カテゴリ:日本ミツバチ( 49 )

ニホンミツバチ、捕獲後1ヶ月~経過して


初入居のニホンミツバチ、40日経過後、大きく育った?


d0122497_19521252.jpg 当初、弱小(小粒)群と思ったが・・

4月25~26日頃、

知らない内に入居していた、今日の巣箱風景。

入居以来、40日~経過して、

今では、最も元気に、

ブンブン飛び回っている群になったようだ。


d0122497_2012035.jpg 巣の長さが、30cmを超えている!

巣箱の前扉を開いて、いわゆる・・、内検。

蜂数も随分増えたようだ。


巣箱(角胴)データー、(内寸)。

高さ=480ミリ、巾=240、奥行=210。

上部15センチ、切り離し可。

後1ヶ月?もすると、巣が最下部に到達?


d0122497_20162034.jpg 継ぎ足し巣箱は、重箱式に

ニホンミツバチについては、

日々研鑽の毎日でして・・、勉強してます(笑)

1ヶ月以内に、上の角胴巣箱を、

←、重箱式巣箱に継ぎ足そうと、

今日、ゴソゴソ製作。


d0122497_20295251.jpg 丁度、1ヶ月経過した重箱の方は

この重箱巣箱の群は、5月6日入居。

入居(飛来)当日、

「ミス・ムフェット」に集まった群れを見て、

これは、大群、と思ったが・・。

ニホンミツバチ初心者につき、

分蜂群の大小が、まだよく分からんのですが・・。


d0122497_20403035.jpg これも、巣が、30cm程度に育ってる

やや斜め下から覗いた画像。

巣造り、巣の生育状態から、マズマズかな~?


この巣箱(重箱)データー、(内寸)。

1段の高さ=180ミリ、巾=250、奥行=275。

これも1ヶ月以内に重箱の継ぎ足しが必要だろう。


最近は、ミツバチが刺す、この恐怖感全くなし。

しかし、細心に!、大胆に!、が、モットー。
[PR]
by gardenshimada | 2008-06-07 21:00 | 日本ミツバチ

ニホンミツバチを呼ぶ、「蘭」 の株分け


  大いに効果を発揮してくれた、「ニホンミツバチ」 を誘引する 「蘭」

          「ミス・ムフェット」 と、 「キンリョウヘン」 
 
               花も終わり、株分けで、鉢数を倍に増やす


d0122497_8453791.jpg


d0122497_8472446.jpg 不思議な 「蘭」 、その威力は、絶大だった

「ニホンミツバチ」 初心者で、しかも初年度、

まさか・・、と思いつつ、冬、その 「蘭」 を購入。

巣箱の設置場所も、条件の良い、里山の麓でもなく、

自宅の庭、・・・・、趣味レベルの楽しみですから・・。

それが・・、画像のように、3群の捕獲に成功したのです。

「蘭の花」 が出す、「フェロモン」、

それに、「ニホンミツバチ」だけが反応する、まさに生物の不思議。

               ↓ 「Cym.Miss Muffet」 の花                ↓ 「金陵辺(Cym.Pumilum)」 の花
d0122497_9143040.jpg
 
     ミス・ムフェット」と、「キンリョウヘン」、どちらが効果的か

        今年の私の結果では、断然 「ミス・ムフェット」 でした。但し、咲かせた花、苗の状態にもよる?

        高知の「蘭」専門業者から購入した、「ミス・ムフェット」は、花芽4本付きの立派な苗、しかも、花数も多くよく咲いた。

        「金陵辺」の方は、別業者から購入、苗が小さく、花芽は1本のみ。花は咲いても、その量が全く異なる。

        価格は、総て(ミスも金も)1苗、3500円、どちらがお得?

        来年は、「金陵辺」を大きく育て、花数を多くし、誘引度を比較、試してみたい。


花後、初めて 「蘭」 の株分割 


d0122497_100582.jpg ミス・ムフェット」 は、5鉢に

元苗は、2鉢、

苗の大きさにより、2つ、と、3つ、に株分け。

鉢は、安物樹脂製の蘭5号鉢。


参考までに、今冬購入した、「ミス・ムフェット」、

高知の「明石オーキッドナーセリー」サイトは、こちら。


d0122497_107461.jpg 金陵辺」は、3鉢に

元々、小さな苗だったので、

大きめの鉢(5号)に植え替えが1鉢。

やや大きめのものを、4号鉢、2つに株分け。



d0122497_10182043.jpg 蘭」専用培養土(コーンポスト

シンビジューム(蘭)の知識は、全く無く、植え替えも初経験。

その用土のことも、全く知らず。

今回は、比較的低単価の、「蘭」専用培養土を購入した。

内容見て、驚く・・、土が無いじゃないの・・・。

軽石、木炭、発酵バーク、ゼオライトなど。

これを、鉢の中、根元に、ガンガン強く詰め込む、これが秘訣らしい。
[PR]
by gardenshimada | 2008-06-03 10:30 | 日本ミツバチ

