2回目の耕耘、更にもう1回耕す。

        今年の元肥は有機主体、前作の残肥もあるし。定植後、結実し出したら、追肥として化成肥料を入れることになる。
        この状態で、暫く畝(土壌)を熟成させ、黒マルチを被せようと。トマトは雨避けがあれば良いらしいが、私は常に露天栽培。

          後、夏野菜、不足分の種も買ってきた
d0122497_16351781.jpg
        昨年の残り種が多数残っているので、補充したのはこの程度。トマト程気合が入らないので、少数作るだけ。
        スイカは、苗を買う予定。マスクメロンをどうしようか?迷ったが、今年は植え場所の確保が難しく見送りの予定。

        いずれにしても、夏野菜の種蒔きは、3月以降から、果樹もあるし、こりゃ~ぁ、忙しくなりそう。久々の野菜話題でした。
[PR]
by gardenshimada | 2012-02-12 16:49 | トマト、種蒔きから収穫まで

台風被害ゼロ、トマトは、樹上完熟で


           7月20日、今回の大型台風、完全肩透かし、風もほんの少々


         今回の台風6号は、暴風警報も発令されたりして、強風による被害を相当覚悟していたが、

       幸いにも進路が急変更、たいした風も吹かず、事前防備の割には、拍子抜けしたような・・



            今年のトマト、豊作とは云えないが、完熟をボツボツ収穫開始
d0122497_15595916.jpg
           今年の生り数は少ないが、何と云っても今年の大成果は、このカラスガード、今迄1個も被害に遭わず。
           昨年までは、同じような防備でも、何処からとも無く侵入、数個は必ずやられていた。それは何故?
           今年は、早梅雨で、木が伸び過ぎ、第1果房の生り位置が高い。どうやら無理して侵入しても届かないようだ。

            樹上完熟トマトの美味いこと
d0122497_16171729.jpg
d0122497_16181332.jpg
           今年の我が家のトマト、最盛年に比べると大玉が少なく、中玉主体、収穫量は半分位か?、しかし、味は最高。
           今は、「ホーム桃太郎」が主で、順次遅れている「甘太郎」が熟れ始める、これは酸味の利いた懐かしいトマト味。


           今朝起きたら体のあちこちが痛い、何故?、それは昨日、ぶどう棚のビニール外しに高所で無理な姿勢や体勢?
           あ~、また年を感じるか・・・、日頃良く動いているようでも、同じ筋肉ばかり使っている?
           外したビニールは、また来年必要時に。また近々台風が来るかも知れないしね。
[PR]
by gardenshimada | 2011-07-20 16:48 | トマト、種蒔きから収穫まで


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30