ニホンミツバチが、訪れるバラ


ニホンミツバチが来る、我が家のバラ (5月29日撮影)


d0122497_1473486.jpg ポールズ・
ヒマラヤン・ムスク


そう多くは無いが、

時々、ニホンミツバチを見る。


「Paul's Himalayan Musk」

群れて咲く姿の美しいバラ、

1800年後半、イギリス産、

( Hybrid Species )

私は、よく伸長する ランブラー

と、分類してますが・・。


d0122497_14282778.jpg 裕 (ゆう)

これも、時々、

ミツバチの来訪を見かける。


「Yuu (裕)」

作者不明の日本産バラ。

元気で八重の房咲きが美しい。

つるバラとは云えないが、

結構良く伸びる。


d0122497_14453638.jpg ロサ・ムリガニー

咲き始めた原種バラ、

このバラには、蜂が群れる。

原種バラには、花粉も蜜も?


「Rosa mulliganii」

中国原産の原種(Species)。

我が家では、

長大木になりつつあり、

旺盛な生育力と鋭い棘は、

「ナニワイバラ」にも匹敵。


d0122497_1524750.jpg
            ロサ・ムリガニー、可憐な風情は、私の好きなバラの1つ。更に、ニホンミツバチが好む、で、評価上昇中。


d0122497_15124462.jpg キフツゲート

これも咲き始めた、原種バラ。

↑バラ同様、ミツバチが好む


正式名称は、

「Rosa filipes Kiftsgate」

ムリガニーとよく似た花、

違いは、花径が5mm程小さい

のと、花茎が、長い。

このバラも、長大木になる。

d0122497_152527100.jpg
                                高所に咲くため、写真撮影が困難。


d0122497_15285592.jpg ギスレーネ・ド・フェリゴンド

時折、ミツバチの姿を見る。

花粉か?、蜜か?


「Ghislaine de Feligonde」

画像は良くないが、

咲き初めの色、

クリームイエローが美しい。

ランブラーローズ。

比較的新しいバラ、

1916年フランスで作られた。


d0122497_15481420.jpg ランブリング・レクター

このバラも、時折、ミツバチ、

今日は、撮影できなかった。


「Rambling Rector」

白、半八重の小花ランブラー。

咲き初めは、

花芯の黄色が美しい。

花期は、中間、散り始め。
[PR]
by gardenshimada | 2008-05-29 16:10 | 日本ミツバチ

青天の霹靂?、またも一群飛来


2週間振り、予期せぬニホンミツバチ群の飛来に、今回は余裕の対応


d0122497_19312456.jpg まさか、今日来るとは!

所用で、PM2時頃帰宅、巣箱を見回っていたら、

4つの空巣箱に、

探査蜂が、ブンブン飛び回っている。

これは・・、分蜂群の飛来があるな~?

前回が、翌日の飛来だったので、

明日、来るかも知れない・・、と、

屋内で休んでいたら、外がブンブン騒がしい。

お~、早い大群のご来訪、カメラを持って外へ。


d0122497_19494191.jpg カメラ構えた時は、9割方、巣箱へ収まっていた、ようだ

テレビの音に遮られ、羽音に気付くのが遅れた。

どの巣箱に入った?、それはすぐ分かったが、

手袋に覆面付けて、カメラ構えて・・、落ち着いて・・、

その時は、画像のような蜂数、

総ての蜂が入居するまで見届けてやろう。

5~6分で、殆どの蜂が、巣箱へ収まった。


d0122497_208235.jpgd0122497_2085882.jpg


d0122497_2094477.jpg 今回、巣箱に収まったニホンミツバチ (3群目)

女王蜂は、早く巣箱に入ったのだろう。

前回と違い、何と楽な分蜂群の捕獲。

女王様が入れば、スルスル~と、全蜂が従うんだね~。

ド素人の私でも、日頃ミツバチに接していると、余裕が出てきて、

どの程度(規模)の蜂群が収まったか?、

巣箱を傾けて、入居即の画像が撮れた。これ、大群?


d0122497_2026266.jpg 今回入居の巣箱は、自生(野生)の藤の木の下

何れにしても、今回のニホンミツバチ捕獲は、

期待はしていたが、予期せぬ出来ごと。

今年から、野生和蜂の飼育を目論んで、今回で3群捕獲できた。

現状、打率3割(巣箱9個設置)、上出来、出来過ぎ!

今、「野ばら」 が満開だったのも、功を奏した?


これからの・・、円満飼育が大変なこと、ですが~。
[PR]
by gardenshimada | 2008-05-20 20:42 | 日本ミツバチ

ニホンミツバチ、巣箱内、初撮影

d0122497_16212473.jpg 日除けの 「スダレ」 も、付けてやり

100均 「スダレ」、巣箱には、ピッタリサイズ。

この巣箱の「ニホンミツバチ」は、我が家に最初に来た群。

4月25~26日頃から入居しているが、

群れとしては、目撃できず、何時の間にか入居していた。

小群と思える、「小粒A群」としておこう。

最近何度か巣箱内を覗いたが、今回、巣の初撮影。


d0122497_163814100.jpg 蜂に興味の無い人は、チョット、グロテスク画像

入居後、今日で、17日、

よくもまぁ、短期間で、こんな大きな巣を作ったもんだ!

巣の最下部は、天井から、15センチ程度になっている。


巣箱の前扉を開いて、斜め下からの撮影。

私には、この程度が限界。


d0122497_16485585.jpg 女王蜂は、何処にいる~?、更に拡大画像

結局・・、女王蜂の存在が分からない。

写真撮るのが精一杯で、ジックリ観察、余裕なし。


巣の下部、×状の丸棒は、巣落ち防止用の補助具。

後、2ヶ月少々で、この巣箱一杯の、大きな巣になってる?


d0122497_1658483.jpg この巣箱は、5月6日入居の大群?

この群れは、「大粒B群」と、しておこう。

今日で、入居後、1週間。

極上の「ウエルカム・ドリンク」に気を良くしたのか?

逃亡もせず、何とか、居ついてくれそうだ。

この巣箱内は・・・、とても・・、

撮影する余裕はありません。


      「ニホンミツバチ」、初年度で、2群来てくれただけでも、嬉しい限りであります。
[PR]
by gardenshimada | 2008-05-12 17:18 | 日本ミツバチ

「ナニワイバラ」 に集まる、ニホンミツバチ

d0122497_10122538.jpg ナニワイバラ、今、7~8分咲き

我が家のバラの、プロローグ、

最初を賑わすのが、この 「ナニワイバラ」

高さ5メートルの 「ハナミズキ」も、

ナニワイの樹勢、勢力に取り込まれて・・、

しかし、花は美しい。

今朝、ワ~ンワ~ンと、

ナニワイバラが、羽音で賑やか、

昨日来た、ニホンミツバチ達


 d0122497_1057478.jpg 
採蜜?、いや、ナニワイバラの花粉に群がる

花粉は、ニホンミツバチの栄養源 らしい。

ナニワイバラが、ミツバチに役立つ(好む)バラ、

1つ理解できた。



d0122497_10483995.jpg 花粉を手足に擦り付け

よ~く観察していたら、

体をくねらせ、手足(ミツバチは、総て足?)バタバタ、

後足に、花粉を付着させている。



d0122497_1163750.jpg 花粉採集して、飛び立つ

ニホンミツバチの後足?に、黄色い花粉。

画像、撮り辛く、不鮮明(部分拡大)ですが、

何とも、興味の尽きない観察の時間。



若い頃(学生時代)、生物、好きでもなかったですが・・。


d0122497_11185668.jpg ほぼ満開に近い、「パークス・イエロー」

「キモッコウ」は、既に、満開を過ぎました。

今年は、

この「パークス・イエロー」(オールドローズ)の開花が早かった。

咲き初めは、ソフトイエロー、

開花が進むと、白に見える。

このバラには、ニホンミツバチは、興味を示さない。


それ以外、4~5種、開花し始めたが、

今年は、極力、満開時の画像を撮りたい、と。


[PR]
by gardenshimada | 2008-05-07 11:36 | 日本ミツバチ

遂に来た!、ニホンミツバチ大群

d0122497_14204067.jpg もの凄い羽音で、空を見たら

今日(6日)、11時前、

庭で異様な羽音、ブ~ン、ブ~ン、その大きさに驚いて、

空を見上げると、無数の黒点、飛び回ってる。

ニホンミツバチの分群(大群)だ!、瞬時に気付いて、

暫く旋回するのを、唖然としながら、も・・、

遂に、我が家へ来てくれたか・・!、独り言。


d0122497_1435242.jpg 何処に留まるのか?、このニホンミツバチ

メインの待ち受け巣箱の横に置いている、

ミス・ムフェットに集結し始めた。


d0122497_14414214.jpg 流石に、この蘭の威力

異様な光景、

人様の画像や記述は、NETでよく拝見しているが、

ニホンミツバチを呼ぶ、不思議な蘭 (ミスムフェット)の威力、

それを現実に体験できるとは!


d0122497_14502679.jpg 見る見る膨れ上がるミツバチの塊

こんなの、初経験、ここで落ち着いて・・、

暫く、その様子を静観。


この兆候は、昨日からあった。

昨日、2つの待ち受け巣箱に、

偵察隊らしい小部隊が、出入りを繰り返していた。


d0122497_150932.jpg 蜂の塊を、巣箱に導き入れる

初心者たる私・・、ここで慌てた。

画像は、ほぼ・・、9割方、小1時間かけて、

ニホンミツバチを巣箱に収めた直後のものであるが、

蘭(ミス・ムフェット)を覆っている網が開いてしまって、

無数のミツバチが、花に取り付く・・、失敗。

仕方なく、2房切り取って、巣箱に入れる・・・。


d0122497_1515319.jpg 何とか、巣箱に収めたが・・

巣箱に入った、女王蜂も確認できた。

私には、恐れ多い大群だったので、巣箱も一段付け加えた。


まだ巣箱の外で、100匹以上?、飛び回っている。

全数巣箱に入れることは、至難と思えるが・・。

蘭も、そのまま、暫く放置していて・・、良いのだろう??

ここからが、初心者には難解。
[PR]
by gardenshimada | 2008-05-06 15:37 | 日本ミツバチ

ニホンミツバチ、一群定住

d0122497_1133144.jpg 中を覗きたいが、まだその勇気がない・・・

このニホンミツバチ一群が、我が家の庭に来てから、そろそろ10日、

これは間違いなく定着(定住)しそう?

巣箱を開けて、中を覗き (これを内検と云うらしい)、

このミツバチ軍団が、どの程度の規模?、女王蜂は?、確かめたいが、

巣箱を開けたら、逃亡しないか?、その心配が・・・。


d0122497_12026.jpg けなげに、よく働くニホンミツバチ

早朝から夕方まで、出入り激しく、

多分、採蜜?、巣作りに励んでる?

愛おしい姿です。



d0122497_1225718.jpg ボリジ人気、最高 
d0122497_12304743.jpg
今のところ、ボリジ以外の

採蜜を見たことが無い。

ニホンミツバチが、

これ程、好む花とは!

蘭にも勝る?


d0122497_12421332.jpgd0122497_1243876.jpg
今満開の
キモッコウや、

咲き始めた
ナニワイバラには、
見向きもしない。




d0122497_1248728.jpg 蘭は、総て咲いた

←画像、左・ミス・ムフェット

中・金陵辺(若松)、右・金陵辺(日月)

ニホンミツバチの一群が来て以来、

他の巣箱の傍に、これらの蘭を置いているが、

殆どニホンミツバチが、寄らなくなった。

何れまた、新たな群が来るだろうか?

蘭の効果?

現状では、ミス・ムフェットが文句無く、上。
[PR]
by gardenshimada | 2008-05-04 13:10 | 日本ミツバチ

いよいよ本物の前兆かぁ~?、ニホンミツバチその後

d0122497_20104825.jpg 何と気紛れな、ニホンミツバチよ!

2日間、蘭 (ミス・マフェット)に来なかったニホンミツバチ、

今日は、蘭の周りを20~30匹、飛び回っている。

隣の巣箱へも、出入りしている。


しかし、女王蜂を伴った、本物の分群(一群)は、

人様の写真で見ると、こんなもの(程度)では、全く無いのですね~。

てんこ盛り(蜂のかたまり)になって、その数、数百、数千匹?


d0122497_2036948.jpg 別の巣箱へも来だした

10m程離れて設置している別の待ち受け巣箱、

昨日から数匹来ていたが、今日昼頃から、えら~く羽音で騒がしい。

横に、白い網カバーで置いている「金陵辺」は、まだ開花してない。

来る時は、蘭に関係なく来るのか?


d0122497_20383963.jpg この巣門付近と周辺に相当数

これは、かなり元気な少群で、

ひょっとして・・、女王蜂を迎える可能性あり?

自然の生き物、ニホンミツバチは気紛れで、

明日には、居なくなってる?、かも知れない。
[PR]
by gardenshimada | 2008-04-27 21:08 | 日本ミツバチ

ニホンミツバチ捕獲計画、 その3 と 蘭の開花


ミス・ムフェット (Cym. Miss Muffet)の開花 と 3度目の蜜蝋塗布


d0122497_16411654.jpg ミス・ムフェット、遂に開花

ニホンミツバチを呼ぶ不思議な蘭(その1)、ミスムが開花した。

花芽付き苗購入後、2ヶ月余り、

温度管理や置き場所には、かなり神経使い・・。

1鉢は、画像のような開花。

もう1鉢は、(画像隣り)、5月中旬の開花を目指す。


d0122497_1656965.jpg 初めて見る ミス・ムフェットの花

この花のフェロモンが、ニホンミツバチを呼ぶって?

何とも地味な花・・、如何にも原種に近いような・・?

蘭の知識、何にも無いのですがね~。


d0122497_173184.jpg 今日、3度目の蜜蝋塗布

3月下旬に待ち受け巣箱設置後、3度目の蜜蝋を塗る。

まだ、ニホンミツバチには、お目に掛かって無かったが、

本命のミス・ムフェットも開花したことだし、早速、この蘭を巣箱の傍に設置。

すると・・・、5時間後、一匹だけ来たんですね~、これが探査蜂?

これぞ不思議な蘭の威力か?、画像撮れず残念の早業。


d0122497_17174822.jpg ボリジも咲き始め

我が家は、白花ボリジ(画像)が沢山あって、

この花(ハーブ)は、ニホンミツバチが大変好むらしい。

いよいよ、ミツバチ捕獲計画も佳境に入るか?

ニホンミツバチさま、今日一匹だけご来訪で、意を強く(笑)

楽しい待ち人、いや、待ち昆虫であります・・・。


d0122497_172708.jpg こんなことも、ついでにやり始めた

しいたけ、趣味の栽培

近所のホームセンターで、「しいたけの成る木」、売れ残り半額セール、

物は試しと、10本買って、

自宅の片隅(木陰部分)に、置き場所作って、

説明書き通りに(水補給など)やってみると・・・。


d0122497_17374918.jpg 生えてきた、しいたけ

既に、10本ほど収穫して、食ったら美味いこと!

産直「しいたけステーキ」、新鮮だから尚更美味かったのか?

それで・・、これまた、病み付きになって、

県内の「森林組合」訪ね周り、この時期外れに、10本の原木確保。

この「しいたけ」が採れるのは、来年の秋以降。
[PR]
by gardenshimada | 2008-04-20 17:51 | 日本ミツバチ


田舎のスローライフが最高と思い始め、今年は古希+1歳を迎えた 若老?の気ままなブログ


by gardenshimada

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ぶどう 全般
 マニキュアフィンガー
 瀬戸ジャイアンツ
 赤 嶺 (Sekirei)
 しまねスイート
 ネオマスカット
 昭 平 紅
 ロザリオ ビアンコ
 サニー ドルチェ
 巨 峰
 高 妻 (Takatsuma)
 翠 峰 (Suiho)
 紅 伊 豆
 藤 稔
 シャインマスカット
 ゴルビー
 キングデラ
 ナイヤガラ
ぶどう鉢栽培 行灯仕立て
ぶどう挿し木
ぶどう 作業メモ
ぶどう棚 作製
趣味の 果樹
 温州みかん
 その他 柑橘類
 サクランボ(桜桃)
 柿
 いちじく
 梨
 枇杷
 スモモ
 桃
 リンゴ (林檎)
 キウイ
 ポポー
趣味の 野菜
トマト、種蒔きから収穫まで
スイカ
2010年の畑や庭
日本ミツバチ
音楽 & サックス 関連
ささやかな・・、出来事
2009年の庭
2008年のバラ
2007年のバラ
愛犬
Etc.

以前の記事

2014年 07月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ

猫とたたずむ時間 a t...
おいしいもの大好き♪
匂いのいい花束。ANNEXE。
メグママ ガーデン
ステンドグラス教室 カト...
チビ庭の果樹栽培
新米ファーマーの畑ブログ

外部リンク

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログパーツ

http://www.fxdefx.com/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
音楽

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31